« 茨城のカフェ | トップページ | ネオ危機一髪! »

2010/09/03

ベタとネオンテトラ

日曜日、茨城から帰って、二人で家の掃除をしたりなどして、落ち着いた所で夕方、前から飼いたかったベタを一人で買いに行った。
ペットショップは、結構混んでて、なんとかお兄さんを捕まえて、初めてなので、何から何まで1から教えてもらい、必要な物を揃えた。
ベタはエラ呼吸だけでなく、ラビリンス器官といって、空気呼吸できるので、口を水面に出して口からも酸素を取り入れられるから、よく、小さなビンで飼っているのも見かける。
ペットショップには小さな10cm四方のベタ飼育用の水槽(というか、透明な箱?)もあったけれど、追求型の自分としては、それなりの「観賞できる水槽」が欲しかったので、一式そろえた。
色々と揃えてきたのを見たダンナは「やっぱりそこまですると思った」と確信があたったかのように言った。

水草を買ったが、店員さんが入れ忘れたようで、とりあえず、セッティングだけでも一仕事だったので、ジャリだけの水槽をベタが元気よく泳いだ。

これがベタ。美しい碧い色に、赤くて長い胸ヒレ。一番元気そうなのを選んだ。
P1000351

火曜日に水草を取りに行きがてら、飾り用の穴の空いた石と、ネオンテトラを5匹買った。
P1000350

同じようなひらひらの魚だと、闘魚だけに、攻撃して死なせてしまう可能性があるし、かといってあまり小さいと食べられてしまうので、テトラの中でも大きめのを選んでもらった。

入れると最初はエリアをわけていたが、段々とお互いに慣れて行って、テトラもさほど逃げなくなってきた。ベタは混泳には向かないらしいけれど、テトラが5匹というのが調度よかったかも。フィルターも少し水の動きがあるけれど、そこもお気に入りみたいで、チョロチョロとした水の流れの間に行って休んだりして、気に入っているみたい。
P1000352

ベタは、「フレアリング」といって、他のオスを見ると、ヒレやエラを最大限まで広げて体を震えさせてに威嚇し合う。これをやらないと、ヒレがくっついていき、観賞魚としては、美しさにかけてくるらしい。

それで、1日20分ほど鏡をみせてやる。このベタちゃんは、エラをエリマキトカゲのように、前面に広げて、顔を一回り大きくさせて、攻撃する。
ベタってじっとしている事が多い、とあったけど、このベタはテリトリーの見回りか、一か所に止まったと思うと、周りを巡回して良く動く。
水槽も何とかサマになった。
P1000348

ただ、やっかいなのは、暑さのせいで、クーラーをつけていても、うちは28度程度なので、実際室温は30度近いようだ。ライトの影響もあるのか、水温が32度位までいってしまう。朝起きてもそのくらい。今年は本当に猛暑、熱帯夜なのですね。
28度が一番快適なようだけど。冬用にヒーターはつけたけれど、まだまだ活用は先になりそう。
仕方ないので、時々、アイスパックを浮かべて温度を下げる。でも32度でも、皆さん元気ですけどね。

買うのを反対していたダンナは、癒されるといって、夢中になって見るようになった。
いや、本当に癒されるんですよ。見ていて飽きない。
テトラは人格的な感覚は感じないが、ベタは非常に表情豊かで、面白い。
2、3日で水槽に近づくと、ベタも近づくようになってきた。

|

« 茨城のカフェ | トップページ | ネオ危機一髪! »

コメント

>REIさん
熱帯魚でーす^^
たぶんまだ許容範囲かもしれないね。
好きだから、いらないというのかもね(笑)

>やぶたろうさん
魚の名前って不思議なのが多いね!
寿命はだいたい、1年半くらいみたいです。底を掃除してくれる、ハラハラキャットという小さいナマズが欲しいかな~

投稿: あけはむ | 2010/09/04 15:33

タイトルからお魚さんだとは想像しませんでしたcoldsweats01 ベタもネオンテトラもどちらもとてもきれいですねshine お魚はじっと泳いでいるのを見ているだけで癒されますね。みんな長生きしますようにhappy01

投稿: やぶたろう | 2010/09/03 23:10

途中まで何の生き物だかわからなかった^^;
魚だったのかー。
熱帯の魚なの?多少は水温あがっても大丈夫なんだね~。

いらない、っていう人ほどはまるよね(笑)

投稿: REI | 2010/09/03 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/49336949

この記事へのトラックバック一覧です: ベタとネオンテトラ:

« 茨城のカフェ | トップページ | ネオ危機一髪! »