« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/30

GOAL!

今日で会社を退職しました。
私が1年間局長を勤めさせていただいた制作部を分社化。会社も清算。
それに伴い、私も卒業することとなりました。
この会社にはまる6年間。WEBビジネスを始めて10年近くです。

このブログも今の会社に入った頃に始め、読み返すと、昔は徹夜が趣味のようでした(笑)
良く出来たなあと思います。途中からさらにパン教室に通ったり、空手まで初め、時間が出来るようになったら、結婚や家を建てたり。めいいっぱい全速力でした。
約1年前に辞めようと思ったところ、体制の仕切りなおすこととなり、図らずも局長という立場になってしまい、WEBプロデューサーとして現場ではなく、人事面を主にやっていくことに、その時は正直「やりたくない仕事」を初めてしました。
ただ調度、天中殺スタートの2/4からでしたから、勉強と思って臨みました。
占いの仕事もまたセーブしました。

去年1年間は、管理職ゆえの苦悩や、経営者とのやりとり、体調を崩したりなど、正直疲れました。10年ぶりに戸惑った、という感じでした(笑)
でも、制作部の皆とプロジェクトと関わっていく事は、とっても充実して楽しく仕事が出来ました。
局長になった頃は、会社も色々と大変で、スタッフもモチベーションがとても下がっている状態。でも、一人一人話を聞くと、とても優秀な人たち。
何事も「出来ない」とすぐ答えを出さず、「できる事を考えよう」ということで、私の前では「デキナイ」の4文字は使うな、などと厳しく言ったりもしました。受身でなく、自分で考えて行動する力をつければ、必ずどんなことでも対応出来るようになると信じていました。

それが3ヶ月もすると、皆が当事者意識をもって、人が困っているのを知らんふりせず、手を差し伸べあうチームになり、結果的には、私自身が助けられていたと思います。
ただ、11月くらいの時も、辛くて辞めようと思いつつも、今辞めたら、しわ寄せが部下に行くし、と悩みました。その時に1月末に辞める事になりそう、と占って(笑)、それまで我慢しよう、と思いました。結果的に、流れでそうなりました。


気持ちは、昨日までは、開放感、でした。やっと辞める、と。
小学校の6年間、6年生一貫教育の中高、大学から大学院の6年間、兄姉が家からいなくなり母に嫁のように仕えること、すべて6年間。卒業したり、家を出る時もいつも、開放と次がある!と上だけを見ていました。

やりたい事がありつつも、ビジネスで成功しよう、と思い、歌の仕事もそこそこで、28にしてフリーではなく、会社員としてスタートしたのも、社会人としての常識を身につける事と、早く成功して、親への、徹底的な自立、という小さい頃からの野望?を選びました。
キャリアを積むつもりではなく、結果的にいわゆるキャリアウーマン。
そうして、徹底的な自信と、徹底的な親が認めざるを得ない状態を得ないと、親からの心無い言動に対する傷を克服する事はできなかったと思いました。
ともすると、財産放棄するしないで、母と兄姉がしょっちゅう争っている状態になっている状態に辟易し、母から毎日のように愚痴を聞いて十二指腸炎になり血を吐いたり、検査に行っても、勝手に内視鏡を飲んだと責められ、いたわられる事はなく、親に何かしても、どこまでも満足せず文句しか言わない、給与が上がったと報告しても、いい気になるな!という言葉。くそー、まだまだ!と思いました(笑) お金で束縛されず、自信をもってNO!と言えるはねつける力が必要でした。だから夢中に頑張れたと思います。

それが、最終的な、望まずいやだった仕事が、肩書きが局長で、年収も聞いて、去年の秋、結婚以来1年半ぶりに会った時、初めて親も「すごいわね」と生まれて初めて?言い、母への誕生日プレゼントにも、心から喜んでいる。

結婚してからは、夫が盾になってくれて、私が親とのやり取りの時には、精神的に相当まいるのを防いでくれ、距離を置くことができました。親を見離す事への罪悪感は、夫が、もう十分やってあげたよ、という言葉で癒されつつありましたが、去年のその時、初めて素直に心から「認める」言葉を聞き、目的が果たされたのだと思います。

だから、昨日までは、開放感だわ!と平気で言っていましたが、今日になると、大変でしたが、この会社に居たことで私は育ったし、去年1年間の立場のお蔭で、色んな事を学ぶことができ、さらには、心からの親への自信を持つことが出来た。

母の言動に子供の頃から傷つき、それを完全に克服する事が私の課題でした。知っている人は、環境に驚き、よくグレなかったと感心してくれますが(笑)、それはそれで、母の強さや教育が、世の中を強く生き抜く結果になったのも本当のことです。自立するまでは、何度も自暴自棄になったこともありました。でも、従来、楽天家で明るい子供だった事も幸いしたかもしれません。中学受験までは、親子関係も明るく、天真爛漫に育てられたと思います。
母のフォローをすると、母も非常に苦労しましたから、家族を得た時はとても幸せでしたでしょうけど、子供が3人とも1番の学校に入学させる事が目標で、その後になると、子供も自分の言いなりにならなくなり、他にも色々と納得いかないことも出てきて、もともとマジメなのが、ヒステリックにエスカレートしていったのだと思います。
小学生の頃に、日曜テストで社会科のテストがとても悪く、クビを締められた時は、さすがにこれで人生が終わるという恐怖も味わいましたが、辛くて中学、高校の時に1度ずつ、死にたいとも真剣に考えたこともありました。死なないと決めてからは、何か乗り越える度に、小さな写真盾を買って、小さな自分の遺影を作って、苦しんだ自分は死んだ、成仏してくれ~、次行くぞ!、というのが、前向きに進む方法でした。(この方法は大学を卒業するくらいまで、4回ほど活用しました。)

そんな中、高校生の自分を救ったのが、絵を描くことでした。中学の頃、マンガを描いていたら母に激怒され、子供の頃、絵が上手だからと習わせてくれた絵なら文句は言われませんでしたし、絵は自分を表現できました。
声楽もやってましたが、日芸の油絵に進むものの、自分のやりたかった事をしまくり、そこは商売人の娘、イベント開催、演劇、映画などなど、かなり充実し、大学院までいかせてもらえた。
ただ、卒業の頃には、兄姉は逃げるようにいなくなっているし、ただ私は逃げるのだけは絶対いやだったから、徹底して母と戦おうと思いましたが、ある日、洗濯物を30分干すのが遅くなったことを理由に、洗濯籠を投げつけられた時、自分の拳がグーになって震えたのに、自分で驚き、これ以上は自分の人生をダメにする!と思い、父に言って、家を出たのでした。
あやうく3面記事に載るところでした(笑)

その頃はMCの仕事が結構いいお金になってきてました。
そこから、常に親からのプレッシャーから打ち勝つ必要があったから、脅威のワーカホリックになって、結果的には流れでこうなったものの、今までの結果が出る天中殺で自分が一番望んでいた「結果」、何物でなくても、結構稼ぐことができたから、逆にすごく稼いでいなくたってバカにされても、何も怖くない、という気持ちにやっと心から達成できました。

だから、開放感ではなく、親ふくめ、会社へも感謝の気持ちとなりました。

先月、私が死んだ時の遺言書を書くような話にもなり、昔なら親から子供が死ぬ事を言われるなどしたら、傷ついて、混乱していたかもしれませんが、親という家族のことは受け流せなかったのが、今では、あらそう、と受け流す事もできるし、あてつけに書くようなことももちろんしないですし(笑)、母も、私がウソを決して言わない、その代わり怖い人、だからこそ一番信頼できる、と認識していて、さすがに悪いと思うようになったり。

だから、今後は、あせる必要もなく。じっくり自分の道をマイペースに歩んでいけると思います。
親に認めてもらうこと自体、10代で諦めていましたが、結局、諦めていなかったし、その事を自分で認めることもできたから、親に何を言われても、聞き流し、私は私、と心から思うことが出来る。
そんな自信がやっとついたと思います。

子供の頃、36歳がとても楽しみと、漠然と思っていました。昨日まではどうして楽しみだったのか不思議でした。
が、今では、36年間の課題がクリアできたんだ、これだったのだ、とわかります。

人生の折り返し地点。
これからまた第二の人生がスタートします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/29

手作り石鹸

「生活の木」に手作り石鹸の1日体験をしに行きました。
友人のOさんが手作りの石鹸を時々くれて、自分で作るんだ、くらいにしか考えていなかったんですが、「こち亀」で石鹸を自分で作ることをテーマに描かれている回を読んで、石鹸作りの奥深さを知り、本を買って読みました。
が、自分でいきなりやる自信がなかったので、一度体験を受けました。
劇薬の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を使うので、出で立ちは、マスクにゴーグル、エプロンにゴム手袋。化学実験そのもの。4人一組になって作るのですが、初めてなので、4人いてよかった。慣れれば一人でも出来るんでしょうけど。
小学生時代の理科の実験を思い出しました。
早速、帰りにショップで、メスシリンダーや苛性ソーダ(印鑑が必要です)や、石鹸の型や、一応、苛性ソーダを使わなくてできる、石鹸チップも買いました。
これをお湯で溶かして、好きなアロマオイルを入れて固めると直ぐに出来るんですヨ。
今日、作った石鹸は、1ヶ月くらい乾燥させてアルカリを飛ばしてから使えます。
楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/28

Kamen Rider Dragon Knight

美姫に「“メイちゃんの執事”の水嶋君がかなりかっこよくなってる!仮面ライダーの時はちょっと受け付けられない感じだったけど・・・」というような(ファンの方スマン・・・)どーでもいいメールを出したら、仮面ライターといえば、今、龍騎がアメリカでリメイクされてて、超カッコよくて、内容は日本版より仮面ライダーしてるかも、ナイト役の人、ネオみたいだけど(笑)
という情報が。
見てみたら、ホント、かなりかっこい~。確かに、マトリックスのテイストも入っているのも、マトリ好きな私にはぐっと来ますな。
「龍の騎士」で、Dragon Knight。

http://jp.youtube.com/watch?v=nwGfi7Shbhg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/23

藤原紀香さん主演のミュージカル

ブロードウェイ・ミュージカル『ドロウジー・シャペロン』 を見に、ピアニスト亜古ちゃんと日生劇場まで見に行ってきました。
藤原紀香さんはミュージカル初挑戦。
なだぎ武さんなど、他にもミュージカル初挑戦の人たちがいましたが、最後の、小堺一機さんとなだぎ武さんのトークショーを聞いて、初の人が多い、また芸人系だからこそ出来る舞台だなあと納得。
1920年代の頃の舞台は、今のようなミュージカルバリバリの役者ではなく、芸人のような人たちが、ストーリーもほころびがある中、箇所箇所で楽しく出演、という形だった。
その、劇中劇が、まさに昔のどたばた劇で、ストーリーも単純なものだが、素直に楽しくてパワーがある。

で、藤原紀香さんは、やっぱりすごい存在感。あのフォルムは実際見ると、感心。細い!キレ〜!前から二列目だったから、美しさも間近で見ることが出来ました。
加えて、思いのほか(失礼!)歌も延びのある綺麗な通る声で、ウマイ・・・。努力家な方なんですね。瀬戸カトリーヌさんも、かなりはまり役ですごく上手かった。
川平慈英さんのタップの上手さと、バネの様な動きのよさ、声のよさにも感心。
木の実ナナさんや中村メイコさんの存在感もさることながら、最初と最後だけに出てきた、浦嶋りんこさんの迫力ある歌声が舞台を締めてた。
残念なのが、大学のミュージカル研究会で先輩だったテツandトモのテツあにさんが、ダブルキャストで出演じゃなかった日だったこと。

最近のミュージカルは暗くて、聞かせているけどイマイチなのが多いから、楽しかったし、すごく良かった。
最後の1分の小堺さんの台詞に、胸にぐっと来ました。
ミュージカルは夢を与えてくれて、楽しい、それがいいよね。

でずっぱりのストーリーテラー的存在の小堺さんが、つっこみどころ満載の昔のミュージカルに、ところどころで突っ込むけれど、大好きで仕方がない気持ちが伝わってきました。
この舞台はメインキャスト全員が主演のようでいつつ、バランスが取れていました。

ストーリー(公式サイトより)
舞台はマンハッタンのアパート。
ここに住む、一人のミュージカルオタクの中年男が、お気に入りのブロードウェイミュージカルのLPレコードをかけ、観客に解説する。
その作品とは「ドロウジー・シャペロン」(”よっぱらいの花嫁介添人”)。
禁酒法時代、アメリカ文化の爛熟期である1928年初演の、古きよきミュージカルだ。
オーバーチュアが始まると、古ぼけたアパートの一室がみるみるうちにブロードウェイの華やかな舞台に変わっていく。
壁から、ベッドから、冷蔵庫から、あふれ出す麗しいダンサーたち!!!

ブロードウェイの大スター、ジャネット・ヴァン・デ・グラーフは富豪の御曹司ロバートと避暑地で恋に落ち、人気の絶頂で突然、結婚・引退を宣言する。
結婚式当日、会場には個性の強すぎる面々が勢ぞろい・・・いつも酔っぱらっている花嫁の介添人のドロウジー・シャペロン、式の進行を手配する花婿介添人ジョージ。結婚式の主催者である有閑未亡人のトッテンデール夫人とその執事のアンダーリング、ジャネットのショウのプロデューサーで結婚式を阻もうと策を練るフェルドジーグ、その愛人でジャネットの後釜を狙うキティ、プロデューサーを脅迫するために送り込まれた殺し屋コンビ、ブロデューサーの命令を受けてジャネットを誘惑しようとするラテン系のジゴロ・・・。
ジャネットは果たしてロバートと無事にゴールインできるのか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

歯とれた

過去記事が2つばかし、10日夜2時くらいの時間に書き換わってて、UPされてた・・・。自分ではその時間さわってないんだけど。
なんかやだな~。ココログのサーバ側の具合が原因ならいいが。

昨日、浅草寺の屋台で、あんずあめを食べて、かったい水あめを噛んだら、左上のセラミックの歯のかぶせ物が取れた^^;
さらにガリっと噛んじゃって、割っちゃったし。
去年は夏から治療して、4本上の奥歯を金歯の詰め物にして30万くらいかかったが、またさらにかかる。
今朝、応急処置に行った。今回の場所がちょっと金歯が見えてしまう位置なので、またセラミックにしてもらうことに。
年甲斐もなく、あんずあめの水飴をこぼしながら食べたりしたからだね。

4年前くらいに総セラミックにしたけど、結局、取れたりなんだりで、上の奥歯は金歯に替えてしまった。
あと、夜つけて寝るマウスピースも出来上がってた。
歯軋りは誰でもするらしい。私の場合、歯軋りの音などは出ないけど、歯軋りによって歯の根本を痛めてしまうので、作ってもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

浅草

Image067 午後、浅草神社に、私の厄除けとダンナの方位除けで行って来ました。成人式の関係か、浅草寺の方は激混みでした。
門にドデカイわらじがありました。
おみくじを引くと、また大吉。この10年近く、ホントーに大吉だけなので笑ってしまう。しかも、前回去年夏に行った時のおみくじも第九番だったが、今回も同じ番号で同じおみくじなのがすごい。いつまで続くか、記録更新!
帰りに大学芋を買う。それから前から何度か寄っても、運悪く定休日だったりして閉店だった時計・メガネ屋へ。
ダンナが学生の頃、テレビの企画で物々交換で世界旅行をする、という番組で、まずはこの店で交換した時、鼈甲のメガネと取り替えてくれたらしい。鑑定で7万の金額がつき、おかげで世界一周できた。だからいつかお礼に買いに来ようと思っていたのだ。
サングラスを買う。後で確認したら予算はお礼として3万と考えていたらしい。サングラスが調度3割引き。ダンナ気に入ったものが引くと予算の半分くらい。私にも買ってあげると言ったので、買いたい予算があるのだろうと思い、遠慮せずに、ダンナの勧めたアニエスベーのグラサンにする。
さらに、ダンナの時計のオーバーホールを頼む。ご主人が技工士の職人で、ラジオなどで紹介されて、今では各地から修理の依頼が来るため、忙しくなったらしい。
20年前の話をすると、ご夫婦とも、とても懐かしがっていた。
私たち二人とも、今日は清々しい気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

よげんカフェ2

メッセージをもらいに、ひさびさ早稲田の預言カフェに行ってきました。
2時間近く待って、合い席になった人と話したらお互いに占い師だった(笑) 占いじゃないものを、というのと、ふと思い立ってというのが同じだった。
で、今回のメッセージ。前回とは違う人が担当してくれたが、基本の部分は似てたから面白い。で、今後やろうとしている事や、こうして行きたいという漠然とした気持ちのそのままメッセージをもらって、なんだか気が晴れました^^

「主は言われます。愛するわが娘よ、あなたの本当に素直さ純粋さ、本当にあなたは物事を見て、そのものを受けとることができる。何か捻じ曲がった目を通して見るのではなく、そのものを本当に素直にありのままを見て受けいれる事ができる娘ですよ、と主が言われています。
純粋さ、それが貴方の中に見えています、と主が言われています。
ですから、時には貴方が自分自身を出した時に、傷つけられてしまった事もあったかもしれない。そして、自分が思っている事が良くないのではと思ったこともあったかもしれない。
けれども娘よそうではないですよ、と主が言われています。
そして貴方が受け取った否定的な言葉、貴方を傷つける言葉、間違ったセルフイメージを貴方が受け入れてしまっている事に対して、私は回復、癒しをもたらしていきます、と主が言われています。
ですから、娘よ、貴方の心の中にあるその傷が癒されて、ますます貴方の心の中に喜びが回復され、喜びに満たされていくことを感じてください、段々と喜びに満たされていきます、と主が言われます。
そして、貴方の心が本当に喜びに満たされた時に、貴方は気がつきます。以前の自分がそこにはいなくて、新しくされた喜びの娘と変っているということを貴方はその時気づきますよと主が言われます。
そしてますます、私は貴方をストレッチし、拡大し、次のステテージへと押し上げていきます、と主が言われています。
あなたは、なかなか自分が前進しているように感じることができなかった、止まっているような、うまくいかないような、そういうところでもどかしさを持っていた。
けれども娘よ、今あなたの時が来て、成長が満ちて準備が出来て、次のステージへとあがる時が来ましたよ、と主が言われています。
そして貴方の心の中が整われて、ますます貴方が前進していく、ということを知ってください、新しい扉が開かれようとしている、流れが変ってきます、と主が言われています。
貴方は今までは、こっちの方向に進もうと思っていたけれども、流れが変わって、こっちから行ってください、と環境が変ってくる。
今までのやり方が変革されて変わって、新しいやり方を貴方の前に置きます、と主が言われます。
今までの事が新しくされて、貴方のひらめき、新しいやり方が貴方の前に置かれる事によって、ますます貴方が進みやすくなってきます。発想の転換がおこってきます、と主が言われます。
ああ、こういうやり方があったんだ、そのように貴方が受け取り、そしてそのことをやる事によって貴方が前進していきます。ですから、もっともっと視野をひろげてください、隅々を見渡すことによって、今まで見えなかったこと、気づかなかったことが見えてきます、と主が言われています。
そして、ますます私は貴方を大胆なものとして作り変えていきます。貴方は一歩踏み出そうとするのだけれども、横を見てしまって、その足を引っ込めてしまう、そのようなところがありますね、と主が言われます。貴方の心の中の遠慮深さを取り去り、貴方をもっと大胆に進んでいけるように私は貴方の心の中に勇気を注いでいますよ、と主が言われています。
そして、娘よ、もっと広い範囲において貴方が進んでいくということを知ってください。今まではひとつの方向だけを行こうと思っていた、けれども一つではなくて、もっと複数の場所が用意されていることを知ってください、と主が言われています。
貴方を拡大します、もっともっと広い領域において貴方が足を踏み入れていけるように私はしますよ、と主が言われます。
ですから貴方の前に新しいことがたくさんあります、期待しましょう、期待しましょう、と主が言われています。
そして娘よ、ますます貴方の心の中に自信を回復し、貴方を力強いものとして大胆なものとして貴方を導きます。
そして娘よ、貴方の後から来るものに対しても、貴方は手を差し伸べていきますよ、貴方の後をついてくるもの、追ってくる者に助言をし、励まし、称えあげ、引っ張っていくこと、それがおこって来ますと主が言われます。
そして、そのような者に対して、両手を広げて行ってください、そうすることによって、貴方の中に与えるだけでなく、喜びがもっともっと貴方の中に返ってきます、と主が言われます。
そして娘よ、今年、または来年は、すごく変革の時であることをしっかり握ってください。
何か色んなこと、煩わしいことが貴方の前にありますが、それらに対して目を留めて自分の物事に対する結果を自分で出してはいけません。
一つ一つのことを一つ一つクリアできるように私は貴方に知恵を与えていますよ、励ましを貴方にいつも語っていますよ、と主が言われています。
愛する娘よ、ますます私は貴方を前進するものとして今、導いていますよ、と主が言われています。」

知っている人が聞いたら、「あれだけ色んな事をしてきて、遠慮してるとは思えない」と言われるだろうな、と心の中で苦笑しましたが、そうなんだよね、特にこの1年は勇気は持てないというか、自分にも回りにも「遠慮」によって自分を押し込めていたところは少しある。たぶん、私はもっともっと進まなければならない宿命なんでしょう。

で、確かに先日書いた通り、まだ詳細は書けないけど来月からがらりと環境は変る。
あと確かに、母からの傷つけられる言動を克服をする為に、ある成功の形へ向かって約10年進んできたのだけど、特に結婚してからは癒しの方向性に進んでいるし、今までの進み方は、段々と今の自分とは違ってきつつあったわけ。
で、正月の抱負?のように、穏やかなチャレンジを複数、進めようと思ってて、それは傷が癒えつつあるから本腰で入れることができる気持ちになってきていると思う。
そして今、以前ならまったく興味が持てなかった事が、この数日で急に降りてきて、早速アマゾンで本を購入して研究中だが、こんなやり方があったのか、とわくわくして来ている(笑)。
今、これから新しい人生の次のステージへ進もう、と考えていることが肯定された感じで、まさに少し、自分と自信を取り戻せました。
今、目の前にある煩わしさや状況は、次のステージのためにいた仕方ない事で、それが自分の結果だとは思わないでおきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/04

御節とキックボクシング

Image061 恒例の中学からの親友Kのお父さんの作った御節を食べに行った。親友は1日にすでに食べたらしい。
ひざを悪くして今年でもしかしたら最後かもしれない、ということで今年はダンナを紹介がてら連れて行った。車で行ったので私だけシャンパンを頂きつつ。
美味しかったですo(*^▽^*)o

Image066 夜は空手仲間だったKさんと後楽園で待ち合わせをして、全日本キックボクシング連盟主催のオールジャパンキックボクシング2009を見に行った。
最後の石川直生とムエタイのタイ人との試合は、最初の2ラウンドは様子見みたいな感じで観客も消化不良な状態だったが、3ラウンド目で得意の飛び膝蹴りを顔に食らわして瞬間で畳み込みでKOで倒した時には、会場中がウオー!と沸き立った。私ももちろん、わー!っとKさんと盛り上がった。
勝ち試合は気持ちいいっすね。
明日からおシゴト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/03

明けましておめでとうございます!

Imgp09472_2
2009年、平成21年になりました!写真の赤べこは、結婚前にダンナと行った会津で作りました。
去年は色々と精神的に疲労する事も多く、乗り越えるというより、やり過ごす事で、綱渡りだった年でした。とても勉強にはなりましたが。仕事で色んな意味で耐える事を知ったというか(笑)家族の支えに感謝。
でも、年末にはっきりと結果が出て、本当にホッとしました。
詳しくは1月末に書きますけど、この結果があるのとないのとでは、2009年の迎える気持ち的な感情は180度違ったものだったと思います。
だから、今年は残り1年の天中殺ではありますが、成り行きは成り行きでも、心穏やかな成り行きになる事を祈っています。
あー!遣りたい事がたくさんたまってます!たくさん吸収したい事が。
天中殺は勉強にはぴったりの時期だしね。今のうちに、今後へ向けていろんな意味で人生の準備して、次の人生の段階へ向けてゆったりと進んでいきたいです。

今、学校に2つ通ってます。
1つは10月からバイヤーやショップオーナーや流通関係のマーケティングやディスプレイなどなど、今までのITとは違ってリアル系。(3~4年後以後のため)
もうひとつは、ずっとやりたかったFLASH CS3の勉強(アクションスプリクトはCS2)。FLASHだけは自分で出来なかったから、やれなかった事を自分でやれるようになりたいしね。WEBプロデューサーだと、自分でやれる必要性は仕事ではなかったけど、でも、ソフトの扱いを知っているのと知っていないのとでは差がある。
WEB製作、というビジネスモデルも、始めてから10年近くなった中で私の中ではすでに違う答えとなっていますが。
ま、込み入った話もすべて2月から。
野菜も育ててみたいし、もちろん子作りも再開(笑)、舞に歌や占いの仕事に、キーで弾くピアノに、金融系に、れこれあれこれ・・・ やりきれなさそうなので時間割りが必要そう。
何はともあれ、「穏やかにチャレンジ」が今年のテーマかも、です^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »