« ベタとネオンテトラ | トップページ | コリドラス・ピグミー »

2010/09/05

ネオ危機一髪!

と、ゆーてもマトリックスではありません。
昨夜、仕事から帰ってくると、水槽を大きなアイスノンで囲ってあった。酒を飲んでいい気分で転がっているダンナが、「6時くらいに見たら、35度くらいまであがってたから冷やしてみた」という。
すでに温度は28度くらいになっていたので、アイスノンを外した。
しかし、ベタっちは相変わらず悠々と泳いでいるけれど、ネオンテトラが5匹とも水面でパクパクしている。
電気をつけていなかったというので、水草の光合成がなくて酸素不足?一見温度はさがっていても、水温は高い?
とりあえず、水温を正常にしようとなって、1/3くらいポンプで抜いて新しい水を入れた。
すると、テトラは底に沈んでおとなしくしてる。でもなんとなくいつもと違う。
で、お腹が空いているかな?とまたエサをあげる。
水面に来てパクパクやっているんだけど、どうもエサは食べていないっぽい。
で、やはりずっとパクパク。しばらく様子を見ていたけど、状況は変わらないので、このままにして朝起きたら、全部死んでたなんて事になることを避けるため、ネットで検索して調べまくった。
どうも、エサやフンによって有害なアンモニアに変わって、水質が悪くなってしまったかもと考えた。水はそんなに汚れていない気はするけれど、下から見ると水面に油膜のようなものが張っている。
バクテリアもまだ1週間位では育っていないだろうから、バクテリア液を入れても、すぐには改善されない。
で、毒素を薄めるため、3/4くらい、またポンプで水を抜いて、カルキ抜き液を入れた水を足した。すると、すぐにテトラは下にもぐって元気に泳ぎ始めた。
水面も油膜は無くなった。お風呂に入ったり、歯を磨きながら、ちょいちょいチェックしても、良いカンジなのでやっと就寝。一晩、電気を付けて酸素作成も。亜硝酸塩濃度を計る用具が必要かも。

2時近くになってしまった・・・。

朝6時に起こされる。テトラは元気だった。良かった~。危機は脱出。

で、ダンナと約束していたサイクリングへ。7時20分に出発。
用水路にサイクリングロードのような緑いっぱいの道が続いている。自然公園まで1時間漕ぐ。少し休んでまた帰宅した。調度2時間。
さすがに、寝不足、運動不足で疲れた。
でも、程よく曇っていて、心地よい汗がかけた。

|

« ベタとネオンテトラ | トップページ | コリドラス・ピグミー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/49355003

この記事へのトラックバック一覧です: ネオ危機一髪!:

« ベタとネオンテトラ | トップページ | コリドラス・ピグミー »