« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/30

原始家族フリントストーン50周年

Flintstones10hp

Google になってる~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/27

パソコン売れた

土曜日、所用があって午前中に浅草へ。帰りにスカイツリーが見えた。
Sbsh0135

さて先日、新しいPCのDELLちゃんが来てから、セッティングも済み、マウスの方のリカバリーをするものの、うまくいかない。残り13分というところでストップしてしまう。
マウスのサポートにかけても、どうも、担当者の方の経験不足っぽさから解決できない。そういう画面は出るはずない、という一点張り。いや、出てるんだから・・・。
で、ハードの問題があるかも、有償で修理、と言い出す始末。
いや、そうではないと思うので、それ以上のサポートは断る。

次の朝、仕切りなおして、自分でMSのサイトでXPの再インストール方法を見ると、マウスのサポートでは何度もエンターを押してと言っていたけれど、それをすると、エンターじゃなくF8を押さなきゃいけない画面で、エンターをガンガン押しているからだめだという事に気付く。
しかし、なぜだか、インストール中にPCが何度も勝手にダウンしてしまう。

もう、メーカーへのリサイクル行きか?と手詰まりしたので、タロットカードで占ってみた(笑)

そしたら、リサイクルは損するだけ。リカバリは必ずうまくいくし売れるが、少し時間を置いたほうが良い。となったので、一旦リカバリはやめて出かける。

夕方帰ってきてから再チャレンジしたら、今度はスンナリ行った^^。しかもPCの調子も戻った。今年の夏は暑かったしねえ・・・。

で、3週間前に2万円で買い取ると電話がかかってきていた店に電話すると、どうも前回も聞き取りづらかったけれど、中国人の方のようだった。何度も「え?」と聞き返してしまった(笑)
前回の話をすると、1000円くらいでしか買えない、場合によっては処分費がいるとかに話が変わった。なので1万円で買い取る処があるからいいです、と断ると、そんな処があるはずがない、と主張し始めたので、きっぱり断った。
で、メールで返事が来ていたので改めて問い合わせる。1日待ったけれど返信が来ないので電話で受付の方に返信をお願いしたりして、ゆっくりメールでやりとりして月曜日に来てくれることに。お店のお仕事だと、なかなかPCは見れないのでしょうね。
当初の条件は持ち込みだったけれど、雨の中、出張買取してくれた。
ちゃんと昨日、ダンナと綺麗に箱詰めしておいたので、そのまま持っていった。

1万円くれた。
やー、よかったよかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/26

岡本太郎美術館

岡本太郎美術館で「太郎と踊る」というコンセプトで、美術館でダンサーさんたちが踊るというイベントにご招待いただいて、ダンナと行って来ました。

最近、鍼灸医から毎日一万歩は歩くように言われているし、車ではなく電車で。

向ヶ丘遊園駅から生田緑地まで歩いて17分とかなり歩くところ。到着してから、さらに奥に進み、パワースポット並みの杉林の中を歩いて行くと、美術館がある。
Sbsh0137 Sbsh0138 

ダンサーさんたちは、「広崎うらん」さんたちと「珍しいキノコ舞踊団」。キノコさんは同じ日芸で、ダンナと同世代なので親近感を感じた。アセロラ体操でも馴染み深い。
広い美術館のホールで岡本太郎の作品との自由な表現で楽しめました。

その後、チケットで美術館内も鑑賞できたので、岡本太郎の作品を楽しむ。彼の話している映像などもあった。本当にいろんな事をしているなあ。今の時代は、細分化されてしまっているけれど、自由に何でもやりたいことをやる、という想いに元気が出る。

TAROカフェでハンバーグやサンドウィッチを食べる。ここのコーヒーが激ウマイ!生キャラメルもとろける美味しさ。

それから、園内にある「日本民家園」に入場。人形浄瑠璃もやっていたので見たかったけれど、ちょっと時間があわなかったので諦める。
スタンプラリーをしながら民家を見ていく。これらがなかなか見ごたえがある。
ここで生活をしていたのかあ、と各家々で想像するとワクワクする。実際に使われていた民家を移築してきた事にも感動。
水車小屋も動いていたり、ボランティアのサークルが藁でカゴを作っていたり、囲炉裏で火を炊いていたりもする。
Sbsh0140 Sbsh0141 Sbsh0143 Sbsh0144 Sbsh0145 Sbsh0146      

途中でトイレに行きかけたけれど、やっぱり止めておこうと思って出てくると、ダンナが「どうしたの?止めた方がいい感じがしたの?」と言うので、「うん、なんかここで入らない方がいいような気がする」
と言っていると、前から振り付け師の香瑠鼓さんが歩いてきた。思わずワーと声をかけて、お話をして、今度のイベントは行けないことを伝え別れる。
「トイレに行っていたら会わなかったんだね」とダンナが言うので、深く頷きながら目を見合わせた。

園の奥から入ったので、最後に入り口にある展示場で、古民家の様々な間取りがあり、じーっと見ていたら「帰らないの~?好きだねえ(間取り)」とダンナに促される。

家に着いたら調度、1万歩になり携帯から「チャッチャチャー♪」とファンファーレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/25

ショートボブに変身

金曜日、アロマティストNさんと新宿の高野フルーツパーラーでバイキングランチ。
ある編集者さんをご紹介して、雑誌で連載をしており、そのお礼とかで、ご馳走してくれました。
久々に、ものすごい食べ過ぎた。どれも美味しいし、コーンスープがいい。オムレツもその場で焼いてくれて美味~。

お互い原宿に行く用事があるとわかる。Nさんはワインの試飲会に二人で行きたいというので、私は、まゆげサロンの予約を早めて一緒に原宿へ。
久々に原宿の駅で降りる。
まゆげのセットをしてもらっている間、Nさんにはソファーで待ってもらって、その後、ワインの試飲会会場へ。
Sbsh0134 Sbsh0132 Sbsh0133   
ローヌ地方のワインが何種類も。私はその後もあったので、2杯くらいにしておいた。
Nさんは8杯は飲んでいたでしょう!

その後解散して、私は美容院へ。2ヶ月ぶり。
前回は数年ぶりに前髪を少し作ったけれど、やはり結べる、夜会巻きが出来るくらい、など未練があったけれど、今回は、スッキリしたい!前髪も手で掻き分けなくていいようにしたい、下を向いても髪がたれてこないようにしたい、カジュアルではない、といったことを伝えてあとはいつも通り、Jさんにお任せ。
彼女との付き合いも10年以上だから、気心しれているので安心。

そして、彼女の応えはショートボブ!前髪はアンシンメトリで変化があり、スタイリッシュでカッコイイ。髪が。
目の印象も強くなるし、もちろん小顔効果もあり。

夜、すし屋の前でダンナと待ち合わせをしていると、向こうからダンナが半分笑いながら近づいてくる。
似合うといっておきながら、酒が入ったとは、短くしちゃった、とか、長い髪がいい、とか言っていた。
そして、寝る前に笑いながら「お休み、ワカメちゃん」
だから、笑っていたのか。

おかっばじゃないー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/22

親、来たる

月曜日、祝日。結婚してから初めて、両親と姉と姪が家に来た。
金曜日から今まで手付かずだった写真整理も手を付けて、土日は彼女が来る準備みたいにダンナがいそいそと掃除をしたり、窓を拭いたりしていた。私の方は緊張していたけれど、ダンナは楽しみにしていた。
当日、午前中、花壇で伸びすぎたツタも何とかしたいと思っていたが、掃除をし始めたらとまらなくなって、汗だくで刈り取って、急いで花を買ってきて植えたり(笑)

そして来るまで、ソファーに二人座って瞑想。
来たとたん、4人がいっぺんに話すので、キター・・・・という勢いにのまれた。
お家を案内して、何か言われるかと思ったけれど、感心したり、褒めたり、懐かしいもので盛り上がったりと、意外と好発進。
お昼は早めに済ますとしていたが、手作りの2種類のプリン(ホイップクリームのせ)や、ストロベリーパウンドケーキや、型抜きクッキーでおもてなし。姪の好きなネコちゃんも。前夜に製作。
Sbsh0125
少しお腹が空いていたらしい。母が何も出ないかもと心配していたら、姪が「バアバの娘なんだから、何も出ないはずがないでしょ!」と言っていたらしく、孫の言うとおりとなったと喜んでいた。この意味は、娘だからというより、「バアバという完璧な人の娘だから」というバアバを褒める意味だから喜んでいたわけ。

で、おしゃべりをして、姪に買っておいたプレゼント、レンジで作れるスイーツ消しゴムキットや、ジェンガをあげる。
うちも期間限定の富良野ワインや、メロン、巨峰、梨、姉の手作りのポテトサラダなど、お土産に頂く。
それから、近くにある映像館や科学館へ車で行く。科学館は大人も楽しめた。
夜、予約してあった鰻やで食事。メニューも頼んでおけばよかったが、45分くらいかかってしまい、母の怒りが出てきたので、皆ハラハラしたが、美味しかったのでクールダウン。

余ったクッキーやパウンドケーキをラッピングしておもたせ。

なんとか、皆、楽しそうに帰って行き、二人で頂いた富良野ワインのロゼで成功を祝い、打ち上げ乾杯♪。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/09/19

DELLでる

頼んでおいたDELLのデスクトップパソコンがやっと届いた。入金してから2週間ちょっとかな。
ハガキで1か月以内に、と書いてあったので、ナガ!思ったけれど。

しかも、明日、親たちが来るので、いろいろと準備しようと思っていたんだけど。
で、結局、仕事から帰ってから、夜中4~5時間かけてセッティング。

元のマウスコンピュータを取り外して移動。
DELLを設置。
まあ、これだけでなんだかんだいって、1時間はかかる。
データなどは外付けハードディスクに移してあるけれど、マウスの方を改めてセットして立ち上げて、セキュリティソフトの移動やら、一部データがProgram Filesにあったので、それを移したり。
アプリケーションのインストールもどんどんとしていき、さすがにADOBEや携帯万能は時間がかかるから今日にまわした。

マウスコンピュータは2年もたたなかったけれど、データやソフトのインストールは何度もしているから、それでも比較的進んだと思う。

にしても、DELL買ってよかった。
マウスは、モニターのジャックがはまりづらかったり、本体も手作りPCの雰囲気が満ちているし。
でも、DELLはブランドを感じさせる、隅々のケアを感じたし、奇麗だし、本体の設計も良くできている。
昔からDELLとは相性がいいから、ながーく活躍してもらいたいわ。
Sbsh0123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/18

渋谷の祭り

渋谷では8月には七夕の飾り。
Sbsh0030

9月には、青森のねぶたが登場。
祭りの日まで飾られていました。
Sbsh0111

18日(土)、轟くような大きな太鼓の音が鳴り響いて、練り歩いていました。
Sbsh0113 Sbsh0114 Sbsh0115 Sbsh0120 Sbsh0122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/17

やっと写真整理

3年余り、結婚後、整理できないでいた写真をやっと8割がた整理できた・・・。
先日、2時間くらいやって、今日は、8時間はみっちりやった。つ、疲れた。。。
自分のブログで確認しながら、どの写真がいつのものか、どこへ行ったか、また、座敷舞のものなど、着物が同じだったりすると、微妙な間違い探しみたいに見比べて確認したり。そうやって整理しながら。
モノによっては、専用のアルバムを用意。
今まで生まれてからある私専用のアルバムはすでに15冊目。ものすごい幅をとっている。
夫婦用のを買って、二人に関係していることはそこに貼る。15冊目には個人的なものを貼る。

あとは、結婚式、新婚旅行、韓国旅行、シャンソンのライブ、とでかいモノが残っているけれど、カテゴリーとして別冊でまとめられるので、一つずつ進められるし。

来年からは年単位とかでデータをためて、フォトブックで管理してもよいかも。頂いたプリント写真もスキャンしたりして。

ダンナが帰ってきて、エライよ・・・!エライよ・・・!と、また呆れているのか感心しているのかわからないが、繰り返していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/15

ネオ昇天

朝、寝ていたら、ダンナが「テトラが1匹死んでる」と知らせてきた。他は元気だよ、とも。
ベタにつつかれていたから、いじめられちゃったかも・・・。
他の子達は、いつにもまして徒党を組んで泳いでいた。
土に返しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/14

アップリケ

今月の花。
トルコキキョウ、利休草、ラン、ワレモコウ。
Sbsh0107

ロベルタのタンクトップ。胸元のシミが取れないので、リボンのアップリケをしてみました~。
Sbsh0108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/13

こわい!!

いきなり大雨と雷!ドピシャー!!!って、怖すぎる!!!ここはどこ!?電気もパチッとかいってるし!
キャー!!と叫んでいる横で、冷静にしているダンナがこにくたらしい~
わー!停電だー!ネットも切れた。復活した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/12

神輿かつぎ

3年ぶりに阿佐ヶ谷のお祭りのお神輿を二人でかつぎにいきました。
自宅から、お祭りの格好で、私は赤い鉢巻を立てて、バス、電車、タクシーを乗り継いできたら、みんな驚いていた(笑)
午後、用事があったのでお昼まで担いだ。
この日は、蒸し暑くて結構シンドイ。でも担ぎ手もたくさんいて、ケヤキ並木を通るのはすがすがしかった。
Sbsh0097
神社へ神輿を入れる前に退散だったので、リーダーのTさんは残念がったけど、今度はもう少し時間をとっていくとした。
まあ、今までまる1日やっててヘトヘトだったので、担ぎ方も工夫しなければ。
赤羽でもお祭りをやっていて、ここでは神主さんが馬に乗って、大きな傘で日よけをされながら先頭を切っていた。各所で色々な特徴がある。
Sbsh0104

ビールもたくさんいただいたので、帰ってから洗濯をしたあと自転車で近くの施設へ。
今度、姪っ子たちがくるので、どこか連れて行けるところを前もって下見をした。
かなり充実した1日に。
ダンナが毎週、何かの形で、体を動かそう、とやる気満々になった。
スポーツの秋、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/10

二科展

また後づけ投稿。
中高の美術の恩師、T先生から招待状をいただいたので、いつもの仲間と落ち合って、3人でT先生に会う。
今回は一緒に飲めなかったけれど、元気そうで、いつも喜んでくれて嬉しい。
今年の先生の作品。
Sbsh0091

工藤静香さんが初の特賞を取ったようなのでチェック。存在感のある素敵な作品でした^^
二科展なので写真撮れました。
Sbsh0090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/07

ネオまたもや危機

昨晩、ネオンテトラがまたパクパク。水質チェックをしたら問題なし。念のため水を代えてもダメ。
で、また色々と調べてみると、高水温になると水中の酸素が水に溶けにくくなるため、酸素不足でパクパクしているとふんだ。
ピグミーも水面にジェット飛行でピューッと突進し、またすぐに水底に戻る。やはり酸素を求めていると思われる。
クーラーをつけるのと、エアーをつけるのと考えたけれど、やはりダイレクトに役にたつのはエアーと判断。
一晩おいても大丈夫だと思って朝見ると、相変わらず、水面近くにいる。ピグミーも水面への突進の回数が多くなってる。

で、ダンナが今日は家にいたので一緒に買いに行った。設置してしばらくすると「なんかおかしいよ」とダンナ。彼も気になって仕方ないよう。
泡が多すぎて、水面泡だらけ。ベタっちは呼吸できる水面が少なくなって大変そう。
ホースを締めてエアーを最小限にすると調度良くなった。
テトラやピグミーは、元通り、自分たちの位置に戻り快適そう。

今度はダンナが「水が緑っぽいのがどうにかならないの」と注文。はー、後から後から・・・。
グリーンウォーター現象になっている。これも調べてみた。
クロレラが空気中から入ってきて、光が当たりクロレラがふえ緑に濁るみたい。ワムシ、ミジンコが魚の糞から発生してワムシやミジンコがクロレラを食べると水は透明にもどるみたいだ。
結局、光を当てすぎると、アオコが増えて緑色になるので、しばらくライトを消灯するのがよさそう。
ただ、時間がかかるし、水草もあるので、アオコ除去剤などで解決もできるみたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

コリドラス・ピグミー

今日は「コリドラス・ピグミー」を5匹連れて来ました。
本当は同じナマズ系の「ハラハラキャット」を1匹買おうかと思ったけれど、ショップに置いてなかった。
ネオンテトラが1匹50円。ピグミーは200円・・・。見た目は逆な感じ。
最初は2匹だけにしようかと思ったが、5匹で900円だったので、テトラと同数だしと思い。
テトラもベタも砂利に落ちたものは食べてくれない。なんてお上品な。
ベタにいたっては、専用の餌を一粒ずつ与えないと気に入らない模様。貴族風な優雅さも兼ね備えるベタっち。
今日のベタ。
Sbsh0055  Sbsh0058
エサが中に残る事で水質が悪くなるのと、魚が増えてアンモニアが増える事のバランスを考えたけれど、魚に掃除してもらって、私がアンモニアに気をつけて状況次第で水を一部入れ替えて毒素を薄めていくことを選択。

ゼオライトの石という赤い石を買ってみた。魚に有害なアンモニアを吸着し水をキレイにしてくれ、イオン交換作用により、水をテトラが好む軟水化してくれる。
この水槽には大きいので、外のコンクリの上でトンカチで割って、2つにわけて入れてみた。

で、ピグミーはこの子。最初、水に入れた時はバラバラに底にじっとしていたけれど、慣れてくるとピコピコ元気よく集団で動いて、石や砂利をなめ始めた。
また、空気を取り入れているのか、ものすごい速さで水面にピュっと直行して戻る。1匹やると他のピグミーも真似する。
Sbsh0056  Sbsh0068

そのうち、テトラとも仲良くなった。
Sbsh0080
テトラも慣れてきて、ここのところ、あまり群れる事に必要性を感じないのか、適当な感じだったけれど、新参者が入り、多少の緊張感か、群れてきた。
笑ったのが、ピグミーの真似をして、テトラも底をつつく事を覚え始めた。
ちょっと色が綺麗に撮れた。
Sbsh0059

2種類とも同じくらいの大きさ。
良く動くピグミーとテトラの間を悠々と泳ぐベタ。ベタは水流が苦手と聞いていたけれど、時々濾過機の水流に体を当てている時もある。
Sbsh0078

水質を検査する検査紙も買ってきて水質をチェック。2200円したけど、バクテリアが落ち着くまでアンモニア状況だけでもチェックしようかと。
そんな事をしていたらダンナが、何事も追及するよなあと、感心しているのか、呆れているのか、ボソっと言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネオ危機一髪!

と、ゆーてもマトリックスではありません。
昨夜、仕事から帰ってくると、水槽を大きなアイスノンで囲ってあった。酒を飲んでいい気分で転がっているダンナが、「6時くらいに見たら、35度くらいまであがってたから冷やしてみた」という。
すでに温度は28度くらいになっていたので、アイスノンを外した。
しかし、ベタっちは相変わらず悠々と泳いでいるけれど、ネオンテトラが5匹とも水面でパクパクしている。
電気をつけていなかったというので、水草の光合成がなくて酸素不足?一見温度はさがっていても、水温は高い?
とりあえず、水温を正常にしようとなって、1/3くらいポンプで抜いて新しい水を入れた。
すると、テトラは底に沈んでおとなしくしてる。でもなんとなくいつもと違う。
で、お腹が空いているかな?とまたエサをあげる。
水面に来てパクパクやっているんだけど、どうもエサは食べていないっぽい。
で、やはりずっとパクパク。しばらく様子を見ていたけど、状況は変わらないので、このままにして朝起きたら、全部死んでたなんて事になることを避けるため、ネットで検索して調べまくった。
どうも、エサやフンによって有害なアンモニアに変わって、水質が悪くなってしまったかもと考えた。水はそんなに汚れていない気はするけれど、下から見ると水面に油膜のようなものが張っている。
バクテリアもまだ1週間位では育っていないだろうから、バクテリア液を入れても、すぐには改善されない。
で、毒素を薄めるため、3/4くらい、またポンプで水を抜いて、カルキ抜き液を入れた水を足した。すると、すぐにテトラは下にもぐって元気に泳ぎ始めた。
水面も油膜は無くなった。お風呂に入ったり、歯を磨きながら、ちょいちょいチェックしても、良いカンジなのでやっと就寝。一晩、電気を付けて酸素作成も。亜硝酸塩濃度を計る用具が必要かも。

2時近くになってしまった・・・。

朝6時に起こされる。テトラは元気だった。良かった~。危機は脱出。

で、ダンナと約束していたサイクリングへ。7時20分に出発。
用水路にサイクリングロードのような緑いっぱいの道が続いている。自然公園まで1時間漕ぐ。少し休んでまた帰宅した。調度2時間。
さすがに、寝不足、運動不足で疲れた。
でも、程よく曇っていて、心地よい汗がかけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/03

ベタとネオンテトラ

日曜日、茨城から帰って、二人で家の掃除をしたりなどして、落ち着いた所で夕方、前から飼いたかったベタを一人で買いに行った。
ペットショップは、結構混んでて、なんとかお兄さんを捕まえて、初めてなので、何から何まで1から教えてもらい、必要な物を揃えた。
ベタはエラ呼吸だけでなく、ラビリンス器官といって、空気呼吸できるので、口を水面に出して口からも酸素を取り入れられるから、よく、小さなビンで飼っているのも見かける。
ペットショップには小さな10cm四方のベタ飼育用の水槽(というか、透明な箱?)もあったけれど、追求型の自分としては、それなりの「観賞できる水槽」が欲しかったので、一式そろえた。
色々と揃えてきたのを見たダンナは「やっぱりそこまですると思った」と確信があたったかのように言った。

水草を買ったが、店員さんが入れ忘れたようで、とりあえず、セッティングだけでも一仕事だったので、ジャリだけの水槽をベタが元気よく泳いだ。

これがベタ。美しい碧い色に、赤くて長い胸ヒレ。一番元気そうなのを選んだ。
P1000351

火曜日に水草を取りに行きがてら、飾り用の穴の空いた石と、ネオンテトラを5匹買った。
P1000350

同じようなひらひらの魚だと、闘魚だけに、攻撃して死なせてしまう可能性があるし、かといってあまり小さいと食べられてしまうので、テトラの中でも大きめのを選んでもらった。

入れると最初はエリアをわけていたが、段々とお互いに慣れて行って、テトラもさほど逃げなくなってきた。ベタは混泳には向かないらしいけれど、テトラが5匹というのが調度よかったかも。フィルターも少し水の動きがあるけれど、そこもお気に入りみたいで、チョロチョロとした水の流れの間に行って休んだりして、気に入っているみたい。
P1000352

ベタは、「フレアリング」といって、他のオスを見ると、ヒレやエラを最大限まで広げて体を震えさせてに威嚇し合う。これをやらないと、ヒレがくっついていき、観賞魚としては、美しさにかけてくるらしい。

それで、1日20分ほど鏡をみせてやる。このベタちゃんは、エラをエリマキトカゲのように、前面に広げて、顔を一回り大きくさせて、攻撃する。
ベタってじっとしている事が多い、とあったけど、このベタはテリトリーの見回りか、一か所に止まったと思うと、周りを巡回して良く動く。
水槽も何とかサマになった。
P1000348

ただ、やっかいなのは、暑さのせいで、クーラーをつけていても、うちは28度程度なので、実際室温は30度近いようだ。ライトの影響もあるのか、水温が32度位までいってしまう。朝起きてもそのくらい。今年は本当に猛暑、熱帯夜なのですね。
28度が一番快適なようだけど。冬用にヒーターはつけたけれど、まだまだ活用は先になりそう。
仕方ないので、時々、アイスパックを浮かべて温度を下げる。でも32度でも、皆さん元気ですけどね。

買うのを反対していたダンナは、癒されるといって、夢中になって見るようになった。
いや、本当に癒されるんですよ。見ていて飽きない。
テトラは人格的な感覚は感じないが、ベタは非常に表情豊かで、面白い。
2、3日で水槽に近づくと、ベタも近づくようになってきた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »