« 渋谷の猿 | トップページ | 最後の親不知 »

2008/09/08

めげるな~↓。めげるな↑

ズーキーパーは1度クリアしたら、あれから2回もクリアできた。右脳を一度開放して、コツがわかったら、楽にクリアできるんだなー。

なんでもそうなのかも。能が慣れたり、何かが一度できるようになると、そうすると今まで足踏みしていたことが、楽に受け入れられたり、クリアするコツがわかったり。だから途中であきらめずに、とにかく続けることなんだなー。

最近、地唄舞がスランプ。というほどの芸をもっているか、というとまだまだだけど、前に出来ていたことが出来ずに、かなりめげてる。やっているつもりが出来てない。なぜ出来ないのかわからない。今まで生きてきて、どっちかというと器用な自分にとって、そういう事はあまりないので余計に苦しい。もしかしたら、出来ることだけをやってきたかもしれないが。師匠がおっしゃるには、今まで出来てたことは、実はわかってなくて、出来ているつもりになっていただけ、1ヶ月のブランクで体が忘れ、わかってなかったから、出来なくなってるのだということ。
奥が深い・・・。何事にも当てはまります。何でもそうかも。わかったつもりになってて、真として出来ているのか、というとそうでないかも。

あと最近、自分にめげることは、仕事上、言わざるを得ないから言うことになり、言い方や内容なども数日間、色々と考えて「その人のため」ということで一生懸命になったつもりだったけど、結果的には、自分を否定された、と思われたみたいで正直ショックだった。久々にめげた~。。。
なぜ、めげるか、と自分を内観していった。わかってくれなかったんだ、だけじゃないと。
思いの中に、10日間も話す事を色々考えたのに、相手が見た映画も見て、そのネタから切り口にしようか、とかどうやったらわかってもらえるか、その人の将来を考えたら、それじゃいけないから言うんだ、という大前提があった。それが良いと考えてたけど、そうじゃないかも・・・。
相手の素地の問題もあるのかもしれないけど、そもそも「その人のために、自分の考えをわかってらおう」という事の前に、仕事としても、その人のガス抜きとゆーか、まずは聞くだけ、でも良かったんだろうと思う。タイミングとしても、もう少し落ち着いてから仕事上の「教育」をすればいいし。
話すのが好きな自分としては、ずっと始終聞いているというのは拷問に近いかもしれないが^^;、自分のここでの人生の課題は、どにかく聞くだけ、という事を実践しなきゃならない、と思った。ただ黙ってというのは、聞いてないと感じられてしまうから、やっぱり、コーチングと同じで、それについてどう思ったのか、という事を相手に聞いていく、ひたすら聞いていく事を徹しなければ。

考えてみれば、親子の関係でもそうなのかも。子供に良かれと思ってしたけど、全然ひびかなかった、とか。
たまたま鍵があったり、そういう素地がある人なら響く場合もあるだろうけど、そうでない場合にも、余計な老婆心などで色々とあれこれと気を回しても、あれこれ考えて言ったほうは、あんなに相手のためを思ったのに、となり、言われたほうは、「言われた」で終わって「わかってもらった」という気持ちにはなりにくいんだろうな・・・。

反省を促したつもりだったけど、最終的には自分が反省、ですね。まだまだ自分に足りない部分というか、成長させなければならない部分は沢山あるなー、と実感。でも、こういうめげたり、落ち込んだりしたりなどネガティブな時こそ、成長できる時だし、受け止めていこう。


ダンナに思わず、めげることがあった、と一言メールしたら、どうした?と聞いてきたので、会って話す、と返すと、因みに何系?と聞かれたので、人間関係系、と答えた。すると「なるほどね、人類の永遠のテーマだね。」と書かれていた。
なるほどー、人類ー! 気が軽くなりました。

あれもこれも、めげずに続けていけば少しずつクリアするでしょう!ただしゲームオーバーはないだろうけど^^。

|

« 渋谷の猿 | トップページ | 最後の親不知 »

コメント

>mmさん
細かい詳細はわかりませんが、娘だった自分を考えると、親に言われると、うるさいな~と誰でも思いがちになりますからねー。
でも、お母さんの気持ちはちゃんと伝わってると思いますよ^^
とりあえず、素直に謝っておいて、突き放さない程度に娘の道は娘にまかせて、「信じてる、見守っている、愛してる」が伝われば、そのうち娘さんもわかる日が来るでしょうし、時間はかかっても、娘さんなりの進み方を自分なりにきっと見つけていけると思います。

投稿: あけはむ | 2008/09/12 10:49

(。>0<。)私も最近、娘にお仕事、頑張ってもらいたくて、よくよく考えて、メールしたつもり、でしたが、かんかんに怒らせてしまいました。
どう、仲直りしたらいいのか、分かりません、
どなたか、教えていただけないでしょうか?
苦い事言うのは、愛がある、証拠のつもり、何ですが・・・難しいです。

投稿: mm | 2008/09/12 00:16

>美姫へ

タイトル褒めてもらえて嬉しい(笑)

ある人から最初は向き合わずに、相手が見ているのと同じ方向を見て整理してあげる、と言ってた。なるほどね〜。向き合ってたな。
真剣に親身になるほど、ドツボ。かなり優しく言っても、言われた、という受け身な感覚な人で、かなりプライド高いと余計乖離するんだよね。しかも自分は絶対間違ってない、と信じ切ってるしf^_^; 職務上、指導しないわけにはいかないしね。その人のキャリアの事を考えたりする前に、とにかく相手の言動に疑問を投げ掛ける事からだな〜。まずは気付かせないとならないし。
占いなら、そもそも自分に疑問も持ってて、聞きたいとゆー意思があるし、頭に降ってくる課題や見えるビジョンをそのまま伝えればいいから楽だけど(笑)、対、自分と相手、というのはいつ何時も難しい事だね。
自分自身も成長のための課題として運命的に与えられてるから、課題が出る度に、解いていくんだ。

投稿: あけはむ | 2008/09/09 12:47

旦那様、素晴らしい!

超わかる…私もよくやります。あとから反省。
子供は「褒められて伸びる」というけど、まさにそう。ただし、時と場合には叱ることも必要。多分、大人も同じなんだよね…

言う方も言われる方も一時はへこむけど、前向きになれるタイプなら問題ないんでない?(←北海道弁?)
私も、厳しい上司(厳しい≠嫌味)優しい上司いろいろ当たったけど、精神的に楽なのは後者、でも自分が成長するためには?どちらがあってもいい。さらに相手の資質を把握しての上で話せる上司は完璧だと思うが、完璧でない人が多いからこそ、逆に言われた側には抜けができるのでは?と思うよ。

タイトル、センス抜群…

投稿: 美姫 | 2008/09/09 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/42416286

この記事へのトラックバック一覧です: めげるな~↓。めげるな↑:

« 渋谷の猿 | トップページ | 最後の親不知 »