音楽

2012/04/11

イングリット・フジコ・へミング&ベラルーシ国立交響楽団

Top
東京オペラシティ コンサートホールにダンナと「イングリット・フジコ・へミング&ベラルーシ国立交響楽団」を観賞。
    <第一部>
    チャイコフスキー:バレエ音楽 『白鳥の湖』 より(オーケストラのみ)
    ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11(フジコさんと)
    リスト:「パガニーニによる大練習曲」第三番 『ラ・カンパネラ』(フジコさんと)
    <第二部>
    ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95 『新世界より』(オーケストラのみ)

という演目。

フジコさんのアンコールが、このカンパネルラをソロでと、続けて
リスト:「三つの演奏会用練習曲」より第三曲 『ため息』
を演奏。

ベラルーシの演奏はロマンチックでとても素敵だった。
ところが、ピアノが参加する頃、私の隣のおじさまの鼻息がピーピー、始終ものすごくうるさく^^;、高いFの音で、ピーピーするので、ピアノの音を打ち消し合って、まったく集中して聴けず。前の外国の女性もチラリと後ろを見たり。。。合間にダンナにこっそり言うと、俺もうるさくてたまらん、ということで、ダンナがそのおじさまに直接言ったのだけれど、言いながらおかしくなってしまったようで「鼻がピーピー」を繰り返すばかりなので、私が「すみません、うるさいんです」と言ったが、にらみつけてくるだけで、隣の若い連れの女性にうんちくを話している状態。
しかし、一応効果があったのか、ピアノソロになると、さすがに音も静かなので、おじさんも静かになり、これは見事な演奏に聴き惚れたのでした(笑)

会場側に、うるさいおじさんも楽しくないだろうから、こちらが席を移動したい、と言ったが、チケットが一応完売で、こちらでは空き席は用意できないが、お客様がいなければ・・・という暗黙の了解的に。
結構、がさっと一列なかったり、オーケスト後ろのP席の端の2席が空いていたのを見ていたので、二部からそちらに移った。
ここが面白い席で、指揮者の顔が良く見えて、また、このアレクサンドル・アニシモフさんが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクに、仕草や表情がそっくりなのだ。
髪の毛は、アインシュタインって感じで。眼鏡はかけていない。
非常に楽しそうで、わかりやすく、音と一緒に楽しめた。
ことに、新世界はダンナの大好きな曲で、家では日頃、指揮をするふりをしたりしているらしい。

アンコールは2曲も演奏し、
・ドヴォルザーク スラブ舞曲 作品72 第2番
・ブラームス ハンガリー舞曲 第5番

という、日本人が好きな曲を演奏。
どの曲も、ポピューラーで、それが良かったと思う。

色々な意味で、面白い体験でした~^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/12

「ロスからの風」

大震災から1年目の昨日は、私のボイストレーナーの今野広樹さんのライブ。久々の帰国。
ピアノは、JONATHAN KATZさん、ベースは藍沢栄治さん。
最初は、哀悼のために、アメージンググレースのアカペラ。
本当に楽しいライブで、笑いに、しみじみに。
こういう時を一つ一つ大切にしたい。
P1010440 20120311japanconcertjazzwhiteverfin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/04

今野広樹さんライブ

私のボイストレーナーの今野広樹さんがロスから来日して、1年半ぶりの日本でのコンサート。ウナ・カンツォーネで。
本当に楽しくて、面白くて、そして歌にしんみりもしたり、ステキなライブでした!
私の手料理を食べて頂く時間がなかったですねえ・・^^
Sbsh0659

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/31

ボイスレッスンのご紹介

ロサンゼルス在住の私のボイスレッスンの師匠、今野広樹さんが8月23日(火)~9月5日(月)来日!
来日中、レッスンを開催していますので、とりあえず声を楽に出せるようになりたい、1つ上の歌い方を目指したいなど、初心者からプロまで、ご興味ある方にご紹介します^^ 今まで発声に誤解のあった方、目からウロコです。喉から楽に声が出せるようになります!

<広樹さんからのメッセージ>
歌う英語・地声と裏声のミックスボイス・3オクターブをラクに出す 等々KEVYN LETTAU とKEVYN の師でもある HELEN MCCOMAS から直接伝授された発声法を紹介しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/12

氷室京介in東京ドーム

昨日は、4時に後楽園でAIと待ち合わせ。すでに大勢の人波。
Sbsh0523

ロック歌手の氷室京介さんが東日本大震災の被災者支援のため、全曲BOΦWYの楽曲で構成するチャリティーライブを東京ドームで行うのだ。1988年のバンド解散以降、全てBOΦWYの楽曲でライブを行うのは今回が初めてという超プレミアらしい。
席もアリーナでとても良い席だった。
特にファンというわけではないのだけれど、チケットが手に入ったということで、貴重な時間を提供してくれました^^
始まる前に、1分間の黙祷。一気にシーンとした。足音と無線の音しかしない。不思議な体験。
全曲、ノンストップで、つなぎのしゃべりもなく、歌いきってた。すごいなあ・・・。AIちゃんの氷室ファンのお友達も、普段の氷室ライブと違って、すごいパワーで歌っている、とか。
BOΦWYの曲自体パワーあるし。ドーム内が始まる前から皆スタンドで、異様な盛り上がり。
コンサート中は、ドーム内がゆれていた。
個人的にも聴いたことのある曲もいくつかあって、ノレました。
演出も、最低限のものにしていて、左右に巨大モニターと、バックはドット状に並んだライトで、色や配色の動きで演出していた。
アンコール前の間、座席席の人たちで、ウェーブが何度も沸き起こって、ドーム内もわあ!!とどよめいていた。
Sbsh0526
アンコールの3曲目の前で、初めて話した。BOΦWY時代は、あまりごちゃごちゃ話さなかったから、話しも入れたくなかった、という。自分の曲をカバーするという不思議な感じだとも。自分のバンドメンバーには、自分たちの曲じゃないものを快くやってくれた、など感謝の言葉も。
まあ、かっこいいオジサマでした。

今日は、昨日から引き続き、名刺のファイリングや、各種カード類など、すべてタグ付けしたり、病院カードも細かく仕分けしたり、やっと自分なりの理想の形に出来上がった。
背中痛い・・・・疲れたな~。
でも、これでまた大きな「やらなければならない事リスト」からやっと1つ消えた。あと大きな作業が3つ。やらないなら遣らないで済むのだろうけれど、自分としては遣っておきたい事。

サザエさん見ながらリラックス~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/28

室内管弦楽

ライターのAちゃんから誘われて、代々木上原のムジカーザ に、室内管弦楽の演奏会に。
早めに落ち合って、Kanbutsu Cafe(カンブツカフェ)でおしゃべり。ベジタリアン向けのカフェで、食事も有機野菜ばかりを扱った健康食。
マンションの中の3Fがイートインスペースになってて、ずーっと貸切状態でした。どこかの家でお茶飲んでいるみたい。食事を頼む時は、自分のケータイでお店に電話して持ってきてもらうなど、不思議な感じ。
Aちゃんから鳩サブレー頂きました。来年は卯年だねえ。
Sbsh0288 Sbsh0289

ムジカーザは、コンクリートうちっぱなしの建物に、竹をライトアップしたり、シシオドシが中庭にちらりと見えたり、和との融合のステキなデザインの建物。中は空間を生かした席の構成で雰囲気がとても良い。
音響も結構良かったです。
Sbsh0292

ドヴォルザークの弦楽五重奏 第二番 ト長調 op.77 は重厚で、音も調和がとれてて、聴きごたえがありました。
特に、シューベルトのピアノ五重奏曲 イ長調「鱒」D.667 op.114は、気持ちよかった。α波たっくさん出ました。
時には家でもCDとか聴くといいんだろうねえ~。
明日から、大掃除ガンバロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

千明せらさん「愛の風に乗せて」

シンガーソングライター、ジャズシンガーの千明せらさんの、新しいCDです。
“和・なごみ”というコンセプト通り、本当になごみますし、癒されますヨー。

「愛の風に乗せて」
http://ameblo.jp/chiakisera/

O0322032210520930109

また、このCDの100枚分の売り上げを 全額寄付することになったそうです!
寄付先は、地球のハラペコを救え=途上国における学校給食支援活動に 役立てられます。給食1日分30円だそうです。 2200円で約2ヶ月半分の食事を寄付したことになります。
是非ご支援下さい。(この活動は募金先に許可を得ています。 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

姉妹セッション

わけあって、日曜日に予約していたスタジオに入って、姉の伴奏で久々に歌った。
姉の伴奏でちゃんと歌うのは15年以上ぶりくらいでは。
お互い、いい感じで力も抜け、いろいろと音を作り上げていくのが純粋に楽しかった。
姉もアレンジだけでなく、伴奏技術も発達して、こちらも歌いやすかったし。純粋に楽しい、というのはなかなかない。
結構難しい曲なので、スタジオ入りまでになんとかリズムだけを刷り込んでいったけど、姉妹だからかなあ、一言いうとすぐに伝わる気の合う面も気持ちよかったし。
今後も一緒にできたらなあ、とお互いに思えた。

庭の花壇は、最近は自然に任せる部分もあって、名前の知らないいつのまにか生えてきた紫の花はどんどんと増えるし、クローバーも抜かずに育てて?いたら、黄色い花がさいて、クローバーって花が咲くんだ、とダンナと二人とも感心した。
ラナンキュラス(だと思うんだけど)も球根が生きていたみたいで、オレンジの可憐な花が。
写真にはないけれど、手前のところにはタンポポを生えたままにしてみた。綿帽子も出来て結構かわいい。そしたら昨日のサザエさんでも、タンポポを雑草として抜いていたら生えなくなったけれど、なくなると寂しい、庭をタンポポの花畑にしたいという波平さんのささやかな夢をかなえるべく、のっぱらでサザエさんと弟妹やタラちゃんたちで、タンポポの綿帽子を集め、庭にタンポポの種を植えていた。
Sbsh0153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

yoshizumiさんライブ

金曜日の夜、yoshizumiさんことズミさんの初ワンマンライブを友人まぁと見に行きました。

いや、ほっんとに良かった。
ブルースの世界観がピッタリだし、歌詞もかなり心臓に響きました。今のyoshizumiさんを、世間がほおっておくはずがない。ライブも満員でした。
仙台から来た方もいたみたいで、もしかしてズミさんがパントマイムをやっている頃からのファンの方かな?
いずれにしても、音源でいいからCD早く出してほしいです。

本人曰く、喉より腹筋が疲れるとかで、買ったばかりのTarzan「腹を凹ます」をいるか聞いたら(笑)、最近は鍛えていると。エライなあ!

その話しやライブに感動した事をダンナに話すと、日曜日、また半ば強制的に私も鍛えた方が良いとスポーツジムへ連れていかれた。

Tarzanを読みながら、自転車、ジョーバ、ステップマシーンを20分ずつと腹筋を少し。他力本願でイメージトレーニングって感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

二人の歌手

木曜日、朝から空回りだった。
スカートスーツを袋にも入れずに、近くのクリーニング屋へ。
途中、あ、まずい、と思ったが休業日を確認し、家に戻るかどうか、迷ったが、一度出かけたものの、すぐに思い出してこのスーツを取りに戻ったから、また戻るのも悔しい。
それでは、1つ先のバス停まで歩いていって、交差点のクリーニング屋へ。
やっと見えてきて、道路越しに店を見たら、カーテンが閉まっている。
「1時~3時まで休憩します」
ここは、イタリアか?

そこへバスが来た。渋谷へ向かわなければならないし、そのままバスに乗ってしまった。さすがにそのままスーツを持ち歩くのはいただけない。アクアクララで昔もらった、キャラクターのペンギンのとぼけた顔が描かれた青いエコバックに詰め込んだ。
そして駅の近くにある交番でクリーニング屋を聞いて、なければ渋谷のクリーニングへ出そうと考えたが、警官が二人がかりで探し、近くても面倒な場所だったけれど、親切な対応に行かないわけにはいかず、そこで出した。まるで迷い猫。
新規客のため申込用紙に書いたりしている時に電話がなったり、あたふた。
落ち着かない。

夜は雨が降ってきた。寒い。渋谷から移動して、千明せらさんが原宿の「La Donna(ラ・ドンナ)」に出演するので、久々に会いに行った。場所がわからず人に聞きながら到着。
オープンしたばかりのミュージックレストランで、綺麗だし、スタッフの雰囲気もよく、飲み放題で、食べ物も美味しくて、つい友人H田さんが到着するまで、すでにシャンパンやらワインを数杯流し込み、オードブルも3品をむしゃむしゃ。
酒の強い彼女と一緒に飲むと、どうも強気になる。私も弱くはない方だけど、最近は、飲む日は月に1週間程度に限定しているため、すきっ腹だったし、かなり酔った。
そして、さらに、飲んだ。どんどんついでくれるし・・・。

千明さんが元気そうでよかった。色々とあったから心配していたけれど、安心したからなおさら、飲んでしまったと思う。彼女の歌声に癒されましたし、H田さんとも盛り上がって、楽しくって、だからお酒も進んだ。

帰りにダンナに電話したみたいだけど、明日が早いとか聞いて、自力で帰ると宣言し、家にたどり着いたものの、ピンボールのように家の中を徘徊し、寝ているダンナにダイブしながら恨み言を言い睡眠の邪魔をして早く寝ろと叱られたり、それでも、顔を洗ったり歯を磨いたりしてなんとか寝た。

次の日の金曜日の朝は、ものすごい二日酔い。何年ぶりだろう。ダンナからも、出会ってから、あそこまで酔うのは初めてでは、と言われた。たしかに。私は酔ってもへべれけになるのは、好きでないが、この日は、まっすぐ歩けなかった。ちゃんと帰ってきた自分がエライ!
午後に家に鑑定しに来る予定だったので、何とかアルコールを抜くために、ビタミン、キャベジン、梅干、大量の水、そして風呂に入った。頭がジワーっとして、アルコールがもわぁっと出てきた。

そして夜、目黒のミュージックレストラン「BLUES ALLEY JAPAN(ブルースアレイ)」へ。ダンナとは現地集合で、同じくらいの時間に到着。
私の歌の先生でもあり、姉のような存在でもあり、シャンソン歌手としてデビューさせてくれた恩人でもある、日高あいさんが、故郷の鹿児島へ帰ってしまう。ゆえに、この夜のコンサートは東京では最後となる。
最高でした。バンドも最高だし、たくさんのお客さまに囲まれて、幸せそうでした。
終わりの日が来る事は信じられないけれど、東京から一人、素晴らしい歌手が去っていくことは事実。なんともいえない寂しさです。
ピアニストの方や、お客さまで、何年もお会いしていないのに、私に声をかけてきて覚えてくれていて、あいさんの唯一の弟子だったんだなあ、と自覚した。今まで自分のやりたい事しか目をむけていませんでした。。。
自分が日高あいさんの世界に確かにかかわっていた事が事実だったんだ、という実感は持てたけど、それ以外は、何か空虚感しか今は残りません。
歌手をやっていく事はとっても難しい。こうして東京のどこかで、素敵な時間を繰り広げる事ができる人たちも少ない。
けれど、そういう時間を共有できる事は、最高に幸せだった事を、初めて気づいた。

でも自分はどうすればいいか、まだわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧