« 手塚治虫展 | トップページ | 福島 猫啼温泉といわき »

2009/05/06

毛皮のマリー

昨日、美輪明宏さんの「毛皮のマリー」を見てきました。

独特な世界感。寺山作品は芝居小屋でアングラに見てみたいかな。
商業演劇には合わないかもとも。
にしても美輪さまの存在感たっぷり。赤麿児さんもカックイイし。
と、この作品は、そんな軽く話せる事は出来ないほど、色々なメッセージがちりばめられていました。
差別、愛の形、親と子、性、独占欲、二面性。
深いです。

でも見物は、若い男性の裸体ラインダンスかも(笑)

そういえば、先日、両国でお祭りやってて、付き合いで見に来たのか、コニシキさんがいた。顔が小さいためか、あまり圧迫感は感じませんでした(^-^)

|

« 手塚治虫展 | トップページ | 福島 猫啼温泉といわき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/44918629

この記事へのトラックバック一覧です: 毛皮のマリー:

« 手塚治虫展 | トップページ | 福島 猫啼温泉といわき »