« メニエール病 | トップページ | Gさんのこと追記 »

2011/09/24

ライブ&またお別れ会

ちょうど、昨日は時間が空いていたので、西ノ園達大くんからご連絡いただいてたライブを横浜まで見に行った。
芝居は何度か見てきたけれど、歌は初めて。
3☆COLORS presents The Public Performance Vol.3 『雲の切れ間を探しに』
1部は芝居で、2部はライブとのこと。でも、すでにアーティストもスタンバイして、アーティストとのやり取りもありながら、そんでもって劇中に歌もあったりなど、ライブ感溢れる芝居で、結構楽しめました^^。 お店でやったんだけど、意外と(笑)美味しかった。
2部のライブで、西ノ園くんのオリジナル曲なども聴けましたが、高音も声も響いて、曲想や歌詞もいいし、良かった!
ただ、昔から、ドラムなどの大音響は苦手だったけれど、耳が悪くなってるから頭の中にグワングワンと響きまくって、ちょっとヤバかった^^;

次の予定があるので、ライブの途中で中座して渋谷へ。
偉大な占い師G先生が亡くなられて49日に、お別れ会。今月は、2つ目のお別れ会。
お店を貸しきりで皆で飲み食いしながら、別れを惜しんだ。
殆どの人が、G先生との思い出などを話していった。私も何度も話してと言われたけれども、断った。大抵、断ることはないけれど、なんか話したくなかった。
タロット占いが出来るようになったのも、学生の頃、G先生の本と出合ったからだし、その本は、いまだに私のバイブルだ。
渋谷のお店で鑑定するようになってから、オーナーと親密なG先生が「ハロ~」とニコヤカで華やかな笑顔で入ってきて、心の師匠だったG先生と話せてびっくりした。
皆さんは、「いつも明るい笑顔で、笑い声が印象的で・・・」という話。私からの印象は、実は、明るくしているけれども、寂しさを感じていたし、目が本当に笑っている事は時々だったと思っていた。そしてG先生の魔女的な怖さを知っていた。
私の太陽と月の星座が、G先生と同じせいか、よく、雰囲気とか性格が似てるとも言われて、尊敬しているから嬉しかった。

とか、ことさら皆さんが言う「明るくて、いつも元気で」とか、実は私はそう思っていなかった、彼女のダークな一面に魅力を感じていたとか、そんな事を言っても、故人を悪く言っていると誤解されたり、偉大なG先生と似ているといわれているとか、星が同じだとか、自分で言うのもおこがましいし、反発されるのも面倒だ。ちょっと特殊な世界だからねw。

今週の水曜日に、健康診断中の待合室にあった婦人公論が、自分の死んだ後についての遺書などの特集があり、様々な作家などの著名人へのアンケートが掲載されていた。その中で、佐藤愛子が、お別れ会をして欲しくないと書いており、その理由が、挨拶で、故人をちょっとマイナスな事を言うのもはばかれるので、良い事しか言わないのが、空々しいというような事が書いてあり、それが気になってしまったのもあるw。
だから、思い出を話してくれ、と言われて、ちょっと頭の中で考えたけど、皆さんと同じように「G先生は、いつも明るくて~」なんて、明るくテンションが高い裏を見てしまっている(自分も同じだから)、ダークな部分を感じていたのに、そんな事いえないし、本との出合いへの感謝をマイクで言葉にしてしまったら、何か、本当にお別れ、という様な気もして、もやもやとしたので、意固地に断った。
それで良かった。心の中で、静かに冥福を祈りたい。

そして、つくづく、自分の死に方についてに向き合うことで、これからの人生の生き方を考えたいと思う、今日この頃。

今日、耳の状況が悪化しているので、主治医の病院の方へ行き、ステロイド治療を始めた。少ない量だし、日本はステロイドについて怖がりすぎだそう。
私の症状が、「低音障害型感音難聴」または「蝸牛型メニエール」のどちらかだそうで、いずれにしても、聴音にはステロイドらしい。
そして、この病気は、いくらでも再発するとのこと。
ストレスを溜めない、じゃなくストレスになるような事を避け、より良い選択を常に考えていく事が、今後求められると思う。

でも、何でもやりたがる私には、調度良いことかもしれない。

|

« メニエール病 | トップページ | Gさんのこと追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/52820191

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ&またお別れ会:

« メニエール病 | トップページ | Gさんのこと追記 »