« 親不知 抜糸 | トップページ | 徹夜 »

2008/09/17

AIGエジソン

今まで日本企業の生命保険に入っていたが、段々意味がなくなってきたので、積み立て投資型の生命保険に先月入った。いわゆる生きるためを考える、ってやつ。まだ日本企業の方は解約してないが。

ダンナと再会するきっかけにもなった友人(男)が、最近AIGエジソンに転職。私たちが家を立てる時には、不動産業をしてて、買う家も見てくれた。住んでるとこも近い。
んで、私はちょうど生命保険の見直しもしたかったところ、彼は転職して、いい商品もあったし、加入。つい先日契約成立したんだよね。
15年で支払い済みの一生涯保証。加入後6年目とその後3年ずつ約10万くらいのボーナスが入って15年後には40万くらいだったかな、先にもらえる。
まあ、これはボーナスつーたって先にもらえる、というだけの仕組みなので、先にもらうか、払い済み後もらうか、の違い。
外貨だてだから、積み立て金額はドルが固定で決まってて、円が変わるパターン。だから毎月の決定日に円高になるとちょっぴり嬉しいのだ。
因みに、15年後支払い済み後の解約なら、利益がちょびっと出る。もっととっておけば、さらに利益は上がる。生命保険の商品だけど、中長期型の金融商品として、小金を増やそうというのには良い。銀行金利が安いから定期代わりってやつ。解約時、円安だとさらにまた得する。ドル→円に変えるから。
だから、外貨だては、自分が投資した円より上がる場合もあれば下がる場合もある。
その点ではリスクはあるが、たぶん、そんなにハイリスクじゃないと思って。

で、15日の夜、ダンナと飲みに行き、携帯ニュースを見たら、リーマン破産やらバンカメ、がメリルを買収、と続けざまに出てて、エー!?とびっくり。まあこれらは繋がっているからそうなったんだろうけど。
頭の中では、おー円高になるかな、とせこい計算をした。
それより、飲みに行く前に、ダンナが買って来たDVDの映画が二人にとってはズドーンと来てて、そっちの方が頭を占めてた。「カッコーの巣の下で」。
救われないわ。いい映画だからこそ、クルよなー。ダンナは私と休日楽しく見る映画じゃなかった、と後悔していた。
たしかに、こういうテーマ性が重い映画は、覚悟がいるよね。むかーし、深夜テレビとかで見た気がするけど、まったく忘れてた。

で、話は戻って次の日、朝からその友人から電話。ニュース見た~?という。うーん、色々あるけど、何のニュース?と聞くとAIGが危ないっていうニュース。
あらAIGもー?といいつつ、それより、あなたが大変ねえ、という話をして一旦切る。
まあ、日本での保険商品だし、こちらとしてはさほど騒ぐことのほどでもないし、それより、この世界経済の大事件に、加入したばかりでちょっとした関係者になってるということで興味津々。

で、やはり、AIG本体は色々と今救済が決まったりとか、急遽経済は動いているよう。
エジソン生命は正常な運営をしているし、日本の保険はいまのところ保証されてるし、彼がいうには、AIGがキャッシュでエジソンを買った形なのでエジソン自体は存続していく、とのこと。
今、株が超下落してるから買い時という人もいるけど、こういう渦中に身をおかないのが一番かも。持ってる株はとりあえず持っとけばいいし。
15年のうちには、保険も日本でも保証しないとか、なるかもしれないよねー。
何かを持つということは、すべてに保証なんてないしね。
「所有」は必ず「無」と背中合わせ。

|

« 親不知 抜糸 | トップページ | 徹夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/42504572

この記事へのトラックバック一覧です: AIGエジソン:

« 親不知 抜糸 | トップページ | 徹夜 »