« 母校 | トップページ | ポルトガルのお皿、王妃の食卓、そしてルイ・マル »

2011/10/10

品川でフリマ

10年前位に、初めてフリーマケットに出品したのが、ちょうど10年前位。K・Mちゃんに誘われて半ブースで売った。
ブース代がかかっても十分元が取れた。客層が良くて、人数も多いので、その時は完売し、Mちゃんが驚いていた。フリマで完売する事は珍しいという。2回目の光が丘では別の友達と出品し、その時も完売。(1回だけ自宅フリマというのはやったが友達を集めて売っただけなので回数に入れず)
そして、結婚後ダンナとは今回で3回目(合計5回目)のフリマ出品。最初の2回はわりと田舎(笑)だったので、売れ残りがあったり、ブランド名が誰もわからず買われなかったり。
今年の5月がその2回目だったけれど、秋冬物もあったりでリサイクルショップでも買われず、今年もう一度、そして場所も、初めて出店した、あの品川インターシティで、と思い、数ヶ月前、Mちゃんと数年ぶりに会い、自宅に遊びに来てもらった時に、また出店する計画になったのだ。

そして、ランドリールームにしている一室にあらゆる断捨離を試みた物を日々集め、要らないものを貯めて行った。大掃除を兼ねながら。
で、いくらとても良い服で、気に行ってても、「もう、若かりし頃のような体型にはならない!」「もしよしんば戻ったとしても、これは着ない!」という結論に至って、思い切って断捨離ルーム(と勝手に呼んでる)へ移動。お気に入りの、そして、高い!服たちを、なくなく。
おそらく100着近くはあったんじゃないかな・・・。
前々日に、全部に値段をつけ、下の和室に全てを運んで行った時、重くて服だけでも4~5回に分ける程。
結婚してから、2回フリマに出しても、まだこれだけあるのかと言う事にに呆れつつも、あれだけ働いて、毎月、洋服(特にニコル)の服を買っておしゃれを楽しんで、それはそれで良いけど、空しくもなった。
クローゼットの服たちに隙間があるのは初めて見た(笑)。今までナチュラル・プレス状態でしたよ。掛けている棒も、たわんでたし。
グレーの光沢のある、ニコルのパンツスーツを見て、ダンナが、「これかっこいいじゃん!似合いそうだよ」「いや、似合ってたんだよ・・・」これから買うんじゃないんだから・・・。
確かにこれも十分着れるんだけど、このスーツを着て、どこに営業しに行くんだよ、という事なのさ。
もう、そういうライフスタイルじゃないわけだから、捨て、なのだ。
前日も早めに仕事を切り上げて帰宅し、さらに「いらね~ものはねぇが~」とナマハゲの様に探しまくり、「あ、このTシャツはもう小さくて着ないな」とダメ押しで移動。
ピクニック用のテーブルセットだって、前にもらったものだが、いつかアウトドアでもするだろうと取ってあったけれど、使うシーンはないので、屋根裏から没収。
これ売れるのか!?というものは「この箱ALL10円」行き。大量の様々なボールペンは、一つのカンに入れて「買った方に先着でお好きなだけどうぞ」箱。
ダブったCDも100円で。ブランドのブラウスやスカートも全部200円!

で、9日、朝8時半前に会場入り。2階のはじっこなので、人があまり来ないだろうと思った。滑車に乗せて運ぶ。ダンナが3往復して、私が荷物を準備し始めたとたんに、人がわらわら集まって来て、あるオジさんが、「見ていい?」というので、じゃあ、ついでにその箱はそこに置いて下さい、など、使ってしまった(笑) そのオジさんはショットエアガンに興味を持って、エアガスと一緒に買って行った。
そう、今回、屋根裏にとっておいた、サバイバルゲームをやってた頃の迷彩服とか、ガン類も出した。もうやらないでしょ^^;
あ、でもこのガンは、父が護身用にと枕の下に入れておけと、買ってくれたものだったな。どんな父親だ・・・。
いつも聞かれるのが「面白いのないの?」「変わったのない?」「面白そうなの売ってる」と。
うん、うちは、洋服だけじゃなくて、何かグッズ系が多い。
半分はもらったり、家族が置いて行ったものじゃないかなあ・・・。

怒涛の勢いで、人だかりへの対応をして、並べる以前に、お客さまが勝手にどんどんあさって選んで、買ってくれるので、オープンが10時なのに、8時半から9時半の最初の1時間で、半分はなくなった。
車のトランク満杯で、後ろの座席もめいっぱい積んでいた荷物だったが、おそらくお昼には2割位にはなっていた。
そして、片づけ始めた3時半には殆どなくなっていた。

「ここは、良い物をかなり安く売りすぎよ~!」と言って、何度も足を運んできては買って行くおばさんや、同業者も多数。
確かに、安い。でも、何度もフリマに出店して稼ぐのではなく、断捨離が目的だから、それでいいのだ^^
ある中国人の方が、娘に、とあのグレーのスーツを買ってった。上下で500円。元々いくらで買ったか聞かれ、確か6万以上はしたと思うけれど、日本語が片言なので、5万円!と説明した。また戻って来ていくらか聞いてきたので、「ご!ごまんえんが、ごひゃくえんね!」というと、納得して帰った。
で、似合うお客さまには、かなり勧めて、んでもって、セットで相当なディスカウントして、もってけー!って感じ。ラックにかけてあった服も、気付いたらスカスカ。
排出されるプラハンガーも10円箱に入れていると、それも売れちゃう。
アジア圏の外国人の方も多数。
中国か台湾の方からハンガー10本位で、全部で10円と伝えても、最初、ありえないと思ったらしく意味が分からなかったが、やっと理解すると、大笑いしていた。

しめて売上39,280円。
ブース代4400円(2ブース取って、Mちゃんは半ブース使ってくれた^^)
駐車場代1000円(出品者は特別に)
高速代1400円(ガソリン代は、無視)
純利益 32,480円

今日は、お尻の下が筋肉痛。疲労度もマックス。ほんと疲れた。
Mちゃんも「ものすごい商品数」と言っていたが、よくこれだけの物があったものだ。
整理しているから、なさそうだけど、もう使っていないものを発掘していくと、相当な数なのだ。
もう、フリマは出店したくない、と思うけど。
ライフスタイルの変化で出たとしても、リサイクルショップで処分とかがいいかな。疲れるから。

断捨離の「断」には「もらうのを断る」という意味もあるらしい。
モノがあふれた日本。
消えモノは良いけど、もらうのを断る事が大切だね。

|

« 母校 | トップページ | ポルトガルのお皿、王妃の食卓、そしてルイ・マル »

コメント

>ぱぐさん
そうそう~!捨てるのは「もったいない」!
必要な人に使ってもらえるなら、二束三文でもイイ^^
私も独身時代はリサイクルショップはかなりお世話になりました~。

投稿: あけはむ | 2011/10/11 12:56

なかなかフリマをする機会はないですが、捨てるのももったいなくて、大人のものは近所のリサイクル屋に持っていきます。
ブランド品でもほとんど値がつかないけど、捨てるよりはましかなーと思い持って行ってます。
子供服やおもちゃはほとんどお下がりで知り合いなどにまわしてしまっています。
うちも、また整理しないと・・・。

投稿: ぱぐ | 2011/10/11 12:21

>やぶたろうさん
早速コメありがとー!
その通り、大変だけど、楽しいし、すっきりする!
サバゲーは若気の至りw 自衛隊の方と山中湖近くの雪山の中、匍匐前進したりも^^; ほんと何やってたんだか。

投稿: あけはむ | 2011/10/10 19:56

フリマ、大変そうですが、なんだかとても楽しそうですねhappy01 お疲れ様でしたshine
でもサバゲーまでされていたとは奥深すぎます(笑)

投稿: やぶたろう | 2011/10/10 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/52957678

この記事へのトラックバック一覧です: 品川でフリマ:

« 母校 | トップページ | ポルトガルのお皿、王妃の食卓、そしてルイ・マル »