« 歌舞伎「開幕驚奇復讐譚」 | トップページ | 冬の薔薇 »

2011/11/01

人生がときめく片づけの魔法

人は「おうち、綺麗にしてるね~」というし、散らかす、てことが基本ない。
超綺麗好きで、無駄がないかなり厳しい母をして、うちに一度来たときには、綺麗にしている、と感心された^^
テレビなどで、誰かのうちにタレントが行き、「綺麗にしてますね」なんて言っても、ごちゃごちゃしてるな・・・と思ってしまうくらい。

だけど、いつも、収納の中を整理したり、ファイリングをしたり、常に「片付けている」感じ。
そして、いつも、要らない物はないか、と探し、処分したり、フリマへ出したり。
だから、見た目綺麗で片付いているけど、自分では満足できない状態、だった。

今年10月から大掃除を始めて、“あるものを、またさらに整理をしなおす”って感じ。

しかし・・・、とにかくモノが多いのだ!持っていないものがない、と良く言われていたけど、やっと自覚した。
この本を読んで、「ときめかないモノは置かない」という、このキーワードで“取っておいてあるモノ”から開放された!


人生がときめく片づけの魔法

最初、本屋で見た時は、この本自体が断捨離対象になるんだわよ、と言って、鼻にもかけなかったが、ダンナが買ってきたのだ。
で、ダンナが読み初めて、自分の部屋をさらに片付け始めた。
もともと、片付けられないダンナは、大分、私からの影響で^^;片付けられる様になっていたが、「なんでこんなにシャツがあるんだ・・・」と思っていた。そういったムダに多いものも、ゴミ袋に大量に入れて、処分ルームに入れていた。
それを見て、私も読んだ。
そして、何か、まだ自分の片付けにしっくりしていなかった事に、解決できたのだ!
いわゆる、片付け本の、「1年着なかったら」とか、そういう基準は、何か疑問があったが、この本に書かれている事は、まったく違和感がない。

父からもらったビデオ撮影用のライト、カメラの露出計、各種双眼鏡。もらったものだし、あればいつか役にたつかもと思っていたけど、いつかは永遠に来ないのだ。金髪のカツラに、昔仕事で使った医療用の白衣・・。これは処分用ルームに移す前に当然コスプレしたねw 記念にとってあっただけだし。

モノが多い理由に、家族が置いていったり、末っ子の宿命で何でも私にくれたり、おしつけられたり。これも本に書いてあり、すごい納得。
そして、説明書なども、きちーんとぜ~んぶファイリングし、あらゆる写真やらレシピやら、もぜ~んぶ、ちゃーんと貼り付けたり。でも、その中でべつに取っておいても仕方ないものもたーくさんあったのだ。

それらを上手に収納しているだけだった。服のしまい方も、本に書いてある様に、とっくに縦に収納して一目でわかるようにしてるし。(でも、靴下のたたみ方は違ってた。)
だけど、いつか使うかもとか、もらったからという理由で、ときめかないモノも取っておいたからだね。

そして、この本で、完全に目からウロコで、スイッチが入った。
10月末になり、大掃除をした所を、また改めてやり直すことに。

服を全部出して、ときめくモノだけを取り出す。
これは、前回のフリマの前に相当な数を放出したので、そんなに数は出なかったけれど、もらったブランド物の服、だけど着ない、ときめかないから、という物を手放す勇気が出た。
本も、全部出して、和室に積み、私の後、ダンナにときめくモノだけをピックアップしてもらった。すると、大ダンボール4箱。
CD関係も1箱。
これで、パントリーには大分空きが出て、パントリーの床においてあったものも棚の中に収納。父が独身時代に買ってくれていた、へんちくりんな未来的タワー型CDラックも解体して処分。CD類も棚に収納できたからだ。

自分のマメさにあきれながら、ファイリングしてあった説明書類も捨てたり。
その他、色々・・・

あとは、手紙、写真の再整理、ビデオやMDのCD化、といつも、やりたいと思っていた事は、思い切ってできると思う。

また今月、フリマに出ることにした。小物が大量に出たし。今年は3回目!

これで、「片付け」から開放される!!

|

« 歌舞伎「開幕驚奇復讐譚」 | トップページ | 冬の薔薇 »

コメント

>さとっぷさん
引越しお疲れ~ww いやー、家事とか生活、仕事してても、1日はあっちゅーまに終わるよね~(ー_ー)
テレビ、トクダネかな?私も見たわ^^
下着は確かに3枚は極端だけど、今はすごくわかる気がするなあ。普通に洗濯してるとそんなに枚数要らないんだよねえ。ファッションに使わないし(笑)今年、大分捨てたわ~。
私も今の片付けイベントが終わったら、もっと遣りたいことに時間を割きたいなあ。

投稿: あけはむ | 2011/11/24 09:03

この本の著者テレビで見ました。「ときめくか、ときめかないか?」というフレーズは絶大ですよね。私もだいぶ捨てる決意ができました。
以前、NHKで「暮らしの達人」みたいなシリーズで上着、下着など洋服は3枚ずつしか持たないという人がいて究極だなぁーと思ったことがありますが。そんな僧侶みたいな生活って、きっと服を選ぶことよりもほかの事に時間をさきたい人なんだろうなぁと納得したことがあります。
そのとき、それをしている自分がすきかどうか、を考えていけば家事の時間配分もきまってくるのかなぁと思いつつ・・・今日もああちゅうまに終わる・・という。

投稿: さとっぷ | 2011/11/24 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/53092401

この記事へのトラックバック一覧です: 人生がときめく片づけの魔法:

« 歌舞伎「開幕驚奇復讐譚」 | トップページ | 冬の薔薇 »