« 葉っぱつきミカン | トップページ | うちのイルミネーション »

2009/11/17

消火器

一昨日、テレビのニュースで古い消火器が爆発する事を伝えていたので、早速昨日ネットで回収業者を調べたり、市役所に問い合わせた。
ネットに乗っているのは、3,150円とか、5,000円とかしたが、市役所が紹介してくれたカワサキ消防機材というところは1,000円で処分してくれるという。
そして今朝すぐに来てくれた。うちの消火器を見て
「これすごい良いやつで、普通のご家庭にはないものなんですが、どうしたんですか?
アルミ製で出来ていて、外においておいても腐食しないもので、26,000円(28,000円だったかな?)くらいするんですよ。」
私も驚いて「腐食しないんですか?錆びた消火器が爆発するというから・・・。親が昔くれたんですが(もう6~7年前かな)、親ももらったみたいです。」
なにやら、このアルミ製の消火器は日本ドライケミカルというところでしか作っておらず、さらにうちにあるタイプの物は家庭用には販売していないレベルで、そのお兄さんも家では同じタイプの物を置いているという。鉄は錆びるが、アルミなので外に置いておいても大丈夫だとのこと。
後でサイトを見ると、通常の家庭用などで数千円からのものが売っていたが、2万以上の高いタイプのはなかった。親もどういうルートでもらったんだろう?

消火器は8年以上のモノは使わないことになっていると言っていて、うちのは2001年製だった。通常5年に1回変えて、1回6,300円というので、せっかくなので処分は止めて中身の入れ替えをしてもらうことにした。午後すぐにまた持ってきてくれた。

ついでに2年前に買った防犯グッズが入ったボックスセットの中身を取り出して確認した。もう1年くらいはもつみたい。次の買い替えの時には、懐かしのカンパンを買ってみよう。

|

« 葉っぱつきミカン | トップページ | うちのイルミネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/46787362

この記事へのトラックバック一覧です: 消火器:

« 葉っぱつきミカン | トップページ | うちのイルミネーション »