« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

恋するベーカリー

メリル・ストリープ主演、スティーブ・マーティン、アレック・ボールドウィン共演の映画「恋するベーカリー」を朝から観賞。昨日、前売り券を買っておいた。
大人ならではの悲喜こもごも。沢山笑ったし、私は最後の展開で、ポロポロ泣いてしまったが、ダンナは、面白い映画だったのに、なぜ泣くのか、と不思議がっていた。
ランチを食べながら感想を聞くと、男性主体の見方と、女性主体の見方とそれぞれ違う視点で見ていることがおもしろかった。
料理がキーワードにもなっている所が、私的には良かった。料理って色んな意味で、空間や、人と人の間を和ませる。

しばらく、ずっとお互いに忙しかったし、ダンナのボーナスで買おうと言っていた物を確認したり、今日は、彼の誕生日祝いをする日のため、その食材を購入したりで、帰宅は夕方になった。
さすがに半日買い物は疲れる。
イオンはお客様感謝デーで5%OFFだった。たまたま。しかも、季節の変わり目で在庫処分の大幅値下げ品も多く。
4月以降から自宅でも鑑定出来るように、絨毯を見に行った。渋谷での鑑定曜日以外でも鑑てもらえないか、という声も多数頂き、天中殺も過ぎたし、そういう運びになった。
もともと来客用に設計した和室を利用するが、畳みにも合いそうな西洋柄の良さげな絨毯をチラリとジャスコで見かけた気がしたので見に行ったら、1万円近くしていた3.5畳の絨毯が、在庫処分で4000円に値下がりし、さらに、5%引きで3800円に。笑ってしまった。
ゴブラン織絨毯をネットでいくつかチェックしてあったが、これなら人が来ても気兼ねないから買い。

チラシにあったお目当ての物は明日から発売なので、それは明日朝、改めて近くのイオンへ買いに行こうということに。ダンナは最近、英語の勉強にはまり、スピードランニングをやっているが、それを外でも気軽に聞けるようにしたいために、ipodが欲しいのだ。

帰宅後、ダンナのリクエストの料理、アボガド、シイタケ焼き、焼き豚などを交えながら、金粉入りのシャンパンで乾杯。
生ハムとパルミジャーノチーズがまたワインと合う。
映画の影響もあり、「すごく幸せな誕生日祝いに感じる」と言って、嬉しそうにウマイ、ウマイと言って満足そうだった。恋愛映画を見せてからお祝いすると、何か、便利な効果がありそうだ。
Sbsh0018 Sbsh0020 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/26

泣いた・・・

真央ちゃんのインタビューで、一緒に泣いた。
でも、すごかった。トリプルアクセルを全部で3回、すべて成功させたんだから、すごくない!?
評価がもうちょっとあってもいいかと思うけど。それでも、キム・ヨナ選手の完璧さには届かなかったか・・・。

それにしても、いっきに、レベルが高くなって、今後どうなるんだろう、という気さえしてきます。

男女とも、全員入賞というのも、素晴らしい。

ソチが楽しみです。4年後かあ。私の4年後は・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/21

新年会2つ

日曜日、朝から着ものに着替えて、舞「寿」の練習をし、茅ヶ崎へ。
今年も、茅ヶ崎館で新年会。なんとか振りは間違わなかったけど、腰の使い方がやっぱりイマイチ。地唄は本当に難しいです。
Sbsh0009

そのまま渋谷へ向かい、元空手仲間との新年会。そして結婚したKさんのお祝いもかねて。
この仲間との飲み会は、毎回楽しい!強面おじさん、優しそうな顔をしてすんごい強いおじさん、小柄なのに実は強い女子たち、中には素潜りで世界レベルの女子もいるし。そして小料理屋の女将?のような私。着ものだからねえ。

小料理屋あけみ、是非やろうよ!となぜか盛り上がり、それぞれのポジションなどを話したりして(笑)。なんせ全員、用心棒兼、なんだから。

さすがに、1日着もので、新年会を二つかけもちで疲れたけど充実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/19

フィギュアとビジュアル

今日は衝撃的な事が多かった。
午後はテレビにかじりついた。フィギュア男子シングルのフリー演技。

小塚選手が4回転を飛んだ時は拍手。高橋選手の銅がなんとか決まり大拍手。何度も感動しました。。。
お陰で朝からの頭痛も吹っ飛びました。
ただ何より大好きなライサチェックさま(笑)が金を取れて泣きそうになりましたよ。
ライサチェック選手のジャンプの後の着地スタイルは、世界一ではないかと思うんですよね。最も練習をする選手らしいですが、努力は裏切らないのですね。

そして夜、友人Kと都内で待ち合わせをしてご飯を食べてから、某ビジュアルバンドのライブを見ました。
若いエネルギーをたくさん吸収させてもらいましたよ!5歳は若返ったかな(笑)

Kの解説でこの世界の若者の生態が良くわかりましたです。
集団の見事にそろった生ヘッドバンキングは初めて見ました。普通の激しい横ふりだけでなく、前の手摺りに、鉄棒みたいに上半身を乗り出したり降りたりを横一列で決められたメンバーがやるヘドバンはイルカの様ですごかった。
髪が乱れるから、その度に皆、手ぐしで整えるのがカワイイ。
全体的にアキバの萌えファンの動きと雰囲気が似ている事にも驚き。
一番面白かったのは、背ダイと言って、一列目の娘たちが手摺りに完全にお腹を乗せてお尻から足までしか見えない、調度お仕置きみたいな格好になったところに、二列目、三列目の娘たちが、代わる代わる、背中からお尻に向かってダイブするのだ。お尻はクッションになる。
これらは役割が決まっているという。
また、途中パラパラ系の動きも入るが、全て動きは決まっていて、ファン同士で決めたり、バンドから指示されたりする。
と、こんな説明をすると、知っている人には、鼻で笑われそうだけど、私にはかなり新鮮だった。

いやー、楽しかった。私も一番後ろから見てノリました。世界観も良かったし、歌も上手かった。

ただ当たり前だけど、ずっとスタンディングだから、腰にきたっ。

何はともあれ衝撃的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/18

機種変

仕事とプライベートをわけるために、ダブルナンバーを取得するには、機種変が必要だったので、先日、3年半ぶりに変えた。今度はシャンパンピンクの色になった。
携帯でオリンピックのニュースをTVで見た時には、世の中の進歩に、正直感動した。見ることが出来るのは、もちろん知っていたが、自分の携帯で画面が出て、横に倒すと、横画面になるし。
気に入ったのは、万歩計機能。ミラーにもなるサイド画面。カメラの手ぶれ防止機能。
ただパケ放題に入っているものの、ネット通信を使ったサービスに最初、強制加入状態になるのが、ちょっと面倒。マックスで使わせるような仕組みになっているのだ。
それから、携帯の長さが1センチくらい長くなったから、メールを打つ時のボタンの操作がまだ慣れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/16

ボイストレーニング

Hさんがロスからまた一時帰国するので、発声練習のレッスンを受けた。先に予約していたフレンチの店、マルグリットでランチ。
静かで落ち着ける店で、ボリューム、種類たっぷりで満足。
Hさんは今は霊能力者でヒーラーの人と同居してて、その訓練も受けているので、スピ話も。
店の前で会った時、すっごいオーラを振りまいて歩いてくるから他人のフリをしようと思ったとかなんとか言うので、「最近、自分ではすごく地味になった、おとなしくなったと思うんですよねー」と返すと、私の濃いピンクのハイネックセーターを見ながら、「そんな色のセーターを着てよくいうわ」と首を横にふった。
Hさんとも考えてみたら、10年以上のつきあいになる。Hさんは全然変わらないというか、会うたびに若くなっている気がする。

その後、芸術劇場1階の裏側にある貸し音楽室のフォルテで1時間レッスン。久々の発声で、声帯使ってないねーと言われつつ、声が4オクターブ出る、3オクターブ離れた音を出すことができる(例えばFから3オクターブ上のFをア↓、ア↑、ア↓、ア↑と発声する)、これらは出来る人は実は少ない、ということで、「やっぱり変わってるねー。良い意味で(笑)。」と。
すっかりブタも木に登ったが、せっかくそういう潜在能力があるなら、使わないと。
男性の声幅と女性の声幅は1オクターブ違うが、私の場合は男性の声域も出せるから強みだと。
カラオケのデュエットの男と女を同時に歌えるのが特技だったけど、そういうわけか。20代の頃は、低い音は不安定だったが、年取ると低い音も出るようになる、とこのと。ただ、たいていは2オクターブや、出ても3オクターブ、実際に歌として歌えるのがそれ以下、だそう。
年取ると高い音が出なくなるというのは間違いで、使わないから出ないだけ、らしい。
私は仕事がら、何時間も話し続けることもあるので、声帯を疲れさせないコツや、声帯のストレッチ方法も教わった。

1年前はまだすっきりしなかった気持ちも、自分の潜在能力?の発見で、かなりモチベーションもあがり、二人で話しあい、ある目標も設定。目標が設定されると、やる気もでるってもんで。

終わってからデパートへ。去年も一緒に靴下を買ったが今年も。私もダンナの誕生日祝いに、靴下とハンカチを買った。

ロスへ帰国したら、いくつか楽譜を送ってくれる約束をした。よーし、1日1回発声練習するぞー!おー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/15

バレンタイン

今年のバレンタインはリーズナブルに自分で作りました。
製菓用のチョコチップを溶かして、無塩バターと、自宅に余っていたココアパウダーを混ぜ、別途ハンドミキサーにかけたグラニュー糖と卵を入れて、焼く事30分。
ガトーショコラの出来上がり。
最初、先日占いのお店へ持っていったら好評だったココアパウンドケーキにしようかとおもっていたけど、チョコ感がないので、これにしました。
64%のチョコを使ったので、濃厚に作れました。
デコペンは扱いが難しくて、ニョロニョロしてしまい、いまいち綺麗にできないけれど、手作り感があって良いかな、と。
赤いのはピンクペッパー。お皿のハートの1つに岩塩を置きました。甘いのでこういう物と一緒に食べると、これがまたおいしーんですよー。
仕事で夜遅いと思ったら、サザエさんをやっている頃にもう30分位で帰るコールがあり、急いで作成。
Image110

父から五島列島の蒲鉾が送られてきて、切ってみるとハート型だったのでそれもプラス。
Image112

もうすぐ誕生日なので、恒例の「小料理屋あけみ」を開催。今年もオリジナルでカード作成。特殊な画用紙にイラストレーターでデザインして、ちょいダサな手作り感を出すため、手持ちのリラックマのシールなぞも貼り付け(笑)。好きなメニューを書いて提出してもらいます^^
Image111

ダンナがお風呂に入っている間に出来上がったので、3つテーブルに並べておきました。
「ほの字だね!」と満足そうにワインと食べてた。よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

恒例の誕生祝い

月曜日のランチで、恒例の親友Kのお誕生日祝いで、日本橋のオーグドゥジュールメルヴェイユで食事。去年、舞友達を食事をした時に、ひじょーに、サーブが良かったので、今回はここにしてみました。
グルメ通のKも、まだ行ったことがなく、行きたかったというので良かった。
東京マラソンを走るために、頑張っているので、ジョギング用のアディダスのポーチをプレゼント。
Image107

水曜日に、保険の担当さん、いまやお友達になってしまったSさんが来て、バレンタインのチョコをくれた。ベアーのカップルでカワイイ。ハートを1つ食べた後の写真。
Image108

木曜日の夜、仕事の後、上述のKのマンションに泊まりに行った。布団を出してもらって寝たが、利用したのは私が初めてとか。長期旅行の時は、誰かに時々泊まりに来てもらっても、自分のベッドで寝てもらうらしい。
朝になったら、29階の窓から真っ白な新宿の景観が見ることができるか、と思ったら、いつもと変わらない景色だった。
ダンナは初めてのお留守番だ、と。たまにありがたみを振り返ってもらいましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

オーシャンズ

映画「オーシャンズ」。
1番前で見たが、海が目の前に広がって美しかった。
2回ほど気持ちのよい眠気に教われた。ダンナは15分ほど寝てしまったらしい。
サメのヒレをすべて切り取って生きたまま海に沈めるシーンを見て、フカヒレはもう食すまい、と心に決めた。
アバターでも、生きるために殺しても、苦しめない殺し方の大切さについて語っていたが、人間の生命に対する尊厳のなさは身勝手なことだ。
映画としては、日本語吹き替え版を見たが、ナレーションと内容に若干の違和感を感じたし、生態をもう少し見たいところで次のシーンに行ってしまうので、詰めの甘い編集に感じてしまった。
NHKの番組の綿密さに馴れているためか。
生き物の息づかいは間近に感じる事が出来た。大画面で見るから、壮大さが伝わる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/06

アバター

年賀状のお年玉は、私のハガキでは切手シートが3枚当たった。ダンナのはまだ調べていないが。
先日、末尾が1か4ならTOHOシネマ系列が2月末まで1000円とコメントで知ったので、確認したら25枚もあった。
研修の仕事が終わり、六本木に用事があったので、「アバター」を見ようとヒルズへ。
ダンナは興味ないし、私も特に絶対見たい映画ではなかったのだが、まあこの値段ならいいかなと。今月は一人で六本木へ行ける予定が昨日くらいしかチャンスがなかったので、その後のライブ観賞とかけもち。
3Dは目が疲れる、2Dと同じ、3Dめがねが重い、など色々な人から聞いていたので、2DでOKと思ったら、ヒルズは3Dのみ。
めがね代の300円をプラスして、ホットドックに急いでかぶりつき、18時20分の回から見た。
殆ど満席。予告編から3Dで見て、おお、立体的だ。
20年以上前にディズニーランドでMichael Jackson主演の3D作品を見たが、あの作品の様な、目の前に迫ってくる演出などはない。
ただそういうサプライズがあっても怖いし、観客も大変でしょう。
何より3次元的に見えるから、リアル感がかなりある。
しかし、普段見ている世界と同じだし、人間の目にすぐに馴れてしまうから、2Dと変わらない、という感覚をもつのかも。
私は端の席に座るのが好きだし、隣もいなかったので、ひじ掛けに肘をつきながら、時々めがねを手で押さえることで、重い違和感はなかった。
やはり多少暗くなるが、私は明るい方が目が疲れるので、逆に良かった。
しかし、カメラワークが激しい動きは、疲れる。まあこれは普通の映画でも言える事。

そして何より、この映画の世界観が本当に素晴らしかった。自然と一体していたインディアンと白人による戦いをなぞるような内容で、勧善懲悪のわかりやすい構造や、予定調和はあるが、マンネリズムは偉大でもある。安心して、この新しい世界に没頭できた。
映像が脳裏に焼き付く。

終わってからいそいでライブバーへ。
私の歌の師匠でもあり、姉のように慕う、日高あいさんが、故郷の鹿児島に帰る。来月コンサートがあるので、今日は顔を見に行った。
馴染みのお客さんや友人と久々に会うことも出来た。

今週は6日間色々な仕事で、なんとかこなしつつある。
気のせいか?やはり、パワーが充実し始めているかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/03

大事な節分

子丑天中殺最後の日の節分。気合い入りました。
投げるようの豆と、食べるようの砂糖がまぶしてある豆の2種類と鬼の面が入ったセットを用意しておいたので、それぞれお皿に入れ、投げるようの豆を、「鬼はー外!福はー内!」と大きな声で庭に投げた。
去年は恥ずかしそうに小さい声で投げていたダンナも、天中殺最後なんだから、しっかりね。と、大きな声を出して投げてた。鬼の面を付けて(笑)



Image099_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/01

夢・・・か

変な夢が多い。
プレッシャーを感じる夢や、なかなかスリリングな夢も多く、いつもあまりに濃いドラマなので、昔、夢日記をつけていた事も。

今朝の夢はかなり変。
私の脳を何かの理由で調べる事になったが、まず頭を切る事を、私が誰かに説明していた。説明された人は、無言で気持ち悪そうに顔を歪ませていた。
私は横になっていて、40歳前後の若いが腕の良い男性脳外科医が、頭蓋骨を調度かっぱの皿の様に切り取る。
髪の毛は剃らずに、長いまま。髪の毛が邪魔ではないのかと思った。
そして、脳を調べる為に脳をまるまる取り出したのだ。
それを私の足元にいる助手達に渡し、彼等が大胆な手つきで調べている。
私はそれを見ながら「おいおい、もう少し丁寧に扱わなくて大丈夫?」と思う。
さらに私にも脳をニコニコと持たせてくれて、私も寝ながら左手で持ってみる。
他の人が来ると、また助手は嬉しそうに脳を持たせる。
人体の不思議展でも、脳を持ったな、と思い出した。これは現実にあったこと。
脳外科医から頭の中に菌が入るといけないと、髪の毛でフタをしており、かつ、頭を右向きのまま動かしてはいけないと言う。
私は動かさない様に注意深く右の頬を枕につけたまま、じっとしていた。
ある日、脳みそがからっぽなまま、この時はベットに座りながら、横に座っている医師に、他の注意事項か何かを確認しようとするが、頭がよく回らない。
「ああ、すみません。今脳がまだ入ってないので、確認したいことが、すぐに思い出せなくて」
「いえ、いいですよ。」
「ああ、そうだ。」
と、なんとか確認した。
また横になりながら、神経が繊細だから、どうとか状況の説明を受けているあたりで、ぼんやりと目が覚めて来た。
現実と把握するまで、ぴったりと頭を右向きにして固まっていた。頭が開いていない事を確かめた。
現実の証拠を探してテレビをつけると、キヤノンの株価がどうたらと女性アナウンサーの機械的な鼻にかかった声を聞いて、
「脳がなくて、どうして思考できるんだ」
と心の中で夢にダメ出しをして目が覚めた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »