« KOOZA クーザ | トップページ | まる4年 »

2011/02/22

しんこく

深刻な申告。なんつって。
かくてーしんこく、行って来ました。
私のバイブル。
きたみ りゅうじ さん著
「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」


これは本当にわかりやすい税金の本ですヨ。マニュアル系の本は沢山あっても、節税や、申告する際の細かい所作、やってはいけないことは当然として、これはテキトーでいいんですよ、的なやっていいこと、などのぶっちゃけ話を、著者が有名な税理士(名前を出さず)にインタビュー。
なにより、この本は、読み物としてひじょーに面白い。笑ってしまいます。だから何度読んでも楽しい。イラストもかわいい。
元プログラマーという経歴を持つきたみさんが分かりやすくも、同じ目線で書いてくれている。
最後、税理士に言う「腹黒くなりました」の一言に爆笑。節税(脱税じゃないよ)のための、生きる知恵ってところですかね。
2005年に初版で、私が2年前くらいに買った時にすでに11版だから、相当売れていそうです。面白いもんね。
副業をしてるサラリーマン、とか、サラリーマンの人でも控除について知りたい、という人にもピッタリ。細かい所を面白おかしく書いてます。マニュアル本だと、実は本当に知りたい事が書いてない、著者もそれを知って、この本を企画したそう。

話は変わって、個人的には、E-taxは会場へ行って使いたい。自宅でやるより、会場へ行けば若い税金に関わっている人とか、無償で参加している税理士さんとかに質問できるし。

因みに最近の知識として、源泉が0だと、医療費控除をしても意味ない、と思っていたら大間違い、ということ。
以前、申告しにパソコン打っていたら、前に座っている女性が、源泉が0だから申告しても意味がないと担当のオジサンに言われていて、かなりショックを受けていた。
そりゃそうでしょう・・・・、還付金の意味を知っていなかったのかあ、でもカワイそうに、とちょっと同情したけど、今回、色々と調べたら、住民税が安くなるんだってね。
で、先日市役所へ行ったら、申告したあとダンナの源泉徴収票を持って役所に来るようにと、その記入用の用紙を後で送ってきた。
そして今日、申告するためパソコン入力いていたら、私の担当だった若い国税局の男性が、ここで手続きできますよ、と。
え、役所へ来て申請するように言われたんですけど、「いや、ここでやれば、電子通信で後ほどこちらから市役所へ報告するんです。まあ、直接行くより、私たちの手数は少しかかりますが」と笑いながら教えてくれた。
なーんだ。「すみません~、ありがとうございます~」と感謝の言葉をかけつつ、まあ、紙での申請より、こちらで入力して通信で報告する方が、結果的に手数はかからんだろう、と思いましたが。
役所へ行く時間がなくなってきた、また別の日に・・・と思っていたので助かった。
その他、ちょっと知恵を頂いちゃった。
もう少し勉強しよう。

あーあと、申告用の16桁の番号を打つと(一度行けば、その番号をもらえる)、住所などの個人情報をいちいち入れなくて良い。だけど、暗証番号を忘れてしまう人が多いいそう。
私が、自分のもダンナのも勿論覚えていますよ、どちらかなんで・・・、と2回ほど入れてすぐにヒットすると「さ、さすがです!」となぜか感動しているから、「暗証番号は普通覚えているでしょ~」と言うと「いやー、それがまったくそうでないんですよ・・・」
と言っているうちに、その男性の担当しているもう一人の、私の隣に座っているオジサンが、「あ!暗証番号が出てきた」と紙を見せていた。その国税局の若い男性「いや・・・最初の(ログインする)時じゃないと、意味ないんです・・・」
もうオジサンはほぼ終わりに近い頃だった。
ということで、申告する時は、印鑑と暗証番号は忘れずに。16桁の番号はわからなくても、一度登録すれば、住所や電話番号で検索してくれます。

|

« KOOZA クーザ | トップページ | まる4年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/50943724

この記事へのトラックバック一覧です: しんこく:

« KOOZA クーザ | トップページ | まる4年 »