« 真っ赤な薔薇 | トップページ | 芍薬 »

2011/05/19

交流会

昨日、某ビジネスパーソンが集まる某会(笑)にご招待いただき、六本木にあるコーヒーハンター へ。世界初のコーヒーセラー。コーヒー豆をボトルキープならぬ、豆キープが出来る。名前が箱に書いてあった。
私は六本木豹柄スタイルで浮きまくってたけど。
久々に会えた人もいて、改めて名刺交換。
いつも先にレクチャーが始まるけれど、先にパーティ。今回は大使館づきのシェフの方がチリ料理を提供。チリ料理=辛いと思っていたら勘違い。甘みがあっておいし~。
さらに、ラム酒のロン・サカバの紹介がてらボトル提供してくれる人。私は8杯は飲んだんじゃないかな~(笑)フルーティで甘い葉巻も合いそう。
Sbsh0458
そして、もちろんコーヒー。これが、感動しました・・。こんなに美味しいコーヒーは信じられない。いやー、今まで本当に味わったことがない味なのですよ・・・。
ビンを空けると、プシュっと音が。酸化防止がされている。その豆を利用するので、まったく酸化していない豆というのは、初めてなのかも。最後に豆の説明があったので、2つペットボトルの方の豆を買いました。
Sbsh0457 Sbsh0459 Sbsh0460 Sbsh0461

そして今回のゲストによるレクチャーは「原子力、放射線、これからの日本のエネルギー政策」について。
原子力や放射線について改めて学べた。私は疑問はどんどん質問しちゃう方なのだけど、ラム酒の勢いでさらにがっつり質問してしまったけど、知りたかったことはガッツリわかった^^。
彼の自論も含め、これからのエネルギー政策は地熱発電とのこと。設備利用率も70%と意外と高い。

気になったので、地盤沈下はないのか、地盤のずれによる水位の低下はないのか、原子力に比べてインテリジェンスなコントロールは出来るのかなど、質問してみたけれど、まあ、とどのつまり原子力よりは安全でしょ、ってことで^^。

私的には、あと数十年くらいは、引き続きLPガスで災害に強い家にしたい。オール電化は以前から抵抗感はあった。
実は、2月位に、オール電化の危うさを色々と調べてて、電力ストップしたらダメじゃん、と結論付けて、LPガスを続ける事にしたのだった。太陽電池も蓄電できないというのも、その時知った。夜電気が使えなかったら、節電というより、あまり意味がないなあと。
蓄電技術がもっと発達すれば、世界は変わるんじゃないかなと思っているけど、蓄電はかなり難しいらしい。
たぶん、画期的なエジソン並みの開発が出来るんじゃないかなと思う。
とはいえ、電力会社の利権とかで、進まないかもね。
子供っぽく、未来の夢、みたいな町を描くとしたら、日本中の建物に太陽電池がついていて、効率良い蓄電池が各町にあって、自給自足。
でもねえ、その前に、CO2の恐ろしい影響で、外に出られない事になっちゃうかもねえ。それこそ、自然被ばく状態で・・・。先にCO2をどうにかするのが、本当に先決なのかも。

因みに、外部被ばくはあまり影響力はなく、内部被ばくは大問題だそうなので、食物で取り入れるのは危険、だそうです。子供たちが遊ぶ運動場に降り積もった放射能物質が舞い上がって、体に著しい蓄積になるので、あの担当者が号泣しながら退任したのだ。

いまさら国民はパニックにはならないのだから、もっとヤバイ情報もちゃんと出してほしい。でも、風評被害とのバランスが難しいのかな。。。それは、ある意味パニックを生み出すのかな。政治家って、こうやってバランスに悩んでいるのかな。

|

« 真っ赤な薔薇 | トップページ | 芍薬 »

コメント

>れいちゃん
マンションは電気で水をすいあげるもんねえsweat01 うちは一軒家だけど水を送るポンプがやっぱり弱くなってた。原発の騒ぎで水道水がNGだったりもしたね。まあウォーターサーバーがあるから、ペットボトルも買わなくて済んだけど電気が停まるのは本当に不便だよね。
少子化に拍車がかかりそうな状態だよね・・・。

投稿: あけはむ | 2011/05/22 09:28

私もオール電化ははなから気に入らないなー。
昔はよく停電したもんね。

とはいいつつ、電気止まると温水でなくなるし、マンションだと水も出なくなるしかなり電気に頼っている生活ではある・・。

原発は・・・もうねなんというか大人はしょうがないという気がするんだけど子ども達と妊婦さんは何とかして欲しいよね・・

投稿: れい | 2011/05/21 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/51715290

この記事へのトラックバック一覧です: 交流会:

« 真っ赤な薔薇 | トップページ | 芍薬 »