« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/30

恒例の誕生会

Image386_2
水曜日、中学からの同級生Kが誕生日のお祝いをしてくれた。
それぞれ誕生日が7月とKは2月で、中高一貫だったから、高校までは一緒だったが、卒業後お互いなかなか会えないため、毎度のことながらお互いの誕生会をお祝いすることになって、はや17年か。
ばーちゃんになるまでやりたいね(笑)
リクエストを聞かれたので、家にずっとこもってたので「開放感」をリクエスト。

水曜日だから映画が1000円なので昼間一人でヒルズの映画館で、久々に映画鑑賞。インディージョーンズ。予習をしてなかったので、すっかり前のを忘れてた。あれは、予習すべきですわ。でも、頑張ってたな~、インディー。
その後、BALS東京でアルバムを購入。というのも、ここでやっとこの1年間以上の写真をデータ整理。結婚からこっち、ナンも出来てなかった。コニカミノルタのオンラインラボが調度半額セールだったので、500枚にも及ぶ写真を申し込む。7月31日までだからあと2日しかない。あわてて写真を選択したりデータをUPするだけでまる二日。
この休養の後半になって、やっと何か集中するモチベーションも出てきて、セールの魅力におされ、えいや、とやった。半額セールは魅力です。2万くらいかかったから、普通にやったら倍かかっていたところ。
あと、結婚報告&引越しハガキのデザインも作成。10月までが郵便の転送リミットだし、これもそろそろ、と^^;
で、いままで個人のは自分のアルバムに丁寧に貼ってきたけど、2人のは違うアルバムにしようとか、結婚と新婚旅行は専用のアルバムにしよと思い。
調度、合成皮でできたとても良い色のオレンジのイタリア製のアルバムで、表紙に4枚の写真が額のように貼れて、そのサンプル白黒写真がヴェネチアだったので購入。旅行はフィレンツェとヴェネチアだったからね。結婚式用のは白い小さめのアルバムを2冊。

Image392 Image393 17時にスタバで待ち合わせ。「開放感」のテーマということで、なかなかピッタリくるレストランがなかったということで、ヒルズの展望台にまずは招待してくれた。
展望台は初めてだった。いま水族館を期間限定で開催。アートと水族館のコラボで素晴らしかった。TV取材も来てた。
特に二人とも感動したのは、金魚の屏風。まるで生きている日本画。一見の価値あり。
また、この日は、久々に爽やかな日。屋上にも上ることができた。風も穏やかで、景色が遠くまで見え、本当に開放感を味わえた。
Image396 沈んでいく太陽は優しく、明日へのパワーが充填されるようだった。こんな遠くまで見れて、暑くなく、爽やかな風の日はそうないだろう。ラッキーだった。Kが今年購入して引っ越したマンションも屋上から良く見えた。
また展望台に戻って、ペリエカフェでジュースをご馳走になって、その後ミッドタウンへ移動。

女医のKが以前接待されて良かったということで、Union Square Tokyoへ。窓からミッドタウンのガーデンが良く見える席を予約取っててくれた。
Image400 Kが言うには見晴らしもいいが、スタッフのいい男率が高いとのこと(笑)。たしかに、対応がとにかく爽やかで楽しく親切。いい男はマメじゃなきゃね。
量を相談しながら、前菜2種とフォアグラのソテー、メインはイベリコ豚と本日の魚の金目鯛。どれも、かなり美味しかったが、特にフォアグラが、最高!口の中でフワッって溶けるようで、ここ暫くはここまで美味しいフォアグラは食べてなかったんでないかい!?久々に感動。
酒は飲めないのよ、といいつつ、結局飲み収めということで、シャンパンと白と赤で3グラス頂きましたm(_ _)m
黒人スタッフの人がまた楽しくて、最後の方で私に私の名前を右肩越しに聞いたので、振り向いてアケミと答えると、「ダヨネ~」と言って手を指したのでテーブルに目を戻すと、白いお皿にHappy Birthday Akemiのチョコレートの文字とカワイイケーキが。自分で歌を小さく歌い(笑)、細い1本のろうそくを吹き消した。またレストランに預けてあった花かごもプレゼントしてくれた。お花大好き!
デザートも頼んでいたので、それもパクパク食べてお腹いっぱい。ダンナにお土産もって行きなさいと大好きなマカロンもくれた。何から何まで~(*^_^*) おしゃれなシチュエーションをずっとセッティングし続けてくれるのは、今も昔もあなただけよ~。
ダンナはこういうセッティングはからっきしなので、ま、私が全部セッティングするんだが(笑)

帰ったら調度ダンナも帰ってきて昨日のおかずの残りをビールと食べてた。お花を見せたり、景色の話をしたりしてたら、いいな~とうらやましそう。マカロンくれたよ、と言うと、マカロンがわからず何度も聞き返された。ウマイウマイと食べてた。自分のものだという自覚か、次の日見たら、全部食べてしまっていた。花はリビングのテーブルに飾った。Image401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/27

久々舞の稽古&占い

昨日土曜日、1ヶ月ぶりに上方舞のお稽古へ。新しい曲がスタート。あ、曲名聞くの忘れてた。久々に汗を書いて稽古をして、なにやらすっきりした。暫く体を動かしてなかったからかな。
終わった後、色々とお話を聞いた。名取についても師匠が霊媒師にいつ頃がいいかを弟子のうち4人分のを調べてて、私はやっぱり今は天中殺なのでそれが空けてからの再来年が良いらしい。名前を考えておくように言われた。自分の希望をいくつか言って、先生に決めて頂くのだ。杯を交わす式をするらしい。皆芸事にはいい星を持っているとかで驚いてた。
その後、渋谷へ向かい、スクールの見学をした後、久々トリンへ。8月のスケジュールを入れたり、他の占い師さんたちとも久々に話せた。もう来ないだろうと思っていたら、たくさんのお客さんが入っていらしたので、急遽一人だけ鑑定した。うん、大丈夫だね。
8月2日から復帰しまーす!
でもさすがに帰る頃には、ぐったりしてきたので、まあやっぱり少しずつだね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/25

自分さがし Part2

昨日は近所の例の歯医者へ。先日出された治療方針に沿ってスタート。今までで最も腕のいい医者だ。他の医者では難しくて出来ないと言った治療も、彼の腕では微妙なところができる。ただし、追求型だから、口をとことん引っ張られて治療は厳しいっす。一人に1時間近くはかけて、先生が納得いくまでやるし。都度鏡で見せて説明。ダンナの初診の予約も取った。
少しずつ、自分リカバリー。
今日は、以前紹介してもらったインド人ヒーラーのナレンドラさんに会って霊視してもらった。生年月日とか、兄弟構成とか、玄関の位置、寝ている頭の位置とか、そういった情報をお伝えし、最初は彼から色々言われる。最後にこちらから質問。記録のためメモを書き出してみる。
「子供は息子と娘の二人。子供を作るため、酒を止めること。生んだら飲んでいい。母になる事が先。
42歳まで健康など色々なことが良い状態。今は色々なことが一番いい状態。特に37歳~39歳は金銭的にもよい。海外への旅行もできる。
43歳~44歳は×。健康とダンナとの間に注意。短気にならずに、冷静に、人に優しく接することを心がける。鬱にならないようにも気をつける。
44歳で悪いカルマが終わり、45歳から新しい人生のスタートで、深くスピリチュアルな世界へ向かい、人々を助けることをしていく。
概ねお金の心配はない。ただし無駄遣いしないように。(ははは、反省^^;)
(車は乗るか聞かれ)車は大きな事故はないが、気をつけた方がよい。
45歳からはシンプルで平穏な生活が出来る。
ダンナの仕事は良い。
今生では離婚はなし。ダンナとは良い関係が築け、良い奥さん、良い母親になれる。
45歳以降は海外なども色々と行くことになる。人を助ける仕事をする。
50歳の時に子宮と心臓に気をつける。ガンじゃないが。
他の人から悪い気をもらい病気になることもあるので、瞑想をして出しなさい。
さらに、悪いカルマは55歳で終わり、真に自由になる。
70歳まで仕事を続けており、何か経営をしている。
83歳以上は生き続ける。孫の顔も見る。
本を書くことを考えているなら、書くことで名声を得ることが出来る。(おお~!いずれ本は書きたいと思っとります^^)
対人関係は問題ない。しかし、人に近づきしないように。そうすると家族で問題が出てくるので。 平穏な人生。

過去性でも300年前くらいに日本人の女性で、良い家庭に生まれた。二人兄弟で兄がいた。16歳の時にお見合い結婚。夫は農夫で、私は専業主婦だった。3人の子供が生まれ、2人の息子と1人の娘だった。とても強い女性でご主人をコントロールしていた。主人側の家族とは、家とか土地のことでトラブルがあった。54歳でガンで亡くなった。過去性からの今とのつながりは、現在の兄、母、これから生まれる子供。

私は父の父(つまり祖父)が守ってくれている。あとは、きつねの神様、教育の神様、お金の神様がついている。(どうりで「小さな小さなきつね」というきつねの神様の絵本が子供の頃からの宝物だったわけだ・・・)

オーラは頭が赤や黄色のような炎の色でスピリチュアルな能力、緑のオーラは幸運、ピンクは恋愛、あと白と青のオーラがあり、平穏な人生を表している。
ラッキーナンバーは3(はい~一番好きな数です)、ラッキーストーンはルビー、ラッキーカラーはピンクと紫、もしスピリチュアルなことに関わっていくなら白とオレンジ。(ピンクとオレンジ大好き)

今年また妊娠するであろう。」

あとはこちらかの質問タイムで、家族のことなどを質問したり、「私の悪いカルマは何か」聞いた。
「人からの嫉妬や病気による。嫉妬されないように気をつける。嫉妬されなければ病気で出ることもある。(50歳までが気をつけるみたい) ダンナと喧嘩しすぎないように。」

あと、自分がしたいと今考えている事をいつ頃スタートしたらいいか、を聞くと、とにかく先に子供を生んでそれから。今生では、母になることが課題となっており、それをやってから、あなたはよりスピリチュアルな事で人々を助けられる、とのこと。
息子が出来ます、とまた言ったので、娘もなんですよね?と聞くと、一人目が出来るとすぐ次に出来る、そう。

最後に、手の平を上にして、彼がその上に手をかざし、暫く気をめぐらした。
「手に蛇を持っています。」と、通訳が言ったので、ヘビ~!?とちょっと驚いた。
「その蛇により、幸運をつかむことができる。ビジネスもOK。あなたは良いエネルギーを持っている。ただし、手を人にあまり見られない方が良い。」
パワー温存のようなものみたいで、蛇を大事にする、ということのよう。
「クリスタルボールなどを使い、瞑想をすると良く、ブラックオニキスを身につけるとよい。」

とまだ時間はあったけど、特に今日はもう質問はなかったので、これで終わりにした。

とりあえず
禁酒 ですな!
んで、妊娠&出産してから、次のライフステージに向かうと。そのためには今、考えていることを少しずつ実践していこう。あせりは禁物だね。
今回の休養で、自分の弱さ強さも知ることができた。今までの数十年の精神的な疲れの方が大きいが、次の人生に向けての休養と、見直しでした。
少しずつ復帰していきたいと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/07/24

地唄舞の会

水曜日、半年ぶりに美容院へ行った。Jさんからメールが来て8月からまたハワイへ1ヶ月行くというので、そろそろかなと。
水曜日だけ松戸の店舗へ行っているというので、青山まで電車で一人で行くのも、人込みもしんどいし、松戸の店舗へ初めて行ってみた。車で1時間弱だから、電車で青山へ行くのもそう変わらないし。
久々にたくさんしゃべって、髪もさっぱりしたし、リフレッシュできた。またストレス発散。
夜は、舞の師匠の会。ダンナの両親と一緒に行ってもらった。
題目は地唄「由縁の月」、地唄「からくり的」。
私から招待させてもらった人もいらしてくれて、久々に話せたし、他のお弟子さんにもお手伝いできずに、というご挨拶も出来たし、終わった後、先生にもご挨拶でき、久々に会えたので、少しほっとした。先生の弟さんにも、また稽古に励んでください、と言われ、また少しずつやっていこう。
先生の会は、2曲踊るのだけど、なんか感動した。こんな舞の内容があるんだ、と思ったし、やっぱりこの伝統芸能は貴重だな、と改めて思い、またお稽古つけてもらおう、とモチベーションもあがった。
帰りに自宅の最寄り駅でダンナとも待ち合わせし、以前から話していた近くの小料理屋「然」へ4人で行き、私の誕生祝をしてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

戸倉上山田温泉

今日22日は誕生日♪ 14日の検診でお風呂もOKになったので、誕生日プレゼントで温泉に連れてってくれることに。
私は殆ど家にいるから私が探した。関東近辺で、なるべく道路が空いている方面である程度のグレードで、貸切風呂があって、と探したら、1週間前で1箇所見つかった。
戸倉上山田温泉の「滝の湯」。個室露天風呂もついてて、貸切露天温泉も借りれるプランで、朝夕食事がついて二人で5万円。
誕生日ということも伝えてダンナの名前で“じゃらん”で申し込んだ。さっそく返信が来て、ちょうどお祭りがあるという。当日の詳しい道路状況とか、観光地などのパンフをすぐに送ってくれた。
20日からの2泊の予定だったが、前日の昼過ぎに富山の出張から帰って来たダンナが仕事がひと段落したので、夕方部屋から降りてきて、これからもう向かおうという。途中まで進めるとこまで進むという提案。たしかに当日の朝出て3時間以上車に乗って、しかも暑い中だと、現状体力的に辛いかも。
で、東○インの割引券があったので、ここのホテルの空き状況から、群馬の藤岡で1泊することに。もう夕方の5時。色々準備したり、ダンナはジョギングとか行きたいというので、その間用意をしつつ、藤岡で食事が出来るところを探した。
近くのホテルの最上階のレストランで誕生日の記念をくれたり、写真も撮ってくれるところを印刷。
夜7時くらいに家を出た。道路は空いていた。8時くらいでほぼ近づいてきたのでレストランへ予約。
8時半にホテルにチェックインをしてから、レストランまで歩いていった。夜景もそれなりに綺麗で、レストランも生ピアノも弾いていて、とても落ち着いた雰囲気のいいレストランだった。コースを頼んで乾杯。
写真も撮ってくれて、記念に薔薇の鉢植えをレストランからプレゼントされた。ダンナも想定外の展開に喜んでた。ってセッティングは私だよ、とか今日行こうと言ったのは俺だしとお互いになぜか自慢しあい。
次の日10時ごろに出発して、戸倉上山田へ。こういう土地があるというのはお互い知らなかった。
パンフレットにあった「奥津神社」(正確には奥にさんずいがつく)が有名な男女和合の神で子宝の神様ということで、あとちょっと寄るところだったら、ここくらいかな?と思って、先にここに行ってみた。温泉街から山の急斜面を車で登っていくと、花火の準備をしていた。善光寺大本願別院の駐車場に車を停めてまずは別院を見学。見晴台から町が見渡せて広々。別院のところに立派な水子観音像が建立されていたので、ちょうどいいので二人でお参り。
駐車場を過ぎると奥津神社への案内板が。すごく小さな入り口から上る狭い坂があって上っていくと、祠のようなものが。そこにはデデーン!とあの男女のご神仏が・・・。二人とも、一瞬唖然として、す、すごいねえ・・・と驚きと笑いで、お参り。
寺へ戻って護符を買って、帳面みたいになっていたので開いてみたら、中にご神仏の白黒写真。うーむ、ご利益ありそう。
とにかく暑いから、そのまま宿へ。通常15時のチェックインだが、お祭りで道路規制の関係で13時からのチェックインが可能だったが、12時過ぎには到着。車を駐車場に停めさせてもらって、近くの手打ちそば屋を紹介してもらって、こじんまりした個人のお店までテクテク歩いていって食べた。きのこの蕎麦を頼んだ。ほとんど蕎麦粉ってカンジで、歯ごたえよく美味しい!
戻ってきて宿のチェックイン後の説明を聞く。どうやら山側で花火があがるので、貸しきり露天風呂から見えることがわかったので、花火が始まる予定の8時から予約した。
部屋に入って、個室露天風呂で一風呂浴びて一休みしてから、お祭りを見に。犬もハッピを着てる(笑)Imgp0759_2
中央通りに出たら、山車に芸子さんが4人乗っていて、大きな獅子が寝ていた。 Imgp0760_2 Imgp0763_2

暫くすると、ナレーションが流れ、昭和天皇の即位を記念して戸倉の若者たちが企画をして始めた祭りが80年受け継がれた、というような内容だった。山車に芸子、獅子という組み合わせが不思議。
巨大獅子に何人もの男が入った。
そうして、柳?を持った男が獅子の鼻先でゆらゆら揺らすと、獅子が少しずつ目覚めてきた。Imgp0766

そして、ゆっくりとしたお囃子の音に合わせて、ゆっくりと起きてきた。大きな太鼓の音で完全に目覚めたら、獅子がくねくねと曲がりながら猛り獅子というらしいが、勢いよくめぐり始めた。Imgp0772

後で聞いたが、この起きる役目の人は、毎年順番に変っていく。練り歩きながら、頭役はどんどん交代していくようだ。電柱や壁に当たるのをふせぐため、添えての男が3人ほど、道の端で獅子の頭を押し返している。2時からはじめて夜10時まで回るのだ。酒などを用意している宿や店などをぐるぐる回りながら。他に神輿もいくつか回ってくる。Imgp0779 よく見ると、あの奥津神社の御神体。どうやら、男神輿と姫神輿もあり、夜になると、これらの御神体がぐるぐると回ったりするなど、子孫反映を願っての祭りっぽい。OLだけの女神輿もあると聞いた。神輿は前後が決まっているというよりは、正方形で神輿自体がぐるぐる回りながら進んでいる。
3時くらいに滝の湯の宿に来ると聞いていたので屋台を回った後、宿に戻って待った。Imgp0792

町中の道を猛り獅子がおんさおんさとやってくる。宿の壁越しにも山車が見える。Imgp0798

この山車は2階建てで、2階には芸子さん。1階はお囃子の方たちが、ずーっとチントンと鳴らしている。芸子さんたちは、山車が止まるとお得意さんに小さな内輪を手を差し伸ばして渡していた。隣の宿に止まったら、一人の芸子さんがテープの唄に合わせて踊った。暑い中大変・・・。
獅子の中には外人さんもいた。振る舞い酒の越の寒梅を2杯ほど私も頂く。
次に神輿もやってきた。男神輿の御神体の神輿だった。Imgp0806 宿の女将が挨拶をする。
私らも二人で写真を撮ったりなどしていた。
神輿の男の一人が、私たちに、お客さんも1000円からお賽銭をすると三三七拍子を全員でしますよ~!というので、ダンナの1万円を宿で崩してもらって、1000円を私が神輿についているお賽銭に入れた。
すると、担ぎ手の男が「はい!おおきいのがはいりまーす!」(ま、そういう意味なんでしょう^^)と言って全員で三三七拍子。奥津神社の家内安全、子孫繁栄のお札もくれた。ありがたい~!
さらに、若い担ぎ手が、女性が御神体をさすってください!というもんで、笑いながら、神輿の中に入っていって、ささっとさすったら、その人が「あ、いくっ」と言って、私も含めて全員で笑った。ダンナを見ると一人どんびきしてた。後で聞いたら、どう反応していいかわからんかったと。
こういう御神体の信望は古くからあるけど、アジア独特で、外人さんも担ぎ手や観光客にいたけど、不思議な文化かもなあ。ダイレクトに子孫繁栄を願うのだ。
その後、大浴場にそれぞれ入って、私はさらに背中のリラクゼーションを予約していたので、別の部屋でオイルマッサージ。半分寝てた。
部屋に帰ると、食事の準備が始まっていて、ボーっとしながら、食事スタート。オリジナルの創作料理が中心で、内容はかなりよかった!二人の温泉旅行の中でも一人25000円レベルは初めてなので、やっぱり違うね~など言いながら、満喫。外では祭囃子や太鼓の音が鳴り響いている。日本の夏。
かなりお腹いっぱいになって、8時から予約していた4階の貸切露天風呂へ。入りながら、花火を始まるのを今か今かと待ちつつ、お湯に浸かったり出たり。ホラ貝が吹かれて、しばらくしてから、花火の紹介アナウンスとともに花火打ち上げ!ちょうどこの露天風呂から立って見ると、打ち上げ場所も見ることが出来、目の前でドーンと打ちあがる。
すごい迫力。裸で風呂に入りながらの花火は初めてだね。
花火は色々な種類がアナウンスごとに打ちあがる。綺麗、すごーい!といいつつ、かなり素晴らしい時には拍手。
時間が8時45分までなので、ぎりぎりまで見て、急いで上がって、外に浴衣で出て続きを見た。それから何本か上がって終了したが、最後の特大スターマイン、グランドフィナーレ サマーナイトフェスティバルという花火は、横一列にドンドンと上がり、最後に歌舞伎の蜘蛛の巣のように、黄金の巨大花火が打ち上がった時には、あまりにも綺麗で涙が出そうになった。
そのまま中央通りに出てみると、神輿が通りに集まり、最後の練り歩きがはじまるところだった。女性が男神輿の上に4人乗っている。頭にはピカピカ光る電光の髪飾りを皆つけていて華やか。女神輿もそうだが、女性は全員若くて美しい人たち。男性も結構若い人たちが担いでいる。ギャル、ギャル男系の人たちが結構多い。こんなに若い人たちがいるんだ、と驚き。途中まで見て、あとは部屋の地元のケーブルテレビの1CHで続きを見た。
司会のアナウンサーが「男女和合の神様の奥津神社の神輿を担ぐ、若い皆さん、今年もこれを機に新しいカップルが生まれるかもしれませんね!」と言っていた。
神輿に女性が乗るのをタブーとする所もあるが、ここは男女和合がテーマだから、ダイレクトな祭りで、なんか良かった。
ダンナとも、偶然にも水子観音も参拝できたし、子宝神社で有名な奥津神社にも参れ、さらには神輿にも触れ、花火で厄落としも出来、意味のある旅だったね、と語り合った。祭りの音は10時まで鳴り響いていた。
次の日、朝風呂を大浴場に入りに行き、帰ってきたら、すでに布団も片付けてあって、しばらくすると朝ごはんを運んできてくれた。
朝食は、とろろに5種類の卵や海草、納豆など、小さな小鉢に入ったおかずセットがあり、混ぜても良いし、それぞれ食しても良いようになっていたり、工夫があった。胃に優しい内容。
食後、私はメイクなどの準備をしていたり、食事の片付けが入る間、ダンナはまた風呂へ。
チェックアウト時、夕食時に撮影した写真をROM付きでプレゼンとしてくれた。
宿を後にし、宿の目の前を流れている千曲川を散歩。川に少し入ってみたら、流れも速く、冷たくて気持ちよかった。鮎釣りの人たちがたくさん川の中に入っているくらい、綺麗な川。Imgp0810

宿の仲居さんが教えてくれた近くの薔薇園で薔薇を見たり、お土産などを買って、11時には出立して帰途へ。早く出たおかげで、スムーズに帰ることが出来、1時半には帰宅。
さすがに疲れつつも、元気に旅が出来、いい誕生日になりました。
帰ってから、半年前以上に録画した「武士の一分」をやっと二人で見て、涙。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/19

5年ぶり再会

前職の後輩だった“まぁ”がお見舞いがてら遊びに来てくれた。ブログを読んで携帯にメールをくれて、だいぶ元気になったし、遊びにくるかい?とお誘い。彼女も今は小休止中だったようなので、さっそく昨日来た。あいにく大降りの雨の中、車で迎えに行ったら、5年ぶりに見る彼女はかなりお姉さんに。私より5つ下だから、あの頃は彼女は20代なかばだったのかあ。
彼女がファンの俳優さん兼声優さんが沖縄で舞台の主役をやるとゆーので、一緒に行かないかと誘われ、さらに沖縄は初めてと言われたので、旅行プラン好きな私がツアープランをたてて、車をレンタルしてメインなところへ色々と連れてってあげた。ガラスを吹いたり、若者の棒術の練習に飛び入りで一緒にやらせてもらったり、かなり充実した楽しい旅になった^^ 前職の会社を退社後、彼女も3ヶ月くらいで退社し、1年後くらいに会ったきりだった。時々メールなどはしてても、状況は詳しくはよくわかってなかった。
で、その後どうなったかという話をお互いに話して、まぁが相当頑張って、システム系のコンサルの仕事をしたり、激務の中、大学の通信制にさらに編入して、仕事に関わる学位をとって、この3月に卒業したり、など色々と話を聞いて、6年前にはフニャフニャして(笑)、天然お日様系の彼女が、すごく頑張ってたんだな、とわかって、波乱万丈なことを乗り越えてきたんだと感動した。
今は、小休止中で、次のライフスタイルを探している最中のよう。
後で調べたら、同じ子丑天中殺。
お互い、体調を崩すこともあったり、模索時期だったりするけど、ゆっくりいきましょうや。

私は数日前までは人と話すのもしんどかったけど、長い時間話せたし、まぁからも元気そうと言われたので、よかった^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »