地唄・上方舞(座敷舞)

2010/08/02

地唄舞5年

地唄舞のお稽古を、しばらくお休みすることに。
土曜日に御礼の品と金一封を持参しご挨拶しに行った。師匠に相談に乗ってもらったり。
ちょうど5年。
音はカセットテープでいただくのだが、全てMDに録音して保存していた。
先週、14曲目の「寿」と今やっていた15曲目の「京の四季」を録音。すると、15曲目の途中でMDがいっぱいになってしまい、途中で終わってしまった。
その終わったところが、習ったところまでだった。わー・・・・。

とりあえず、色々なことをシンプルに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

新年会2つ

日曜日、朝から着ものに着替えて、舞「寿」の練習をし、茅ヶ崎へ。
今年も、茅ヶ崎館で新年会。なんとか振りは間違わなかったけど、腰の使い方がやっぱりイマイチ。地唄は本当に難しいです。
Sbsh0009

そのまま渋谷へ向かい、元空手仲間との新年会。そして結婚したKさんのお祝いもかねて。
この仲間との飲み会は、毎回楽しい!強面おじさん、優しそうな顔をしてすんごい強いおじさん、小柄なのに実は強い女子たち、中には素潜りで世界レベルの女子もいるし。そして小料理屋の女将?のような私。着ものだからねえ。

小料理屋あけみ、是非やろうよ!となぜか盛り上がり、それぞれのポジションなどを話したりして(笑)。なんせ全員、用心棒兼、なんだから。

さすがに、1日着もので、新年会を二つかけもちで疲れたけど充実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/28

おさらい会

昨日6時から、辻堂の料亭「車屋」さんで、地唄舞のおさらい会がありました。
色々と準備や練習や、その他もろもろ、大変でしたけど、終わったらほっとしました。
ダンナと、ダンナの両親と一緒に車で向かい、友人二人も遠くから来てくれました。「綾衣」を舞う。
座敷舞としては、こういったお座敷で舞うのが正統だなあ、と思います。
お客様から上手くなったなどといったお褒めの言葉を頂き、初めてまる4年、ここのところ色んな意味でモチベーションが下がっていましたが、まだ続けられる気持ちになりました。
こういう、やっていてただ楽しいとう趣味と違った、手習い事、ある意味修行みたいなものは、しがらみで続いて行くものなのかもしれませぬー。
それにしても、車屋さん、とても素敵なところで、昭和5年に創業した老舗だけあって、高級感あふれ、会席料理もかなり美味しく、お客様も大変満足してました。
Imgp1203 Imgp1208

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/11

舞の新年会

朝6時半に起床して、メイクして着物着て、地唄舞の練習。ダンナに赤羽まで車で送ってもらい、湘南新宿線で茅ヶ崎へ。
地唄舞の新年会。今回は、見学の方もいたり、結構人数が集まった。知らない人に見られるのは良い経験になります。
最初、3人ずつで「高砂」を舞う。私は前で後ろに初心者の方が2名並んでのフォーメーションだったので、私に合わせる形となり、間を間違えないようにしようと少々緊張。
Imgp0991 一人で舞ったのは、この3ヶ月くらい稽古した「朝戸出(あさとで)」。練習した通りを黙々と舞うことに集中したせいか、緊張はなかった。もともと子供の頃から、本番で緊張する事がしにくいたちかも。
でも、稽古不足でも幕はあける・・・、とやっぱり何か準備不足の時は緊張するかな。
ただ、食事会も終わり、帰ったのは18時半で、10時間くらい着物着て、舞って、と1日中、気を遣ったからか(笑)、かなりグロッキーで肩は凝るし、頭痛はするし。
着物に着慣れている人は着方もうまいから疲れないのでしょうね。
秋に、お友達も呼べる、おさらい会をまた茅ヶ崎ですることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/25

ステージ三昧

秋、それはライブ、会、芝居・・・と観るものやらイベントが多くなる季節です。

●11/15 「娯楽天国」 なんと20周年。私もそんなに見てきたのか~。一時特殊メイクなどのお手伝いなどもしたことありました。今回は、アンケートで再演希望をとって一番人気だった「ごはんですよ」を再演。一緒に行ったダンナも満足。あれを観て、二人とももう少し粗食にしよう、と帰りに話し合った。

●11/18 「吉田有希さんのジャズライブ」。友人のAIを誘って。ファーストアルバム発売記念。10年前くらいに観てますが、また一皮ふた皮むけた感じ?でますますステキでした。
有希さんの細いおなかを見て、帰りに、もう少しダイエットしようと思った。

●11/21 ボジョレパーティ。知人のカメラスタジオで毎年開催するボジョレパーティ。友人キャロルたちと久々に参加しました。もともとキャロルの縁で5、6年前くらいに参加してから今回は3回目くらいかな? 美味しいワインや寿司とかおでんとか、結構食べた。
帰りは別で飲んでたダンナと帰りが大体同じだったので、途中の駅で落ち合って一緒に帰宅。

●11/22 3時に国立劇場へ。師匠から譲っていただいた、京阪の舞の舞台。関西から地唄、座敷舞の踊り手の名手が一同に。かなり刺激を受けました。
夜、下北沢に移動してダンナと落ち合う。ずみさんこと、YOSHIZUMIさんのライブで、今まで私は大学以来、ソロばかり聴いてきたが、最近二人組みでバンドとして活動している「ka.lei.do scope」のバンド。前もってCDは送ってくれて聴いてたが、ライブはやっぱイイ! かっこいいっすよ。音も雰囲気も。ブレイクの予感しまっせ。

●11/24 シャカタク(Shakatak )。 ビルボードライブ東京。六本木ミッドタウンもすっかりクリスマス。Image045 ダンナが自分でライブのチケットを取って行くというのも初めてで、TBSラジオを聞いて、シャカタクが好きだからと申し込んだのだ。1階の一般席は取れず、カジュアルシートになったという。私もビルボードは初めてで、行ってみると、カジュアルシートは段ごとに壁に沿って席が並んでいる。カウンターだったり、ボックスシートになっていたり。だから下を見下ろす感じだが、すごい良く見えるし、音の反響もモロに来るので、会場自体が迫力。Image046
ライブもライティングのタイミングから曲の構成、盛り上げ方、演奏、すべてがレベルが高くて、客も全員ずっとノリノリだった。私たちももちろん。演奏者からも、客が良く見えるのがいいね。
ダンナは帰りに2枚もCDを買い、ミッドタウンで韓国料理で飲み、帰りにジョルジュ・ドュ・ビュフュのボジョレーやチーズをコンビニで買って、家でワインとチーズとで、さらにシャカタクのCDを聴きながら余韻に。よっぽど感動したみたいだった。
「男女7人夏物語」で使われた曲が懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

筝・三絃と携帯修理

師匠から教えていただき、片岡リサさんの、筝(こと)・三絃リサイタルを代々木八幡のHAKUJU HALLへダンナと行った。
実は、筝の演奏をちゃんとコンサートで聴くのは初めて。その技量に感動したし、地歌だけでなくいわゆるオペラ的なベルカント法での弾き歌いも驚いた。
筝とフルートを合わせたり、三絃の二重奏をしたり、新しい曲があったりと、私にとっては新しい体験だった。リサさんの才能あふれた幅の広さにも満足。刺激をうけた。

話は変わり、昨日、急に携帯の電源が消えるなどし、電池が膨張してるし取り替えたら直った。
しかし今日になってリサイタルが終わった後、携帯を開いたら、また電源は自然に切れるわ、壁紙は急に真っ白になるわ、渋谷へ歩いている間にどんどんおかしくなって来たので、ショップへ行った。係りの人と話している間に、メールの受信・送信フォルダ内はデータがすべて消えるは、ダウンロードしてあったアプリも消えるわ、携帯アルツハイマー状態。
アドレスは、昨日、危険を感じて自宅パソコンにバックアップは取っておいたが、代替機にアドレスだけでも早急に移動してもらった。代替機も3年も前の機種だから、うちのPCで移し変えられるかわからなかったし。
結局、修理する事になったが、1ヶ月位かかるかもしれない、らしい。
代替機が分厚くて、文字変換も一昔前で、打ちにくくてストレス・・・。
本当に今年はいろいろあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/27

久々舞の稽古&占い

昨日土曜日、1ヶ月ぶりに上方舞のお稽古へ。新しい曲がスタート。あ、曲名聞くの忘れてた。久々に汗を書いて稽古をして、なにやらすっきりした。暫く体を動かしてなかったからかな。
終わった後、色々とお話を聞いた。名取についても師匠が霊媒師にいつ頃がいいかを弟子のうち4人分のを調べてて、私はやっぱり今は天中殺なのでそれが空けてからの再来年が良いらしい。名前を考えておくように言われた。自分の希望をいくつか言って、先生に決めて頂くのだ。杯を交わす式をするらしい。皆芸事にはいい星を持っているとかで驚いてた。
その後、渋谷へ向かい、スクールの見学をした後、久々トリンへ。8月のスケジュールを入れたり、他の占い師さんたちとも久々に話せた。もう来ないだろうと思っていたら、たくさんのお客さんが入っていらしたので、急遽一人だけ鑑定した。うん、大丈夫だね。
8月2日から復帰しまーす!
でもさすがに帰る頃には、ぐったりしてきたので、まあやっぱり少しずつだね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/24

地唄舞の会

水曜日、半年ぶりに美容院へ行った。Jさんからメールが来て8月からまたハワイへ1ヶ月行くというので、そろそろかなと。
水曜日だけ松戸の店舗へ行っているというので、青山まで電車で一人で行くのも、人込みもしんどいし、松戸の店舗へ初めて行ってみた。車で1時間弱だから、電車で青山へ行くのもそう変わらないし。
久々にたくさんしゃべって、髪もさっぱりしたし、リフレッシュできた。またストレス発散。
夜は、舞の師匠の会。ダンナの両親と一緒に行ってもらった。
題目は地唄「由縁の月」、地唄「からくり的」。
私から招待させてもらった人もいらしてくれて、久々に話せたし、他のお弟子さんにもお手伝いできずに、というご挨拶も出来たし、終わった後、先生にもご挨拶でき、久々に会えたので、少しほっとした。先生の弟さんにも、また稽古に励んでください、と言われ、また少しずつやっていこう。
先生の会は、2曲踊るのだけど、なんか感動した。こんな舞の内容があるんだ、と思ったし、やっぱりこの伝統芸能は貴重だな、と改めて思い、またお稽古つけてもらおう、とモチベーションもあがった。
帰りに自宅の最寄り駅でダンナとも待ち合わせし、以前から話していた近くの小料理屋「然」へ4人で行き、私の誕生祝をしてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

イメチェン

いつも土曜日がお稽古だが、今日は日曜日に変更になっていたので、お稽古へ。今日で101回目のお稽古となりました。まだまだ基礎がなかなか完璧にはできず、今日はお稽古を始めてから、初めて少し泣きそうになった(笑)。どうしていいかわからなくなり。こういう感覚は仕事やプライベートでも殆ど無いので、私にとっては大切な時です。

夕方、12年来のJさんの所へ髪を切りに。前髪は5年位は作っていなかったけど、前髪も作っていいから、とにかくイメチェンしたい、と伝えて、後はお任せにした。
現状2ヶ月前に、かなりクルンクルンにパーマをかけて、かなりインパクトがあった。そのパーマを残しつつ、ふんわりしたやわらかいイメージで完全にイメージが変わりつつも、1回しか会っていない人にもわからない事がないイメージに^^。
若返ったかも~♪
2月から天中殺で、状況もやっぱり変わり、苦手にしていた事に嫌でもチャレンジしなくてはならない状況。新しいことを自らスタートするのはふさわしくないけど、起こる事は受け入れていく時。気持ちも一新したいという気持ちで髪型を大きく変えたかった。Jさんも10年で初めてくらいに変えたかも、ということ。結構よく変えるんだけど、この意味合いの違いに彼女も感じてくれたのだろう。Jさんも自由に任されて切りに切って、楽しかったと言ってくれた。
今度はこの年になってだが、ピアスを空ける予定。今まで絶対ヤダ、と思っていたけど、何事もチャレンジしよう、と思ったら、拒否する理由も見当たらなくなった。
大抵このようなものかもしれない。出来ないと思い込んでいる事も、ちょっとした気持ちのチャンネルを一つまわすだけで出来ちゃうのだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/27

お座敷新年会

Image295 Image294Image29618日(金)、夕方からスタートだった国立劇場の歌舞伎は到着が6時になってしまった。
この日は、去年の忘年会に引き続き、S会長さんからのご招待で、MC仲間だったキャロルの人徳にまたのっかって、新年会^^ 歌舞伎5人の女子のうち私を入れて2人だけの参加で、Sちゃんも同じくらいに到着。
芝居が面白くなってきて、もっと見たいところで中座して、せっかくのご招待だったけど1時間足らずで出てしまった。
一昨年と同じ向島のお座敷へタクシーで向かう。途中、2人を神保町でひろって。
Image302Image303Ts3a0066Ts3a0067新顔の芸者さん方の接待を受けながら、女5人+会長さんで盛り上がる。新年ということで今回は獅子舞。3人の地方さんに、獅子と、途中ひょっとこ踊りも入る。前にも後ろにも面がついていて、後ろ向きなのに、あたかも前を向いて踊っているような技。
獅子は踊った後、それぞれ1000円を襟元などにいれておくと、獅子が加えに来て、その後、頭をカポっとかんでくれた。私は口に加えて取ってもらった(笑) 写真のピンクの腕は私の。
Image297会長が青ヶ島焼酎の「あおちゅう」伝承を持ってきていた。偽モノも多いらしいけど、これはホンモノ。かなり飲み口が良くて、おもわずグイグイいってしまう。
Image311芸子さんの頭の飾りをパチリ。
花月のかりんとうと、あんぎゃの塩のお土産を会長からいただいて、タクシーも手配してくれて、2人の女子(といってもみんな同年代くらいっす)を途中途中降ろしながら、帰宅。はしゃいだ新年会でした。

27日(日)、朝早く起きて、着物に着替える。地歌の弟子での新年会。茅ヶ崎へ向かう。いつも利用している、その昔、小津安二郎がいたという茅ヶ崎館。4人が順番に踊った。私は「潮来(いたこ)」と「うす墨」はまだ途中までなので最初の方だけ途中まで。
その後、師匠と5人でお食事。ここの食事は美味しいし、庭が素敵です。ビールを1本くらい飲んでほろ酔いに。Imgp0624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧