« 2009年最後の日 | トップページ | のだめカンタービレ »

2010/01/05

謹賀新年2010年

今年になってやっと書きます。
おくればせながら、明けましておめでとうございます。

31日、紅白を見て、ゆく年くる年を見て、二人で三つ指ついて新年のあいさつ。
テレビ東京で「東急ジルベスターコンサート」をやっており、宇宙飛行士の野口聡一さんが宇宙から出演し「美しき青きドナウ」をリクエスト。
ダンナが「二人で今年初めて聴いた曲だね」と言った。
ピアニストの中村紘子さんの演奏も久々に聴けた。
ソリストは
ピアノ:中村紘子さん  テノール:錦織健さん  ヴァイオリン:竹澤恭子さん  ソプラノ:幸田浩子さん らが出演。

1日はダンナの実家、あと近所の神社へも。
2日はダンナのお母さんの親戚の相模の家へ。毎年恒例となった。
相模は大勢集まって盛り上がる。毎年カラオケにも行ってる。

3日は昼近くまでゆっくり寝た。
夕方からダンナは友人との飲み会に行ったので、すでに個人的に恒例となっている年に1回の正月パチンコへ、ノーメイク、眼鏡にマスクをしてダメな感じで行ってきた。
ダンナと相談し(つーても彼は冗談で言ったつもりだろうが)、タバコ臭くなるし、ダメダメ感を出すためにも、起きた時のままのスエットに厚手のカーディガンを羽織り。若干コスプレのつもり。大きなペットボトルの午後ティーと、お菓子を持って。
空いている台が「もっとレレレにおまかせ」とゆー、レレレのおじさんと、本官が出るヤツ。羽モノなので、ちょっと難しかった・・・。何回も大当たりが出るんだけど、その術中にはまり、玉が減ったり当たったりの繰り返し。
2箱になったところで止められず、1度すべてなくなったところで、トイレの中でどうするかを考えて、閉店までの1時間半、もう少しやって取り返せると考え、すると、少し回すだけで大当たりが出るようになり、なんとか損を2000円までに抑えたところで1箱たまり閉店近くなったので終了。
いつも2時間くらいなのが、5時間もやって疲れた・・・。ダメなヒトって感じで出来たと思う。自己満足。
でも楽しめたな~。本当は「めぞん一刻」がやりたかったけど7日かららしい。興味あるけどそのための時間を作りたくないような(笑)。

夜は、深夜TVを見たり3時くらいまで算命学の調べ物にはまってしまった。
いや、色々とググって調べている間に、俳優の瀬川悠人さんのことに行きつき、すでに亡くなっていた事を知り。先日TVのガリレオで彼を見た時、脇役で少し出ていたんだけど、その時は名前もわからず、しかし影が見えず(私の見え方なんだけど)、彼が映る時の存在の違和感を感じていた。だから映る度に彼をずっと見ていた。
そうして、たまたまあるサイトへ行きつき、それを知ってちょっとショック。またさらに色々と調べたりして・・・。のだめでも存在感のある演技をしていた。
それからお風呂に入ったから、もう4時。ベッドに入ってからも星新一の「未来イソップ」を読み始めてしまい、5時位まで夜更かしした。

私は、子丑天中殺で2月の節分でやっと天中殺が空けるが、今度は庚寅の年なので、私の日干が甲寅で七殺にあたる。大きな変化がやってくる。
前回の七殺では、会社員になって激務の始まりとなったが。
正月でちょいと色々あって、ある覚悟を決めたので、その物事の始まりがあると思う。
さながら、ブッダの出家の時の気持ち(笑)。偉人と比べてしまうのも何サマか、だけれど、自分としてはそのくらいの覚悟が必要な時ではある。
今年は違う意味で大変だとは思うけど、信念を優先するスタートだと思う。

と大袈裟な話をしつつ、俗世に生きる“あけはむ”は、4日は朝からたぶん人生初の福袋を、ヨーロッパ家具屋のインテリア北欧へ買いに行った。友達の家に泊まったダンナを駅で9時半ごろ拾って、そのまま店へ。
すぐに売り切れるかと思ったが、私が急いで店に入ってきたのを見た他のお客さまのおばさんが、「箱が大きいから奥にまだあるんだって、良かったわね!」と言ってくれた。買いに来ている人も少ない。
スタッフの方がコーヒーを入れてくれ、二人でテラスでゆっくりと飲んだ。
その後、店の中を見てゴージャスな家具に目を満足させて、福袋、いや福箱を購入。
Image088 1万円で3万円相当が入っているそう。案内のハガキに、欲しかったダイニングのテーブルに置きたいミニランプと、数を増やしたかったティーカップ2セットが入っていたので、これは買いかなあ、と。
私の感覚では、福袋はムダが多い、と思ってて。洋服ものとか、微妙に納得しないで使う事になるから逆にストレスを感じる。
でも、今回はかなり満足しました^^。 足の低いスツールはソファの横に置いて、クッション置きに。お客さまや小さい子が来ても座れるかも?
ハガキに絵も入っていて、これはいらない、と思っていたが、開けて見たらクリムトの絵。気にいった。和室が金の市松模様でこの絵が大きさもぴったり合うので早速飾った。

買い物の後、11時開店のラーメン屋へ行って今年の初ラーメン。
本屋さんへも寄る。作家の友人が、言葉の表現力を高めたいという私の相談メールの返事で、ずばり美輪さんじゃないけど、詩でしょう、ということで、岩波文庫のゲーテの詩集と、10代の頃好きだった漢詩の「論語」を買ってみた。
孔子は算命の鬼谷子の哲学とは相反する部分もあるけれど、真理がある。良い所取りで良いだろうし、何より言葉が端的で明瞭なところが、今回の個人的な目標に合う。

帰宅後は庭の雑草を抜いたり、大掃除の片付けの続きをしたりする中で、ダンナの部下のお母さんが亡くなったという連絡を受け、家族葬だそうなので、こういうのは早くやった方がいいよ、と言ってダンナに香典袋を買いに行ってもらっている間に、私の方で手紙を代筆したり用意した。ダンナの字がきれいだ、という褒め言葉に、ユーキャンのペン習字の成果に満足。やって良かった。あ、まだ最後の課題提出をしてませんが。
お返しの気遣いがないようにダンナのチームで少額用意することにした。
薄墨筆で差し出し人を書き、手紙を封筒に入れ、香料を香典袋に入れ、二人で近くの郵便局で現金書留で送った。
ついでにダンナの普通預金を定期預金に変えた。ダンナの親が子供の頃貯めてくれたお金で遣わないから。

正月食の後はやっぱりカレーを作る。レタスのサラダを久々に作る。ハッパものは最近食べてなかったから、すんごく美味しかった。特に手作りで作ってみた和風ドレッシングが成功。

そして今日も昼近くまで寝てしまった。
どうしても返事を書きたかったメールを書いたりした。
その間、体調が心配だった友人からも何とか大丈夫だという電話があり、少し安心した。相変わらず声は出なくて息で話していたが。早く元気になってほしい。
押し入れの中のものを全部出して、棚のはげた塗料にありもののペンキを塗ったり、要るもの要らないものを整理したり、雑巾で拭いたり。

あとは、冷蔵庫の棚を洗ったり拭いたりが残っている。キッチンも鍋とか全部出して拭きたい。
さらに3年間たまった写真を、ほんとここで整理しなければ!

でも明日は、水曜日。一人で2本映画を観る予定。

これで正月も終わる。

|

« 2009年最後の日 | トップページ | のだめカンタービレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/47215254

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2010年:

« 2009年最後の日 | トップページ | のだめカンタービレ »