« 歯とれた | トップページ | Kamen Rider Dragon Knight »

2009/01/23

藤原紀香さん主演のミュージカル

ブロードウェイ・ミュージカル『ドロウジー・シャペロン』 を見に、ピアニスト亜古ちゃんと日生劇場まで見に行ってきました。
藤原紀香さんはミュージカル初挑戦。
なだぎ武さんなど、他にもミュージカル初挑戦の人たちがいましたが、最後の、小堺一機さんとなだぎ武さんのトークショーを聞いて、初の人が多い、また芸人系だからこそ出来る舞台だなあと納得。
1920年代の頃の舞台は、今のようなミュージカルバリバリの役者ではなく、芸人のような人たちが、ストーリーもほころびがある中、箇所箇所で楽しく出演、という形だった。
その、劇中劇が、まさに昔のどたばた劇で、ストーリーも単純なものだが、素直に楽しくてパワーがある。

で、藤原紀香さんは、やっぱりすごい存在感。あのフォルムは実際見ると、感心。細い!キレ〜!前から二列目だったから、美しさも間近で見ることが出来ました。
加えて、思いのほか(失礼!)歌も延びのある綺麗な通る声で、ウマイ・・・。努力家な方なんですね。瀬戸カトリーヌさんも、かなりはまり役ですごく上手かった。
川平慈英さんのタップの上手さと、バネの様な動きのよさ、声のよさにも感心。
木の実ナナさんや中村メイコさんの存在感もさることながら、最初と最後だけに出てきた、浦嶋りんこさんの迫力ある歌声が舞台を締めてた。
残念なのが、大学のミュージカル研究会で先輩だったテツandトモのテツあにさんが、ダブルキャストで出演じゃなかった日だったこと。

最近のミュージカルは暗くて、聞かせているけどイマイチなのが多いから、楽しかったし、すごく良かった。
最後の1分の小堺さんの台詞に、胸にぐっと来ました。
ミュージカルは夢を与えてくれて、楽しい、それがいいよね。

でずっぱりのストーリーテラー的存在の小堺さんが、つっこみどころ満載の昔のミュージカルに、ところどころで突っ込むけれど、大好きで仕方がない気持ちが伝わってきました。
この舞台はメインキャスト全員が主演のようでいつつ、バランスが取れていました。

ストーリー(公式サイトより)
舞台はマンハッタンのアパート。
ここに住む、一人のミュージカルオタクの中年男が、お気に入りのブロードウェイミュージカルのLPレコードをかけ、観客に解説する。
その作品とは「ドロウジー・シャペロン」(”よっぱらいの花嫁介添人”)。
禁酒法時代、アメリカ文化の爛熟期である1928年初演の、古きよきミュージカルだ。
オーバーチュアが始まると、古ぼけたアパートの一室がみるみるうちにブロードウェイの華やかな舞台に変わっていく。
壁から、ベッドから、冷蔵庫から、あふれ出す麗しいダンサーたち!!!

ブロードウェイの大スター、ジャネット・ヴァン・デ・グラーフは富豪の御曹司ロバートと避暑地で恋に落ち、人気の絶頂で突然、結婚・引退を宣言する。
結婚式当日、会場には個性の強すぎる面々が勢ぞろい・・・いつも酔っぱらっている花嫁の介添人のドロウジー・シャペロン、式の進行を手配する花婿介添人ジョージ。結婚式の主催者である有閑未亡人のトッテンデール夫人とその執事のアンダーリング、ジャネットのショウのプロデューサーで結婚式を阻もうと策を練るフェルドジーグ、その愛人でジャネットの後釜を狙うキティ、プロデューサーを脅迫するために送り込まれた殺し屋コンビ、ブロデューサーの命令を受けてジャネットを誘惑しようとするラテン系のジゴロ・・・。
ジャネットは果たしてロバートと無事にゴールインできるのか・・・?

|

« 歯とれた | トップページ | Kamen Rider Dragon Knight »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/43829807

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原紀香さん主演のミュージカル:

« 歯とれた | トップページ | Kamen Rider Dragon Knight »