« 立山・長野・白馬 | トップページ | 今年の誕生日 »

2011/07/18

ニッポン無責任新世代

友人、西ノ園達大くんから、直前に舞台のお知らせがあり、18日は何も予定がなかったので、行ってきました。今回は、ダンナも、それは行きたい!と言っていた「ニッポン無責任新世代」。懐かしい響きです。ダンナは友達と約束がありNG。
私は主役が原田泰造さんだったので、見たいなあと思った。以前「ザ・ヒットパレード」を見て、包容力があって良かったから。その時、一緒に見た友人も誘ってみたけれど、忙しくてNG。ということで一人で。
前から4列目の通路側という、とても良い席だった。舞台中で演出上、目の前に原田泰造さんが座り、間近で見る事が出来た。結構ガタイが大きくて、お顔も舞台むきの大きさで、迫力があった。この人って、なんか独特なオーラがあるというか、存在感があるよね。笑顔や振る舞いに余裕があるし、今回の役にもピッタリ。
正直、面白かった(笑)。リズム感あって、役者陣も息があってるし。演出も面白いし、勧善懲悪で昭和のコントの世界の様な暗黙の了解の世界が、なんとも言えず、スカッとして、楽しめた。
『ウルトラマン』のハヤタ隊員役だった黒部進さんは、老齢ながら、矍鑠とした会長役で、ウルトラマンの変身のギャグも入ったり、それに絶妙に対応する真琴つばささんの演技がまた面白い。中村中さんの作曲・歌も聞けたり、星野真里さんが可愛くて仕事熱心なヒロイン役がまたぴったり。佐戸井けん太さんと伊藤正之さんのオヤジーズも、完璧なリズムで感心しました。足立理さんのゆとり世代のIT好きの若者、中別府葵さんのトリッキーな娘が、異彩を放っていました。木村明浩さんの元バブリーな大阪人のキャラがそのまんまでわかりやすかった~。演出の後藤ひろひとさんも出演してて、独特な空気感を出してました(笑)。
西ノ園くんは、今回はメインじゃないですが、重要なポジションでしたよ~^^ 相変わらず安定した存在感で、いつ見ても安心^^
帰りに楽屋へ寄って挨拶してから帰りました。

|

« 立山・長野・白馬 | トップページ | 今年の誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/52251332

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン無責任新世代:

« 立山・長野・白馬 | トップページ | 今年の誕生日 »