« モーグルの世界 | トップページ | 東日本復興支援Tシャツ »

2011/06/16

染谷花しょうぶ園(菖蒲)

今日は水墨画サークルの生徒さんと一緒に、「染谷花しょうぶ園(菖蒲)」へスケッチに行った。
皆さん、外でのスケッチは初めてとの事。観察する事も勉強になるし、対象物を良く知る事で、作品にも深みが出ると思うので、懇親会がてら。
私も車を出して、3台の車で出発。曇りで雨も我慢してくれてちょうど良い天気だった。
ナビでは「染谷植物園」と出ていた。
料金は各種サイトでは400円とあるが、平日は75歳以上が200円で、それ以外は500円。休日は料金が違っていた。
つい3日前は、まだそんなに咲いていなかったらしい。今日は一番の見ごろだったよう。
Sbsh0533
花菖蒲にこんなに種類があるとは知らなかった。300種類15,000株もあるとか。
日本らしい品のあるものから、カトレアの様な洋風なものまで。色も紫だけでなく、白との混合や、ピンクに黄色。本当に美しくて感動した。
Sbsh0534 Sbsh0536 Sbsh0537 Sbsh0538 Sbsh0539 Sbsh0540 Sbsh0541
最初は、皆さんはスケッチをする勇気がないようだったので、私がスケッチを始めると、皆さん安心してスケッチを始めていた。結構、集中して描かれていた。
どんな風に描けばよいかわからない、ということだったので、スケッチだから観察で良い、と、自分の2種類の太さで描いたそれぞれのペン画に色鉛筆で色を乗せた物を参考にお見せした。
写生なら、作品として意識すると良いが、今回は菖蒲の花がどの様になっているかを観察し、そうすると、作品を描く時には、自然と絵に説得力が出てくる、と説明した。
園の中の茶屋で、皆で「あんみつ」や「ところてん」などを食べた。
お店で売られていた練り切りも菖蒲のデザインもあって、涼しげ。
Sbsh0542

菖蒲を一鉢、購入した。庭に植えて、来年を楽しみにする。
生徒さんの内の一人が笹チマキを作ったということで、皆さんで移動。
珍しい物を美味しく頂く。
その後、サークル長(私の書道の先生でもある)宅へ伺って、神社へ奉納する灯篭の絵を選んだ。神社へ行き、神主さんへ奉納してきた。
来月から2週間余り、夜になると点灯される。

自宅のルイーズ・オーディエを5月に植え替えたが、花が勢いよく咲き始め、玄関先で素敵な香りを振りまいてくれています。
Sbsh0530

|

« モーグルの世界 | トップページ | 東日本復興支援Tシャツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/51962663

この記事へのトラックバック一覧です: 染谷花しょうぶ園(菖蒲):

« モーグルの世界 | トップページ | 東日本復興支援Tシャツ »