« 今日のワンコ | トップページ | 初散歩 »

2012/02/25

熱海

また湯治に行こうと思った。
草津は雪がありそうだし、寒いからやっぱり暖かい所がいいかな~、というのと、ちょうどMOA美術館で国宝の尾形光琳筆「紅白梅図屏風」の展示を見に行きたいと思って、熱海にした。
一人で行こうかと思っていたけれど、金曜の夜からダンナも行きたいというので、25日(土)は結婚記念日でダンナの誕生日で、結婚5周年だし、一泊目は一人で行って、2泊目は高級旅館に泊まる計画にした。

先に、トイプーを約束通りペットショップで改めて預け、車で一人、高速を走らせるものの、この日に限って首都高が激混み。しかし雨だったので安全だったかも?ブレーキの小刻み踏みで右足がいい加減疲れた。
海老名サービスエリアまで我慢して、そこまで2時間強。12時半くらいに。雨もすでに上がっている^^
レストランは混んでいたので、メロンパンと肉まんを買い、車の中でさくっと食べてからすぐに出発。
14時半頃にMOA美術館に。そこまでの海通りの道は解放感満喫で、疲れも吹っ飛ぶ。
美術館までは、熱海の山の急こう配を、蛇行した道をくねくねと登り、車も頑張った。
山の上だからか、ガスっている。
MOA美術館は建築も素晴らしく、威厳がある。和のイメージもあり、お茶室もあるようで、この日は茶会もあり着物姿のご婦人が大勢いた。
金の茶室は、ここにあったのだ。前にテレビで見たが。キンキラキン。道具も金金金。ありがたみを感じてしまうのはナゼ?

「紅白梅図屏風」は1室に収められ、異様とも言えるパワーが出ていた。NHKの日曜美術館でやっていた模写作品もあった。
水流の部分は銀箔で、そこに硫黄で黒くしたという実験結果が出たのだ。この水流の描き方は、様々な説があったが、現代の科学で解明されたもよう。
思いのほか、見ごたえのある展示で、掛け軸も多くあり、書、水墨画、と堪能できた。
写真はデジタルで再現したもので、撮影OKの屏風。
P1010256

フロアの窓は海を臨んで見晴らしが抜群。青空も出てきて、岬に熱海城も見える。
P1010260 P1010261

とりあえず1日目は一人で泊れて、興味のある旅館「山木旅館」を取る。ここは歴史のある旅館で、昔は一見さんは入れなかったらしいが、今では、じゃらんや楽天トラベルで予約可^^
他のお客様は年配の方が多くて、リピーターさんらしき方が多かった。
おもてなしも家族の様な、心安いおもてなしの仕方。
担当の仲居さんは、とってもお綺麗だった、いや今でも艶のある、さばさばとした、お話も弾んで良い方でした。
お食事は、普通。連泊にはシンプルで多すぎず少なすぎず、良いかと。ただ絶妙なタイミングでお食事を運んでくるというのではなく、頂いたら室内電話で告げたり、飲み物も部屋の中の冷蔵庫内のを頂くなどセルフで。そこが気兼ねない、と思うので、そういうのが良い場合は気楽かと思う。
P1010264 P1010265 P1010266 P1010267 P1010268

2階の部屋で、お庭から寒桜が見え、風流でした。熱海の街中にあっても静かで。
P1010263

お風呂も階段下にすぐあり、貸切風呂は、予約も必要なく、空いていれば札を「使用不可」にしてから入れました。
宿には16時近かったので、空いていたし、大風呂の方にも入り、多少くらっときた。

18時から部屋食で頂き、20時からオイルマッサージを頼んでいた。
出張でおねえさんが来てくれて、かなり上手く、満足。
また温泉に入り、テレビを見ながら就寝。

朝7時過ぎに風呂に入る。他のお客と情報交換。長風呂でちょっと湯あたり。
部屋で朝食。
P1010269

ここは12時のチェックアウトが出来るが、予定もあるので10時には出る。女将と庭木の話などをしてから車で出発。

熱海梅園」へ。ほんの数日前は、連日雨予報だったが、ピーカンで暖かい日和で晴れ渡り、素晴らしい梅見になったのだ。
P1010270 P1010286 P1010292 P1010299 P1010310

スケッチなどもゆっくりと出来た。描いていると話しかけられて、描いているのが絵になる、とか、その画材は何か、どこで買えるのか、など観光地ならではの、なにかテンションがある。
Sbsh0977 P1010391
というか、美術館でも話しかけられ、風呂でも話しかけられ、とにかくどこに行っても話しかけられる。熱海は「陽」の空気で、ここに来ると特にそういう気質があるかもしれない。
園内には、韓国庭園、中山晋平記念館(しゃぼん玉飛んだを作曲)で彼が住んでいた家の移築、澤田政廣記念美術館もある。
P1010313 P1010316

昼位に梅園を後にする。次の所に食べる所もあるかと思ったけれども、朝たくさん食べてお腹も空いていないので、起雲閣へ。
古き良きお屋敷の家具やデザイン、部屋から見える庭を鑑賞し、各部屋で様々な宿泊したり縁のある文豪の展示なども楽しんだ。
P1010323 P1010324 P1010327 P1010328 P1010330 P1010331

途中通路で、また話しかけられ、落語のなんちゃらがあるから良かったら来て、と言われたので、1時半からということで行ってみた。そしたら、落語の公演ではなく、落語の講演だった。ただ1時間の講演に、30分の公演もあるとのこと。
しかも、熱海の民生委員の皆様の集まりのようで、ご年配の、内輪の方々の中に入って聞く事に(笑)
なぜ、自分が参加しているんだろう・・・と居づらい気もしたが、いや、これが結構面白くて勉強になった。
講師は、渡邊一雄さんで、落語名は三遊亭大王。75歳とは思えないパワフルさで、今までも色々な趣味を本格的にやっているようで、この民生委員での公演も3回目で、これまでは今後の中国についてとか?とにかく知識人らしい。落語家としても、師匠は自分より年若く、叱られながら二ツ目まで行き、羽織も着れる身になっている。
東京で落語を聞いたことがある人、と聞かれたので手を上げると、3名ほど手を挙げた。私にどこへ行ったか聞かれたので、新宿の末広亭と応えた。
落語の歴史などを、面白おかしく、落語ネタも交えて、リズム良く、ハキハキとした話し方で笑えた。
江戸と上方の違いなども、初めて知った。トンチ文字のプリントもあり、それを皆で考えたり、これも盛り上がった。
落語の前には、着物に着替えて机を2つつなげたところに赤い布を民生委員のスタッフさんが敷き、座布団を置いてその上で。
おそらく「雑俳」というネタ。ご隠居さんの手ほどきで八っつぁんが俳句を詠むが、これがとんでもないものばかり、その俳句の内容が面白い。
最後のオチはなんだったかな?忘れた~。

3時ごろ出る。落語を聞く前に、起雲閣内のカフェで茶菓子とお茶を頂いたが、小腹が空いた。
しばらくドライブをしたが、疲れたので、2泊目の宿へ向かった。
2泊目は「あたみ石亭」。行ってみたら露天風呂付きのスイート「黄金崎」。
敷地の一番奥にあり、石畳をずーっと歩いていく。鯉もたくさんw
P1010333

案内されて行ったが、後でカフェへ行くのに、案の定迷ったw
一軒家の数寄屋造りで、別荘に来たような感覚。
露天風呂は、バリ風で、ローマ風呂か!?という位に広くて、露天風呂付きの部屋の中では、一番大きいお風呂らしい。奥の部屋のにじり窓から、露天風呂が見える。
P1010332 P1010358 P1010360
小腹が空いたと仲居さんに伝えたが、軽食がないらしい。コンビニを案内され、コンビニへ行った時に、前日にメロンパンを2個買って1個まだある事を思い出し、車へ取りに行き部屋でメロンパンを食す。
とりあえず、内風呂で洗い、源泉掛け流しの湯に癒される。ダンナが新横浜で仕事を終えて新幹線で向かってくる。旅館に到着するのが7時半。
それまで、カフェでブルマンを飲んで時間を潰したり、部屋でPCをしたりと過ごす。
「時間を潰す」という過ごし方が、私にとっては贅沢です^^
温泉に、観光に、すっかり体調も良い!

ダンナが着くころ、玄関まで迎えに行き、すぐにお風呂に入れて、食事。
お膳立てされすぎて、実感がわかない、と言っていた。それはそうかも。新幹線に乗って、気づいたら、旅館で食事をしているんだから、暗いし、熱海に来た~!という実感はないよね。
食事も最高に良かった!仲居さんのゆりこさんの気遣いや柔らかい対応や初々しさにも癒されました^^
P1010339 P1010342 P1010343 P1010344 P1010346 P1010347 P1010348 P1010349
然珪藻土の切り出し七輪の飛騨コンロを使っているのもさすが。この和紙には能の「枕慈童(菊慈童)」の謡から、長寿のねがいを込めて貼られているのだ。前にテレビで紹介していた。
P1010345

掛け軸は、「和是一家宝」。天野一甫師。「円相(和み)は、各家にとって大切な宝である。」という意味だそうです。
P1010338

宿に到着してお部屋でお茶を頂いた時に、結婚記念日で、と言っていたら、夕食時に夫婦箸をくださった。嬉しい!

夜から雨が降り、土曜日の朝、5時半頃に目が覚めたので、二人で雨の中、傘をさして大浴場へ。大浴場も露天。
案の定誰もいない。屋根の下で暗い中に湯気がライティングでもわっと広がって、なんともいえない神秘さがある。
女風呂は「御神木の湯」といって、日光今市市の大宮神社にあった樹齢500年余りの次郎杉の御神木をくりぬいて作っ湯船もあり、注連縄のかかった屋根の中にある。
一人その中に入ってみると、なにやらありがたや~という気持に。思わず、南無阿弥陀仏・・・と唱えてしまった^^
雨の中の庭木や石塔が、しっとりとしてまた風情がある。
7時半から朝食の準備が部屋で始まった。お米があまりにも美味しいので銘柄を聞くと「ゆめぴりか」だった。お昼をゆっくり食べれる時間がないかもしれないので、残りのお米と梅干などで握り飯を頼んだ。
P1010353
醤油入れが柿で可愛い。
P1010350_2
コーヒーの敷物が扇型の手芸だったので、聞いてみると、他の仲居さんのお母様の手作りらしい。
P1010354

心づけの領収書をくれたので、まあ、最近はそういう所は多いいが、一応、ゆりこさんのモノにならないの?と聞くと、まとめて皆で分けるそうw
また大浴場へ行ったり、部屋でアンケートを書きつつダンナにトンチ文字を出題したりなどして寛いだり、ライブラリーから景色を見たりしつつ、11時にチェックアウト。玄関前で写真を二人で撮ったり、仲居さんがたと一緒に撮ったり。

他の石亭にも行ってみたいなと思う位、ステキな宿でした。

11時にチェックアウト後、来宮神社へ。国指定天然記念物に選定されている来宮神社のご神木「大楠」は樹齢2000年を超え、平成4年度の環境省の調査で、全国2位の巨樹の認定を受けていて、幹周り約24m。実際見たら、圧倒されました。この木の周りを1周すると、1年寿命が延びるそうな。
P1010369 P1010372 P1010376

その後、お宮の松と銅像を見る。
P1010385 P1010386

どこからかシャボン玉が飛んできていたので、浜を見ると飛ばしているグループがいた。
P1010382

車の中で頂いた握り飯を頂きながら帰ったので、3時間位で帰ることができた。
一旦家に付いてから、ペットショップへトイプーのルリを迎えに行き、隣の動物病院で2回目のワクチンをうってもらう。
帰ってからは、ルリが随分甘えて寂しがっていた。3日間位しか一緒にいなかったけれど、もう家族なんだねえ^^

|

« 今日のワンコ | トップページ | 初散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/54100206

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海:

« 今日のワンコ | トップページ | 初散歩 »