« 灯篭用の絵 | トップページ | 今日のプリザーブドフラワー »

2011/06/10

ジュエリーと「ヨリモ節電講座」

昨日。夕方出かけて新宿京王デパートへ。
約8年前くらいに、ふらりと寄ったデパートで、ジュエリー・フェアをやってた。何気なく見て回っていたら、既製品ではない、ひときわセンスの光る作品が並んでいた。自然の草花を金で細工したような作品。
その時はブルートパーズとゴールドの指輪を買った。
P1000844
(この時は他店でも、かなり散財した・・・)

名刺をもらったら、その作家さんは、なんとご近所さんだった。
ご縁を感じちゃうわ。
その時、近所のカフェでサイズ直しをした指輪を受け取る際に、めったに人に相談したりしないのに、恋愛の悩みを真剣に聞いてもらった、なんて事があったなあ(笑) だから恩もあって、毎年、年賀状は出させていただいてた。
時々、イベントのお知らせは来てて、先々月のイベントは行きたかったのに、急遽行けなくなり。
それで、今回は、調度出かけるついでもあったので、行けた。8年ぶり!
魅力的な作品ばかり。最初は、数万のモノ以内で気に入ったのがあったら・・・と思っていたけれど、見てしまったら、その魅力に引きずられました。
何種類もつけたり外したり。
彼女がずっと出すのを数週間忘れていて、私が来る前に、そういえば、と思い出して出したというネックレスを買うことになった。桁が違うから迷ったけれど、うーん、これは買っておこう、と思い。少しベンキョウもしてくれた。

これだからお金貯まらないんだ(笑)。前に紹介した「お金が貯まらない人の悪い習慣39」で「自分にご褒美を買う人」が、その人の習慣に入っていたな~。これは止めればいいことじゃん?と思ってたけど、止められないのであった。
しかも、交通費とか、映画の数百円とか、1000円までの単位だと、細々と計算したり、日々の生活費を1円単位で管理したり、福袋は欲しくない物を買うなんてストレス!ムダ!とか言っているくせに、これが万単位になると、とたんに麻痺するのだ。
特にもう一つ桁があがると、すでに思考停止。
「良い物で気に入ったものを長く使いたい」という願望を満たそうとすると、自然と高くなる。
自己投資モノなども、然り。勉強にはカネかけちゃうな~。

まあ、そんな言い訳したって仕方ない。このジュエリーとは良い出会いでした。
この石は「パライバ トルマリン」という希少な石だという。蛍光色を放った、魅惑的な石。
P1000841

http://www.houseki.jp/tourmaline/paraiba.html
こちらから石の説明をコピペ

トルマリンの中でも一際高評価を受けるのがパライバトルマリンで、中国の九寨溝の湖や、南国の海の色を思い出させる青緑のネオンのような独特のテリがあります。1989年以前から、このような色合いを呈したトルマリンは世界各地で産出されてはいたのですが、非常に小粒で品質が悪かったため、あまり取り上げられる事がありませんでした。銅による影響を受けるとパライバトルマリンのような鮮やかな青緑になるのです。

1989年以降、ブラジルのパライバ州から良質の結晶からカットされた宝石が世界の宝石市場に供給されると、従来のトルマリンと比較できない程の優れた価値を認められ、産出地であるパライバ州の名前が与えられました。採掘された当初は、採掘権をめぐって、裁判になりケースが相次ぎ、10年近くもまともに採掘されない状態が続きました。宝石市場でパライバのトルマリン鉱脈は枯渇してしまったとのうわさが根強く流れているのは、発見以来の10年間、主に鉱区の所有権を巡る争いが長引いて殆どまともな採掘活動が行なわれず、原石の供給が止まっていたと言う事情が背景にあります。そのため、良くも悪くも価格の高騰に拍車をかけました。
トルマリン自体は世界中で産出されるますが、銅成分を大量に含んだ『パライバトルマリン』の産地は、ブラジルの狭い地域(パライバ州とその近郊)に限定されます。その供給量は年々に減少を続けており、既に枯渇したとの噂も囁かれる程です。そのため、1ct単位の価格では最も高い宝石となっています。希少性と人気によるものです。

また、最近ではナイジェリアでも産出いたしますが、これは昔の大陸移動前の地形で、ブラジルのパライバ州と非常に近い場所にあったためと推測されていますが、ナイジェリア産は、加熱をしてあの美しい色を出しているため、全く別の扱いになります。

そして、彼女がメールで曰く、
「ブラジルに一年の半分住んでらした、不思議な感覚のおじさまから分けて頂いた、小さいですが貴重な石です。そこのお店は、代替わりとともに、閉めてしまったので、最後の仕入れで入ってきた石だったと思います。」だそう。
なんか、新しい流れが来そうなパワーを感じます!

他の出店を見る欲求を抑え、ギリギリなんとか間に合って、有楽町の東京国際フォーラムで、ダンナと待ち合わせ。
ヨリモ節電講座「みんなの力で夏を乗り切ってやる!」
0609deki_3
に参加。環境省も特別協力。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13849

Sbsh0504


最初は、東京大学准教授 岩船由美子氏による、基調講演。PPT(パワーポイント)資料を元に電力について詳しい説明をしながら、企業では、家庭では、どのような節電を目指すべきかといった話し。

その後、パネルディスカッションで、同氏と、埼玉県地球温暖化防止活動推進センター事務局長 秋元智子氏、節約アドバイザー 和田由貴氏の3人対、日テレのアナウンサーの西尾由佳理さんの司会進行で、具体的な節電対策を語る。
・室外機を壁から、ホースが抜けないように気をつけて離すと2割位減る。
・フィルターの掃除は必須。カビの原因にも。突然クーラーを消すと結露になって、それがカビになるので、消す10分前は送風にしてから消すとよい。
もちろん、クリーン機能付きがお勧め。
・ダウンライトは、かなり電力を食う。LEDへ。
・調光型など、LEDが使えない器具もあるので注意。
・昔の生活へ
 - 家の周りに木を植える。
 - 夕暮れに打ち水。
 - 耳で涼しげな音(風鈴や、水の音など五感で体感温度は下がる)
・窓に断熱シート。窓からの熱が非常に高い。
・オフィスでは
 - 空調負荷を減らすことが最も大事。
 - 全体照明は避ける。
 - PCのスリープ機能の活用。節電になるソフトをインストールなど。
 - 朝、窓を開けて風を通してから、エアコン。
 - PCの熱や、電球の熱が下がるだけでも、空調の負荷を下げられる。
 - 服にファンが付いている空調服なる物もある。
・熱射病対策
 - マイボトルに氷を入れて手元においておく。
 - 地域で涼しい場所を作って、そこに集まる
・電気はたくさん使えば使うほど単価が上がる。今まであまり節電をしていない方にとっては、少し節約するだけでも、著しく料金が下がるかも。
・毎月来る電気料金のお知らせに、去年の使用量が書いてあるので、それと比較。
・自治体によっては、15%カットを実現した家には商品を用意するところも。
・CO2削減が実は急務(私もそう思う・・・)。でも、日本が今、異常時だから、化石燃料を燃やしてCO2を増やしてしまう現状になってしまっている。
いずれにしても「節電」は将来の資源の枯渇を防ぐためにも、考え直さなければならない。
・ライフスタイルを見直す機会に。ガマンというより、前向きに捉えよう。

といった内容。
その後、スーパークールビズ ファッションショー。途中で出ました。

Sbsh0505

今年の年賀状に「駅では階段を使います」と宣言したのが、図らずもエスカレーターはストップする所も多く、運動には良い環境になった。

今回のフォーラムでちょっと気になったのは、アナウンサーさんのテンパリ具合(笑)。進行は一生懸命テキパキと進められていたが、早口で話すから、同じ言葉を繰り返すわ、何度もつっかえる、かむ、さらにイタダケナイのは「えー、あー」が多いし、人が話している時の相槌の声を入れすぎるし(うなづくだけにして声はなるべく入れない方が。耳障り。)、前髪がたれているから何度も首を振り上げてて身だしなみがNGだったし、局アナとしては残念な状態だった。NHKのレベルに比べると、民法って「話す」技術は教えてあげないのかしら?思わず「落ち着け~!」と願うようにつぶやいて自分の事にようにハラハラしちゃったわ。今後に期待ですY(^_^)Y

まあ、それはさておき。
帰りに赤羽で焼肉。腹八分目で、お腹も節電?
Sbsh0506

今朝早速、外にあった人感センサーをもう一台家の中の階段に置き、電球も外した。電気がなければ点かないし。

このフォーラムに応募したのは、ダンナの意識を変えて欲しかったから。3回言って出来ることと、どうしても無意識に必要ない電気を付ける、消し忘れ、というのは、無意識でやっているから、せめ顕在意識自体に刺激を与えて、感情と共に記憶に残れば潜在意識も変わるから、何か良いきっかけを狙いたかった。
案の定、洗脳成功(笑)「我々も節電しなければ!」と意気込んでいた^^

最後に、「緊急節電」というサイトで、自分の顧客番号を入れると、今までの電力量もわかるそうです。ご利用ください。
Logo_kinkyu_2

|

« 灯篭用の絵 | トップページ | 今日のプリザーブドフラワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/51904794

この記事へのトラックバック一覧です: ジュエリーと「ヨリモ節電講座」:

« 灯篭用の絵 | トップページ | 今日のプリザーブドフラワー »