イベント・パーティ

2012/08/13

大江戸緋鳥808

西ノ園達大くん出演、「大江戸緋鳥808」をダンナと見に行きました。
大地真央さま、お美しい・・・!
西ノ園くんが美輪さんに匹敵するのでは、とのご意見に同感です^^
品と一生懸命に歌う姿に謙虚さもにじみ出て、女王のような風格や、気風の良い粋のよさ、時にはジョークにも応えて、何でも表現できる素晴らしさ、クライマックスのシーンでは泣けました。命の洗濯。
西ノ園くんは最近では、BS「陽だまりの樹」の楠音次郎を演じたり、今回も主要な役で、存在感たっぷり。特に楠の最期のシーンなどは圧巻だったし、今回の卑怯な(笑)役柄もコミカルさも交えた堂々たるもので、時代劇もすごくあってていいな~と思いました。
ダンナもかなり楽しんだようで、こういう機会がないと見ることがないから、良かった!と満足げ。
西ノ園くん司会のトークショーを見て楽屋に寄ってから、人形町で鴨南蛮ソバを食して帰途へ。
Program_visual

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/22

誕生日

今日は誕生日でした。私の。
昼はルリを連れての近所のイタリアンでテラスで初ランチ♪
557118_470009796361273_304929881_n

帰りに和菓子を買って、お薄を点てて頂いた。

夜はフレンチでした。
これも近所の駅近のレストランで、色々と紹介されているけれども、敬遠していたが、すごい美味しくて、内容が繊細でまた来たいところでした。
ルリとの初旅行も先日、伊豆高原へ行ったし、プレゼントは要らない!と言っていたけれども、4℃の可愛いルビーが入ったピアスをくれました^^ やっぱり嬉しいw
311505_470095209686065_60909277_n P1010879

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

美輪明宏版 「椿姫」

Index_01

先月、一人で美輪明宏版「椿姫」を見たのでした。(やっとブログに書く^^; FBのみにならないようにする努力w)
今まで、彼の歌のステージは感動したし、涙もしたが、舞台では正直、ああ、美輪さまだな~とエンタメ的な見方しかしていなかった。
黒蜥蜴などは、庶民的からかけ離れた特殊な感性の持ち主が主人公だったりなどして、共感しづらいところなども多々あり。

ところが、椿姫という題材が題材で、元々が感動モノというだけでなく、結核患者の主人公の高級娼婦と、もうすぐ77歳になる(今は77歳になった)美輪明宏さんの体力?と完全にマッチ。題材の選択が大成功。
病気な感じが、老婆には見えず、ういういしいドレスを着て演じている姿は、段々と美しく若い女性にしか見えなくなってくる。
その上、主人公の苦しさや情、気高さなどが、彼ならではの説得力と演技で、ぐいぐい引きこまれ、2部から3部は、涙が止まらず、ティッシュを何枚も使い、鼻を鳴らさない様にがんばった。
舞台でここまで感動した事は、今まで無かったくらい、めちゃくちゃ感動して、会場内ももちろん心からのスタンディングオベーションで拍手喝采。
もう一度見たい!と思った舞台でした。本当に素晴らしかった。
純粋な愛に溢れていた。

あと、とても実際若くて美しいプロポーションの娼婦が、汚らしい言葉や所作で人をけなしたりすることに対して、美輪明宏のウエストも声も太くて年老いているはずなのに、所作も言葉遣いも美しく、優しい言い方と、時には気高いやり取りで、それで大変な美女に見えるのだ。前者はとても醜く見えるのだ。
彼の「女性の美しさは、なんだと思う?」という挑戦状を見せられた様な(笑)
やはり、雰囲気やムードが美しくなければ、「綺麗な人」という印象にはならないのでしょう。
美しいムードにするには、人を蹴飛ばすようなつまらないことを言わず、下手に出てへつらわず、気高く、でも親しみがあり優しく、攻撃してくる人には無視せずにそれなりに相手をしてあげてw、所作が綺麗で、言葉遣いも丁寧に・・・。
必ず枕言葉をつけて「どうぞよろしければ、お座りください」とゆっくり丁寧に言う、マナーの基本をきっちりおさえている。
基本をおさえた上で、愛情を持って、ちょっとしゃれたことを言ったり、人をいじくることを言っても気品に溢れるのだ。

愛とは? 女性の美しさとは? とそんなところを言葉無くても、きっちり伝えてくる無駄の無さの中に、笑いや涙がある、本当にすごい人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/14

「キャバレー」

今日はミュージカル「キャバレー」を見に行った。
杜けやきさんが、さすがの演技と歌唱力!ほかの役者さんもとても良かった。
しかし・・なにか、舞台全体に妙な不自然さを感じた。受けるべきところで笑いが起きないのだ・・・。固い・・・。エロティックな内容なのにはじけていない。
諸星さんも最初まったく固くて、段々すごく良くなってた。ローラースケートを履いた辺りからかな?(笑)あれももうちょっと盛り上げてって良いと思うけど、ちょっと恥ずかしがっているような感じで。
「ドロウジー・シャペロン」で初ミュージカルで藤原紀香さんがすごく良かったし期待していたのだけれど(何よりも、浮いておらず、調和が取れていた!)、終わる頃のキャバレーを独唱する彼女が、役のサリーの、苦しんだからこそ、明る生きていくんだ!という説得力のあるーサリーじゃなくて、申し訳ないが、上手だけれど歌の内容に酔っている「藤原紀香」だった。この時点でそれをすごく感じた。

そして最後にカーテンコールの後に、彼女がマイクを持って挨拶を始めた。何をいうんだろう!?と悪い予感がした。
震災の募金等を求めるのは良いが、“皆にメッセージを込めてやっているんだ、皆の幸せを願ってやってるんだ”、というような説明に、一気に興ざめしてしまった。
役に成り切り、純粋に舞台を作る事が役者の指命で、その役に共感することが出来たりすることで、感動したり幸せを感じたり、受け手側が色んな受け止め方をするのだと思う。
しかし歌の内容を皆さんにもわかってほしい、とゆー、自分が受けた感動を客に押し付けるような言葉は、余りにも無粋ではないか?
もっと言えば、おこがましいし、余計なお世話である。それを言わないと、メッセージが伝わらないのか。
昔、若い頃、歌の師匠に、自分で酔うほど、人はわかってしまうし、引くし、感動はさせられない、とたしなめられた事を思い出したw

自分の仕事のスタンスとか、そういうのは自分の中で考えることで、役者として舞台に立ちながら、客に自分のスタンスまで話して、自己陶酔の演者になるのは、客から見ると役に共感もしずらいし、本当に興醒めしてしまう ・・・。
2部が大分勢いがついてきて、あっけない終幕ではあったものの、殆ど主役となっていた杜けやきさんと木場勝己さんに満足して、なんとか良かったかな~と思っていたのが、その最後の挨拶で、完全に夢から覚め、彼女の自己陶酔のために募金する気には、正直なれなかった。
募金をお願いするなら、めいっぱい舞台の世界に引きずり込んで、役になりきって、それで観客が感動して、幸せになって、その幸せを帰りにわけてもらう・・・ならわかるな。
多分、チケット以上の舞台を見せてくれたら、満足して募金するでしょう。

最後のお辞儀の仕方、登場も、「藤原紀香」になっていいけど、どこのお姫様かな、という位の、美しく見せる為にやりすぎの最上位のくどいお辞儀の仕方で、それも浮いていたし、TPOがわかっていない感じがした。サリーじゃなく、「藤原紀香」というキャラの自我を出しすぎて、舞台のことなどすっかりなくなってしまった。役を壊しすぎ。
演出家が悪いのだろうけど。彼女には何も言えないのか?もしくは2回目の再演だからか。
それくらい、キャラの強いタレントだと思うが、前回見て、すごく期待していただけに、「ああ、この人はやっぱりタレントなんだな、役者ではないんだな」と思った。
昔、松嶋菜々子さんが藤原紀香さんと比べられ、「私は女優なので比べられても・・・」と困ったシーンがあったのを思い出した。

好きなタレントさんではあるけど、彼女の舞台はもう見れないなあと思ったのが、非常に残念・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/18

後輩の結婚

今日は青山で、元会社の後輩同士の結婚パーティーがあった。

同じ会社でご縁が出来て結婚とは感慨深い。
新婦は妹的に世話を焼いた(笑)子だから、嬉しいし、ホッとした、て感じ(^^)。

何より、会社が解散後、会っていなかった人たちと会うことが出来て、同窓会のようになった。苦労を共にした仲間って、何か、信頼感で繋がっている気がする。久々に話せて、その後の皆がそれぞれ頑張っている話を聞いたり、おめでたい話を他にも聞いたり、頼もしかった。親戚のおばあちゃんの様な気持ちだわ。

だもんだから、お酒を飲んでないのに、テンション上がったw

FBの発言の話が出たり、今の時代、離れていても繋がっているんだな〜。

またこういう機会があるといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/09

舞台・展示会 色々♪

今年に入ってからの舞台や展示会の色々。

<舞台>
■1/14(土)
「須藤元気Present's WORLD ORDER LIVE~Beginning of the world~」
渋谷公会堂
http://worldorder.jp/

ダンナと見に行ったが、この日はトラブル発生。道を聞かれたおばあさんに暗い中、事細かに説明したりするのに、地図を書こうとしたチケット入り封筒を渡してしまったのだ。
渋谷の町中を探し回り、案内した交番にも行ったが、おばあさんは現れず。
方々電話をかけたりやるだけの事をやり、もう開演20分は過ぎていたので、会場へ行き、説明すればわかってくれるのでは、となり、果たして席も空いていたし、開演30分で入れた。
でも、残り1時間で十分見ごたえがあったし、前に買ったCDに入っているお気に入りのパフォーマンスもちゃんと見れたし。
そんな事があったので、元気さんの「すべてプラスに考えればうまく行く」という言葉が、ずどーんとキタのでした。

■2/1(水)
宝塚歌劇 星組公演『オーシャンズ11』
東京宝塚劇場
http://kageki.hankyu.co.jp/oceans11/
430646_353005488061705_100000567714

宝塚は10年ぶり位、いやそれ以上で見たかしら。仕事の友人Gさんが見たことがないので見たい!という事で。
あのハリウッド作品を宝塚風になってて、その辺りが不思議で面白かった^^
私は、ショーが好き。

2/8(水)
Kバレエカンパニー「シンデレラ」
Bunkamuraオーチャードホール
演出・振付:熊川哲也
http://k-ballet.co.jp/performances/2012-cinderella
Kballet

毎年恒例の親友Kの誕生祝。前回はシルクドソレイユ。今回はバレエを見たことがないので見たい、というご要望で。
私もバレエは久々だったけれども、キラキラと御伽噺の麗しさと、コミカルさもあって、幕が終わる度に、すごーくジーンと来て感動しました。
最後の結婚した後のシーンなど、幻想的で、心臓が震えて涙が出ました。
バレエは静かだし、ほわっとして、いいですねえ。
Kバレエの舞台美術や演出、衣装、振り付け、世界感も素晴らしかった。
この日は人気でチケットも取れたのが3階の一番後ろでしたが、十分見ごたえありました。

<展示会>
■1/13(金)
没後150年 歌川国芳展
森アーツセンターギャラリー
http://kuniyoshi.exhn.jp/
394845_338944669467787_100000567714
歌舞伎俳優の絵がやはり素晴らしかった。現代で名前を引き継いでいる人と、顔かたちが心なしか似ていたりするのも楽しめた。
なによりも、猫の絵が可愛くて、愛を感じました。

■1/22(日)
正筆会
私の書道の先生が所属している、かな文字が主の書道会。
色々な額装も参考になった。
私的には、会場にそこここに飾られていた、池坊の生け花に心奪われた。
梅の香りが会場中に漂い、大ぶりの枝や、さり気なく置いてある花などが、書を引きたてていた。
Sbsh0934 Sbsh0932 Sbsh0933

■1/27(金)
『山種美術館創立45周年記念特別展 ザ・ベスト・オブ・山種コレクション』
山種美術館
[前期] 江戸絵画から近代日本画へ   2011年11月12日(土)~12月25日(日)
[後期] 戦前から戦後へ  2012年1月3日(火)~2月5日(日) 
http://www.yamatane-museum.jp/
私は後期を見に行きました。速水御舟の「炎舞」を心行くまで見て満足。
東山魁夷《満ち来る潮》の音が聞こえそうな迫力と、それでいて品を感じた。

あとは、イベント的には約10年ぶりにSさんと会ったり、18年ぶり?に中高の同級生、Mさん夫婦と会ったり。
どちらも、新丸ビル利用♪
Kには、ティーポットソーサと、自分で作ったプリザーブドフラワーをプレゼントしました^^
Sbsh0629

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/10

明けましておめでとうございます!

遅れましたが、明けましておめでとうございます!
年賀状にはこの言葉は遣いませんでしたが、やっぱりお正月らしいなあと^^

NHKの紅白を見て、NHKで1月1日になった鐘の音を聞いた後、夫婦でお互いに今年の抱負を話し合い、三つ指ついての挨拶をして始まりました。

初怒り、初笑い、とさっそくすぐに初物はこなしつつ、松の内も終わり。

去年の暮れは、姑にいつもの、クリスマスプレゼントと称して、前からほしかった、エルゴラピードのスティック掃除機、掛け時計を2つ買ってもらい、家の中が少しだけ、バージョンアップw
先日は、無線ランも設置。家を建てる時に有線を張り巡らしましたが、やっぱりノートは線が邪魔なので。

7日から仕事始めでした。(その前に、ちょっと他の仕事もしたけど^^)

今年の正月は、何か浮き足立ったものも、緊張感もなく、不思議な感覚でした。やはり今、日本を流れている特殊なバイブレーションには影響されてしまうと思います。
暮れのあたりで、かなりローになってしまった、という報告も沢山受けました。
私も、ローにまでならなくても、深いところに何か沈んだような、日常を淡々と過ごしていたような感じでした。

去年の11月から本格的に始まった、ときめくモノだけを残す活動も殆ど進み、あとは、大きな壁、アルバムの整理のしなおし、アナログ媒体→デジタルへの変換、エンディングノートの作成、をとにかく目指したいと思います。

恩師の定年退職の、お祝いパーティの開催の主催も予定しています。

そして、算命学の研究と、水墨画の制作に、さらに力を入れられる時間を作っていきたい。

他にも新しい事が、今年も起こりそうなので、それはワクワクと待ちたいです。

フランス語の掘り起こしもしようかな、できれば。

あとは、お腹の腹筋に、もう少し力を入れて過ごしたい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/24

イブイブ続き

で、結局、スケートは寒いし、無茶して腰をまた痛めたりすると良くないとなって、買い物に変更~。
夜はどこへ連れて行かれるか、それも教えられず、とりあえずおしゃれだけして車に。
近くの、あそこに一度行ってみたいね、と言っていたフレンチレストランへ。やっぱり^^
途中で、お好み焼きかもよ~、とか、ジョナサンだったらどうする~?とか冷やかされつつ。
がっつり、クリスマスディナーで、おなかいっぱい!
最後の七面鳥はさっぱりして、塩のうまみが美味しくて、おなかいっぱいなのに、食べることができた。スイーツもペロリ。
楽しい楽しいクリスマス・イヴイヴでした♪
・ランド産フォアグラ フランス産きのこと野菜のポト・フ
~イタリア散歩~
・自家打ちトロフィエ たらば蟹と松茸のソース
・オマール海老のコンフィ アンチョビ風味
・ダンドゥ・ロティ ソース・モリーユ(七面鳥)
・チョコレートケーキ、イチゴムース、トリュフのアイス
Sbsh0900 Sbsh0901 Sbsh0902 Sbsh0903 Sbsh0904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

クリスマス・イブイブ

今朝、起きたら、枕元にミキモトの袋が。
開けると、真珠の指輪!
感動して泣きました~(笑)
Sbsh0898

今までクリスマスはダンナがセッティングしたことがない、と数週間前にダンナが気づき、なにやら反省したらしくw、セッティングお任せ、となった。

今、明かされたのは、とりあえず毎年恒例のおかめ市に行き、その後、前から行こうとなっていた、スケートに行こうと。私は20年ぶりで滑れるのか。しかも、彼はギックリになったのを治療中だから、大丈夫なんか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/05

初ディズニーシー

30日、ディズニーシーへ行ってきました!女6人かしましく。
Dscn2850 Sbsh0843
詳しい、Rちゃんがチケットやレストランなど全部手配してくれました。他5人は初めてのシー。
天気も、直前まで雨模様だったのが、晴れになり、また当日になって、曇りのち雨予報だったのが、暖かいし、晴れだし、帰ってきて家の前に立ったら少しぱらつき、次の日からすごく寒くなったので、良い一日。晴れ女、面目躍如w
乗った乗り物(順番)
ゴンドラ、「タワー・オブ・テラー」、「海底2万マイル」、「センター・オブ・ジ・アース」、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮」
という感じだったかな?
インディは、先にファストパスを取っておいたので、すぐに入れた。
センター・オブジ~の待っている途中のデザインが素晴らしく、待ち時間45分でもまったく飽きない。
Sbsh0854

14時半からのレジェンド・オブ・ミシカは、入退場口で見たので、ミニーやミッキーも間近で見た^^ 見ごたえありました~♪
Sbsh0857 Sbsh0860 Sbsh0869 Sbsh0872 Sbsh0875

パイレーツのジョニー・デップ(にせ)がいたので、一緒に写真も撮った。かなりなり切ってました(笑)

しかし・・・とにかく、下に落ちる乗り物は大嫌いなのに、10数年ぶりの遊園地系なので、すっかり忘れていた。海賊船とかも嫌い。ものそごいストレスを感じるんだよね。タワー・オブ・テラーを一番最初に乗ってしまい、落ちる時には、後悔しきり・・・。
AIと、「私たちの想像以上に、肉体的には、プレッシャーが掛かるようになっているんだよね。無理は禁物だよね」としみじみ話し合った。

でも、女6人なので、待ち時間もぺちゃくちゃ話しているうちに過ぎていくし、マゼランでの食事も美味しかったし、ほんとうに楽しかった!

夜のショーは途中まで見て、私とAIは先に帰りました。さすがに疲労と、次に日が気になり。

駅のリース。すんごいキュート♪
Sbsh0877

ダッフィーも購入。プレゼント用にも1体買った。園内で買った帽子をかぶせてみた。なんでこの帽子かったんだろう・・・。これをかぶって家まで帰った気がしれない。魔法だね。
Sbsh0879

12月、やることたくさんあって、つきあいもたくさん! ちょっと、この気温差とタイトなスケジュールで疲れ気味だけれども、がんばろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧