« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/29

ダササ乱高下な一日

神戸に出張。
行きに、スタッフの二人ともが、新幹線の二枚ある回数券を、どうやら二回通る改札機にそれぞれを通したようで、社内で車掌に手続きをしてもらっていた。この理由自体、私の勘違いだったのは後でわかるが、私は「へへー、私はちゃんと分けてたもんね〜」彼等の照れ謝りに「あら〜もう恥ずかしいんでしょ〜」と思い切りからかったりと、行きの新幹線から陳道中はスタート。
打ち合わせは成功し、現地で合流していた一人は現場で別れ、帰りはそのスタッフと3人で。
私が三ノ宮でお気に入りのセレクトショップ「キーファー」に3年ぶりに寄ってから帰ると言って誘い、じゃあ異人館通りまで一緒に行って、そこで解散しよう、となる。二人とも働きづめだし、リフレッシュかねて。
異人館通りまでは結構歩く上にキツイ坂だ。で、通りの端にたどり着いて、そこからひたすら歩く。
どうも休みの店が多い。もしやと思って店からのDMを見る。「今日は何曜日だっけ?」「水曜日です」「水曜日は定休日だってぇ。えへへ・・・」一同苦笑い。やっちゃったな〜という台詞が聞こえてきそうだ。
じゃあ気分を変えて、異人館を見に連れて行くよとさらに上る。身体が直角に曲がる程の細い坂を選択。ゼーゼーした。私の適当な案内に不安になってる感じはしたが。
風見鶏を見てから、また異人館通りに戻り、さっき目につけておいたカフェに入ってお詫びにご馳走。ケーキも美味しかった。たまにはいいね。楽しく少しの時を過ごす。
なんとか上司としての体裁?を取り戻したかな。
三ノ宮の駅で先に新幹線の指定席を交付してもらおうと提案して緑の窓口に並ぶ。待つこと30分近く。効率重視の私的には、またやっちゃったかなー、まあいいや、と思いつつ、やっと私たちの番に。
そして3人の回数券を提出。駅員の男性がちと黙ったので、二枚はオレンジの訂正紙が着いてるのを「この二枚はまちがっちゃったんです」と説明。すると私のチケットを指して、これも発券済みですよ、と。
スタッフの一人が慌てて一生懸命フォローし始めた。「あけはむさん(←本当は私の苗字)も間違っちゃってるんです」係員に「私達と一緒なのでこれも発行してください」と懸命に説明してる。発行してくれたが、係員は、やっちゃったなーとゆー感じのちょっと微笑みの呆れ顔。後ろでスタッフも笑いをこらえている。私はまだ理解出来なくて、何度かスタッフに何が間違えたかを聞いて、やっと理解。
今回のような回数券は皆初めてで、1枚には「発券済み」の赤い印字がしてあったが、それを行きに使うべきだったが、皆が皆、それが帰りのチケットだと思ったのだ。
新大阪に向かう電車で、私が意気揚々としてたのを思い出しては3人で笑いが止まらず。いやー、思い込みは駄目だねーと照れ隠し。
その後も私の奇妙な切り抜けの行動や、新幹線内での、おかしな昔の思い出話ネタや、お互いの趣味の話で盛り上がり、東京までの2時間半ずっと話してた。
スタッフが「今日のあけはむさんは、かなりおかしい」と変と可笑しいの意味で何度も思い出し笑いをする。
「いやー、私も今日は色々な人から、うっすら呆れられる事がなんか多かったよ。」
東京で一人別れて、女性スタッフと同じ電車に乗り換える。事故があったらしく、10分近く遅れた。途中で彼女が先に降り、ドア際の席が空いたので私は座った。乗り換えの為の降りる駅の一つ前の駅で、もうすぐ何駅に到着とダンナにメールをした。もう夜の11時近い。疲れてたせいか、ぼーっと携帯を見てしまい、降りる駅に着いてドアが開いてから、はっと気付いて慌てて降りようとした。
何かにけつまづいた。
ドア際にいた女性に私はなだれ込むようにぶつかったかと思う。ワァと言う女性の甲高い声と同時に、気付いたら、私は電車とホームにかけて、平べったく、うつぶせに倒れていた。
痛い・・・。右の腰と左足に激痛が。ほんの2、3秒だったかもしれないが、いや10秒位はたったか、ジーンとした痛みが通り過ぎるのを待って、ゆっくりと起き上がったが、腰が凄く痛くてうずくまった。
誰も、大丈夫かの声はまったくなく、シーンとしている。
とりあえず何とかヨロヨロと立ち上がった。女性の方に振り返って、すみませんと謝りながら顔を見たら、怒るとか、心配の顔でなくて、明らかに笑いをこらえながら、首を横に振った。ドアにいる多くの乗客の顔を、怖いけど瞬間見たら、笑い顔と、今日何度も見た、やっちゃったよ顔だった。
まだ腰が痛くて、またうずくまってから、のそのそと再度立ち上がった。駅員がかけてきて、大丈夫ですか!?と声をかけてきた。でも何故3メートル位離れた所から恐々声をかけるんだ?ターミネーターか?私が、大丈夫すと痛みをこらえながら言ったら、すぐに走って向こうに行ってしまった。
電車は私のせいで多分3分位止まっていたかと思う。駅員さんも伝達の仕事に忙しそうだった。
ふらふらと歩きつつ、柱でまた座って痛みが過ぎるのを待つ。
ホームの端だったから中程のベンチまですごい距離を感じた。
惨めな心持ちでダンナにメールをした。転んだと。
電話でも話し、とりあえず電車に乗り、自宅最寄り駅まで迎えに来てもらう事になった。
車に乗ってから笑いながら、今日一日の噛み合わせの悪い話をした。ダンナは黙々と世話をしてくれ、「大きな娘のようだよ」と言った。
今振り返ると、電車の人たちは、私を酔っ払いだと思っていたのかもしれない、と世間の無関心から自分を慰め、伴侶の優しさに感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/19

次郎長三国志

俳優 津川雅彦、マキノ雅彦監督の2作目「次郎長三国志」を見に行った。私が日曜日、学校へ半年間行き始めるための1日目だったので、午前中に品プリの映画館に朝から行って。
ダンナに今年1番の映画じゃなかったか?と見終わってから聞かれて、うなづく。
私は今でも、見たい映画は一人で見に行ってしまうが、ダンナが見たいという映画は、前売りをこちらで用意して時々一緒に見に行く。そのすべての映画の中でも、確かに良い作品だった。
前回、「デトロイトメタルシティ」を見に行った時の予告編を見た時、次郎長が出てきて、「俺たちは、マキノ監督の映画は全部見なければならない」というので、手配をしたのだ。(家のローンと光熱費はダンナ、それ以外の食費、雑費、通信費、レジャーなどは私の担当なのだ)

まだ付き合う前の2回目のデートで見たい映画がある、と言われ、マキノ監督の初作品、「寝ずの番」を見た。
2回目でのそのチョイスはなかなか、チャレンジャーなヤツだと言った。本人は普通に見たいだけだったようだが、ただ、私も落語ネタなど好きなジャンルだったので、無難なハリウッド映画に誘われても、あまり印象に残らなかったかもしれない。

次郎長の後半から終わるまで、珍しく、ダンナもぐしゅぐしゅ泣いてた。人情ものだからね、なんかいいんだよね。
予告で、マキノ監督作品の第3弾「旭山動物園物語~ ペンギンが空をとぶ~」をやっていたので、それも見にいくのか訊ねると「うん」。
「寝ずの番」のDVDも買った方がよいとも。はいはい、手配しましたよ、ついでに「天空の城ラピュタ」もアマゾンで同時申込しちゃった。

次郎長は第二弾があるといいな、と期待。石松が死ぬあたりとかも重要だし、温水さんの素晴らしい乗り移ったかのような石松をまた見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/16

久々、yosizumiさん情報

今、メールもらったものの、明日のライブ~!?とつっこみつつ行けないので、非常に残念ですが、yosizumiさんライブ情報。

-----
先月の9/28日に
ka.lei.do.scopeファーストアルバム(税込\2000)が発売となり、それに伴い開催するライブ。

10/17(金)国分寺ONE ツーマンライブ
open 18:30
start 19:00
前売\1500+1d
当日\1800+1d
(Op.Act THE宇宙人s)
ka・lei・do・scope
中山八大
(出番は19時半くらいから)

※国分寺は演奏時間は90分ほどたっぷりとやります
バンドスタイルでかなり良い感じです
(だそうです)

keiji  web
http://keiji.petit.cc/banana/

yoshizumi  web
http://yoshizumi.org/

国分寺ワン↓
東京都国分寺市南町3-17-2ナミキビルB1
Tel:042-325-7432
~道案内~
国分寺駅南口を出て左側に見えるみずほ銀行とデニーズの建物(STEPS)の間の通りにあるファミリーマートの地下1Fです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/15

TRUE LOVE

チアキセラさんの映像。歌も心地いいです。
夕日の映像と一緒に聞くと、魂が海に向かって飛んでいきたくなる気がします。
今、いろんなことで疲れてるけど、こういう映像を見るだけでも癒されるんだな、ってつくづく思いました。
http://jp.youtube.com/watch?v=DLmstgsSltg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

千葉の佐原

朝の番組で佐原が紹介されていたのと、池袋で千葉のプロモーションでパンフをもらったので、3日間のお祭りがあるうちの12、13日で佐原へ。川越とはまた違う小江戸の情緒があるらしい。レンタサイクルのサービスがあるビジネスホテルを予約しておいた。
常磐道から圏央道へ。牛久まで道が出来てたので、そこで降りる。牛久の大仏は見てみたかったが、道路から大きく聳え立つのが見えてラッキー。Imgp0862_2 12時くらいに到着して自転車をホテルで借りて、小江戸の町へ。そこここで祭囃子の音が聞こえる。山車は14台も出ているらしい。巨大な武士の人形を載せて、お囃子の人たちが中に乗って、大きな車輪を押して街を回る。Imgp0865_2
小堀蕎麦店が海草の麺で有名というので行ってみたが、すごい行列。諦めて別の店でカレーを食べる。
その後、2キロ以上自転車で香取神社へ。由緒ある場所で、巨木な杉の木に圧倒された。黒光りする社の屋根も苔むして、良い雰囲気だった。仲見世のある店が、カイ君のDVDを撮影した店だった。縁があるとダンナにからかわれ、ちょっと複雑な気分。Imgp0868_2
小江戸に戻る。農地に水を引いた橋が箇所箇所にあって、「ジャージャー橋」という橋がある。Imgp0871 調度水が流れていた。
その近くに、日本地図を作った伊能忠敬の旧家や資料館がある。旧家も大勢の人がごったがいしてた。佐原はアド街ック天国で紹介されたらしく、祭もあるから、混んでる。
伊能忠敬は17歳で婿養子に入り、酒や米などを売る店を大きくして、50過ぎてから蝦夷の測量に自腹も切って始めた。そのうち、政府がさらに協力してお金も出してくれるようになったという。資料館はかなり楽しめた。すごい技を見ることが出来て、感心しきり。ダンナの姿が見えないので探すとソファーにうなだれて座っている。足が疲れたと。忠敬にはおよばないね。
明治時代からある本屋の「正文堂」。Imgp0872_2
それから良質の白胡麻を精選し、伝統技術の玉締め圧搾による一番絞りの油を和紙で入念に濾過した、昔ながらの純正最高級の胡麻油(パンフレットから^^)の「油茂(あぶも)」。これは必ず買う予定だったので、行列に並んだ。
Imgp0874 お祭りの屋台でビールや空揚げを食べたり、お祭りも楽しんだ。夜は近くの小料理屋風な飲み屋に入った。あたりで、ハマグリ焼きや松茸の土瓶蒸しなど、結構美味しかった。ビワミンサワーも置いてあった^^

二日目は銚子へ向かった。ツール・ド・ちば、を開催中で多くの自転車が横を通り過ぎていく。利根川沿いに、青い空がどこまでも広がる。風力発電のプロペラが多い。Imgp0878
「ウオッセ21」という魚を食べたり、買い物が出来るところへ行く。タワーも上って、港や町を見渡す。利根川の蛇行も良く見える。Imgp0888 犬吠崎へも行ってみて、灯台の周りを歩く。さすがに疲れてたので、99段歩いて上る気はしなかったのでやめた。Imgp0890

今回の企画、ダンナはかなり気に入ってくれた。車で遠くないし、歩きと自転車で、天気も気持ちよく、スッキリしたらしい(笑)。私的には、もちろん楽しかったが、日ごろの疲れが抜けない中だったので、ちょっとしんどかったかな。やっぱり今度は温泉だね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

胃カメラ

金曜日、10年ぶりに胃カメラを飲んだ。
あの時は、若干吐血して(酒飲みすぎと、絵画個展のための作品制作のスランプや、毎日親の愚痴を聞いたりして、すんごいストレスによるものかと思う^^;)立っているのもやっとの中、鎌倉で個展をしてたから、毎日はいつくばって期間中通ったな。潰瘍までいかない、十二指腸炎だったから、よかった。
30過ぎると、図太さが増したか、胃が痛くなることはほとんどなかったが、最近、何気に胃腸の調子は悪い。健康診断で精密検査を受けよと、紹介状が入っていたので、久々に飲んでみた。
最初に麻酔ジェルを口の奥へためて喉を麻酔。5分間ためた後、少しずつ飲み込む。腕に筋肉注射。これがすんごい痛い。胃の活動を弱める薬。
内視鏡の扱いの上手さというのはあるのかもしれないけど、途中、ミニパニくりになりかけ、おえおえしたところを、ナースが背中をさすりながら「はい、深呼吸しましょう~!」と落ち着かせる。
経過診察で3ヵ月後にまた胃カメラを飲まなければならなくなった。でも生きてるからこんな苦しみも味わえるんだよ。

かなりグロッキーになったので、いきつけの人を指名してマッサージしたら、少し楽に。食欲がなかたったが、夜にはお腹がすいてきた。
7時から2時まで、中目黒で女3人で飲み。なんかずーっと6時間以上、熱く語ってた(笑)。結婚後、久々に夜遊びしてタクシーで夜帰ったなー。
3ヵ月後の結果が良くなるように、こーゆーのは控えなきゃねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »