« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/27

レイトン攻略!

DSの「レイトン教授と不思議な町 」と「レイトン教授と悪魔の箱 」をやっと全部コンプリートした。電車の中とか待ち時間でコツコツ。
悪魔の箱から始めて、ゲーム内のチェスの最後の位になるともう攻略できなくなってきて、大体攻略できたし、と思い、不思議な町を買ってやってみたら、2番目に出た悪魔の箱の方が、さらにユーザビリティがよくなっているとわかった。
不思議な町は、なんとか攻略できて、全部攻略するとこうなるんだ、とわかって、悪魔の箱に戻って、やってみた。でも「ひみつモード」内のレイトンからの挑戦状のパニッシュ4とか、もうやってられなくて、とうとうウェブに載っていた攻略方法を元に、代表的な2つのサイトを利用して、チェスとパニッシュは終了。
ひみつモードの最後の砦、「悪魔の箱」のスライドパズルは、もうムリ。
箱根で売ってる、からくりの箱みたいに、一度戻したものをまた2手後すぐに元の位置に戻したり、相当数学的な頭があるか、スライドパズルが超得意じゃないとムリ!
ゲーム内のヒントも何言ってるか理解できず、代表的な攻略サイトの片一方は間違ってて、途中で終わってるし、もうひとつは読んでも、ぜんぜんわからん。
http://kumicyou.sakura.ne.jp/gs/reiton2/nazo153.html
は、どうしてもわからなかったら、オススメ。一番わかりやすかった。

★追記:2009/9/8
今確認したら、↑のサイトは変わってしまっていました。
悪魔の箱の153への検索ワードでも多いので、以下をご参考ください。
<手順の図が載っているページ>
http://hantenreiton.web.fc2.com/nazo/153.html
<スライドパズル万能解答のソフトで解く>
http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se063744.html


自分で攻略したい人は、がんばってください・・・。
まあ、一度攻略して、次は自分でやってみるのもいいかも。あたしゃ、もうやらないけど(笑)
次のレイトンシリーズを待ってます。

一応「悪魔の箱」、最後の72手の1手前の画面。赤いボールを○へ移動して終了。
Image379

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

CIGARO(シガロ)

Cigaro フレグランスリラクゼーションギア。
CIGARO(シガロ)

すーっとして気持ちいいです^^ 某、薬みたいな表現ですが(笑)
ブラシナさんの商品でネット関係の会社ですけど、こういう自社プロダクツも作成&発売。早速購入してみました。
パッケージのデザインとかもかっこよくて、プレゼンとにもオススメです。モノ自体はがっちりしてて、吸い口とか、中の香部分の付け替えが出来、あと携帯用の小さいケースもついてます。
禁煙したい人にも、もちろんいいですが、吸わない人でもすーっとしたい時にガム代わりに利用してもよし。
これから他のデザインとかも出てくるみたいです。コラボも結構やられるみたいだし。
購入はProducts内から出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/25

自分さがし

ここのところ、自分探しの機運の流れがきていて、自然とまたそういう出会いがある。
おととい、前に勧められた早稲田にある預言カフェに行ってみた。あと、先日数年ぶりに久々に会った大学の後輩だった男の子、ってもうお互い30過ぎだけど、オーラソーマの講師などもしている、ということで、今日その初心者向けの講習会を聞いた後、コンサルテーションを受けたりもしてみた。
総じて、去年10月にオーラリーディングのユリアさんからも、大体同じことを言われている。記録のために書いておくと、いずれ自分なりの大きなことをしていくこと、ということ。でもいまだにそれはわからないんだけど^^
オーラソーマのなりたちなどを聞いて勉強になった。
080525選んだボトルは


ボトル番号 037
カラー バイオレット/ブルー 
ボトル名 The Guardian Angel Comes To the Earth(地上に降りた守護天使) 

ボトル番号 018
カラー イエロー/バイオレット 
ボトル名 Egyptian Bottle I/Turning Tide
(エジプシャンボトルI/ターニングタイド) 

ボトル番号 040
カラー レッド /ゴールド 
ボトル名 I Am (アイ・アム) 

ボトル番号 054
カラー クリアー/クリアー 
ボトル名 Serapis Bey (セラピス・ベイ)


4本目はカラーがまったく入っていないものを選んだ。色々な心の枷から開放されて、自分の可能性が無限だと自分を信頼している、らしい。

預言カフェもそのまま書き出してみる。通常テープに撮って渡してくれるが、在庫も少なくなっているとかで、ICレコーダーを持っていった。
「主が言われます。わが娘よ私はあなたを本当に愛しています。
あなたが今まで時には前に進むことを躊躇したり、自分だけこっちに行っていいのかな、全体的な流れのと自分だけはずれていいのかな、とか何か選択に迷いながら、でもあなたは進んできた。
そして、でも自分を犠牲にすることもあったりとか、何か状況がうまくいかない時があっても、頑張って進んできた。それは私は(主)ひとつひとつ見てきました。
あなたは物事を生み出すことができます。クリエイティビティとか大胆さをもっているので、たとえばビジネスをはじめるとか、たとえばチームで働くとか、あるところに行って、9時5時で働くとかではなく、それ以上の企業家みたいなことが出来る、と主が言われています。
あなたは、もらったものに対して忠実に管理することが出来ます。あなたはいい加減にするのではなく、もらったものをしっかりと管理することが出来る。たとえて言えば良いガーデナーです。ですから必要を見て、何を与えるのか、そしてそれが単純な事であっても忠実にすることが出来るし、どこか長期間どこかへ行かなければならない時も、しっかりとあなたがすべきことを人に渡すことができる。いい加減でなくちゃんとすることができます。
ですから、あなたに与えられたもの、管理すべきこと、それらはすごく成長していますよ、と主は言われています。
あなたはこれから広がっていきますが、その広がりの中でコミュニティ、共同体のようなものが大事になっくると主が言われます。仕事とかだけでなく、あなた自身がサポートされる場所、あなた自身が生きることができる場所、サポートシステムじゃないですけど、人々の中で共に歩く事とか、家族とかが、それがとても大事になってきます。ですから、仕事とかだけなど一個だけになってしまうのではなく、あなた自身が生きていくということが大事になってきます。生きることによって、力が出ます。あなたが乾燥してしまうのではなく、あなた自身が根をはり、しっかりと生きていくことが、あなたが成し遂げたいと思っている大きなことをするための力になると主がいわれています。
あなたはとても理解することが出来ますと主が言われています。今はわからない事があっても、時を待ってください。わからないから投げてしまうのではなく、時があります、
あなたが背負っているプレッシャーやストレス、それをどうコントロールするか、そこに知恵を使うことが大事ですよと主がいわれます。どこかにぎゅっとおしこめてしまうのではなく、あなたが自分自身をケアしてあげるというか、もっと緩めるというか、そういうことをしても大丈夫ですよ。
あなたの価値は、あなたが上手に事柄を成し遂げるだけではなく、あたながいるということ、あなたが楽しく生きるということ、あなたが充実して生きるということを、それを私がとても望んでいることですよ。
あなたの人生は、何か成し遂げるための犠牲ではないです。何か家族のことや人々のこと、心配などあなたの重荷になっていることも、とてもあなたの人生には大事なことですよ。」
とのこと。預言カフェは宗教系なので主とでてくるけど、常にそれは自分でも感じる同じ存在だとは思う。
どちらも“占い”ではない。
自分探しの過程では、今日のオーラソーマのコンサルテーションを通しても、自分をもっと解放していく、自分を裁かない、ことを引き続きテーマにしていこうと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/24

運動会

Image377 先週の日曜日、玄関の掃除をしていたら、近所のいつも話しに来る女の子Aちゃんがお友達を連れてきて、運動会が来週あるから来て、というのでメモ帳に書いてもらった。たまたま今日土曜日は珍しく何にも予定が入ってなかったので、近くだし歩いて見に行ってみた。20年以上ぶり?(笑) なんか子供が盛りだくさんで小さい子供たちのパワーってすごい。エネルギーが渦巻いてる。
最近は運動会のかけっこの着順もつけないという学校もあるらしいけど、昔なつかしの雰囲気そのままで少しほっとした。なんとなーく探しながら、この組かな?と思って後ろに座ってる子に聞いたら、ちょうどこの組で、一番前に座っているAちゃんを呼んでくれた。
「わー来てくれたんだー!」と嬉しそう。ソーラン節はこれから?と聞いたら、もう終わっちゃった、というのでちょっと残念。この組は応援がすごくて、一番前に応援の言葉を書いた画用紙をめくりながら大声で応援してたから、声が枯れている子もいた。隣家の男の子も同じ組で応援してた。
途中で、Aちゃんの外部のお友達とお母さんが来た。Aちゃんは、私に友達だよ、障害を持っているんだ、と紹介してくれた。そのお母さんはAちゃんは幼稚園が終わっても変わらず仲良くしてくれてるんですよ~と言ってた。すごいコミュニケーション力ですよね~とAちゃんを遠くに見ながらお互いに感心しつつ、あ、私は近所のもので、来てというから見に来たんです、と少し自己紹介をすると、「あー、Aちゃんのお母さんが言ってた、勝手に家に入って遊びにいっちゃてる家の方?」
「私も小さい頃は、近所のうちに普通にお邪魔してましたね」と笑った。Aちゃんはなんとなく、親近感を覚えるんだよね。活発だし。
鉄棒があったから、一番大きな鉄棒を握って体を持ち上げようとしても、ダメだった。すごい重力だー。
1時間くらい見てから帰ってきて、夕方隣の男の子が帰ってきて挨拶してきたので、白組勝ったの?と聞いたら、うなずいていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

ベンディングマシンレッド 放送局

ベンディングマシンレッド 放送局
マシンの重さは30キロあるそうです。映像も重いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

ドイリー

大学時代に体育の授業でフィギュアスケートの合宿で知り合ってからの友達、K柳がうちに来た。会うのも3~4年ぶりくらい?
結婚か新築、まあどっちてもいいけど、お祝いに布もの系で何が良いか前もって聞かれていたので、花瓶にしくやつ、というと「ああドイリーね」ということで、今日、ドイリーを沢山くれた。K柳はセンスいいし、布の事には詳しいから、任せて正解だった。
今までも見かけても、どういうのを選べばいいか、いまいちピンとこなかったけど、手作りのものや、アンティークの新品などを彼女の審美眼でヤフオクなどで探してくれたのだ。
レースにも色々あるようなので、教えてもらった。
Imgp0739 これは手作りのタティングレースで出来がかなりいいらしい。
たしかにすごく綺麗。約直径10センチくらい。編み方が特殊で、あまり無いという。難しくてとても時間がかかるらしい。
ホワイトとベージュで、これはK柳も1枚ずつ持って行った。おそろい^^

Imgp0741  ダイニングテーブルに敷くためのが欲しかった。ちょうど楕円形で大きさもピッタリ!


これは、布を組み合わせてレース状にしている。
Imgp0742 昔作った自分の作品の下に敷いてみた。アンティークもので、パテンレースとブルーが綺麗。
パテンレースというのは、細長いリボン状のレースを組み合わせてレースにしたもの。


Imgp0743 ヴィクトリアンレース。その名の通り、イギリスのレースらしい。新品のアンティーク。茶色に近いベージュでレースのデザインも変則的。角において置物系やプリザーブドフラワーを置いていた棚が、いまいち色気が無かったのが、このレースを敷いたら、カーテンと棚の色ともピッタリで、一気に華やかになった。
Imgp0744

普通のレース編み。これも手編み。
こういうものは、窓辺に垂らしたりして、透け感を楽しむらしい。棚に少し垂らして敷くと、棚にリズム感が出た。
Imgp0745

玄関にもパテンレースの白を敷いてみた。ベージュのものにしようか迷ったが、K柳曰く、夏は白、秋冬は暖か目な色を変えても良い、隣の像の白さとも合うから、白を敷けば?ということでこれにしてみた。
このパテンレースはすごい人気だそうで、襟につけたりするためのロールなどすぐ売り切れるとか。
デザインが上品で華やか。
レースでずいぶん家が暖かい雰囲気になる。色んなレースでまた一味違ってきた。

オレンジピューレとストロベリー2種類のパウンドケーキを焼いて、紅茶とコーヒーとか飲みながら久々に話して盛り上がって、気づいたら5時間も話してた。大学時代から話の合うのは、数年ぶりに会っても、本当に変わらない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/14

アルマーニの財布

↓は今まで使ってたコーチの限定財布
05-06-14_saifu1年半くらいだと思ってたら、ブログ見たら3年前に買ったんだった。どうりで色はすすけて、ちょっとグレーっぽいオレンジになってたし、端っことかめくれてきてたわけだ・・・。ブログ読むと、以前もヴィトンの財布は3年でボロボロになったみたいだし。財布って3年なのかもなぁ。
今のはデザインは気に入ってたんだけど、パンパンになって、よく閉まらなくなってたのが難点だった。
で、そろそろ新しい財布が欲しいな、と思ってた。
こないだ占いのリピーターさんが、買った財布を見せてくれて、白のヴィトンの長財布に、青山店限定で名前を入れてもらってた。すごく可愛かったのでそれも魅かれたけど、今回はヴィトンじゃないんだよなー。
ワタシが求めてたのは、

オレンジ色
沢山入りつつもデカすぎない

のを探していた。いま使っているヴィトンの鍵いれのオレンジ色は良い。だけどヴィトンデザインはもういいかなーと。他のショップにもフラリと入ったり、ANAに乗った時の財布もチェックしてみたり。ユーザビリティはいいんだけど、デザインがねえ・・・。

で、先日、AIと久々に会って、銀座アルマーニの10Fのイタリアレストランでランチをして、解散後、下に降りながらショップ内を見て1Fのジョルジオ・アルマーニでカバンとか財布売り場を見たら、思わずかぶりついた。これだああああああ!!!

この色、艶、大きさ!
かぶりつきでガン見してたワタシに早速、おにーさんが話しかけてきて見せてもらった。
カードいっぱい入る~!ファスナーの中は仕切りが。財布の中にUSBメモリーとか髪ゴムとか、携帯の電池とか入れたいので調度いい。
値段、89,000えん・・・。くー・・・・!
お兄さん「他は皮ですが、これだけは布をコーティングしてテカリを出していて、汚れもつきにくいですね」
「カードは1枚ずついれても20枚入って、そのほかにもポケットがついてますね」
さらに「イタリアでは色の設定が日本に比べたりすると数多くあって、だからこういう色が出せるんですよね」
うわー、あんた若くってなよっと一見頼りなさそうなのに(笑)、微笑みながらすごく説得力ある接客するじゃないかあ・・・。さすが、あるまーに。そうだよね、この色、なのよネ。
うん、はい、これください。
Image376

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/10

犬島・直島

犬島アートプロジェクトの仕事で、再び直島と犬島へ訪問。
犬島の美術館(というか「精錬所」と呼ばれる現代アート)は4月下旬オープンし、GWも世界中からも訪問があったらしい。
8(木)、9(金)と平日だったので、比較的空いてた。
プロジェクトに関わった女3人の視察の旅。私は今回は2回目なので、ある程度勝手知ったるで、訪問の計画をして先生のように引率。
今回は、直島を最初に訪問することにした。島への旅は、1分を大事にしないと、移動が出来なくなると思って良い。
ざっと以下のようなスケジュール。これは、直島、犬島への行き方は、これは正直かなり参考になります^^
これを調べるのは、実際大変だよ。最初に計画した時は4時間かかったもん。

(値段はすべて一人分)
1日目 5月8日(木)

7:11 羽田空港第2ビル 着
7:45 羽田空港発 ANA 651 ビジネス特割
9:00 岡山空港着
↓(30分) タクシー(約6000円)または、岡山駅へ直行バス(680円)
9:30 岡山駅 着
売店で食事購入(朝食とお昼用も少しなど)
9:54 岡山発  マリンライナー19号 → 10:09着 / 10:14発 茶屋町 → JR宇野線 10:38 宇野着 (570円)
↓(5分) 歩き 駅から港が見えます。
11:00 宇野港発
↓(約20分) 四国汽船 フェリー (280円/片道料金)
11:20 直島(宮浦)着
11:25 ベネッセハウス シャトルバス (宿泊者のみ利用化。無料。その他の人は町営バス
11:44 地中美術館 着
地中美術館見学、打合せやランチ(地中カフェ利用←瀬戸内海が見渡せて気持ちいいです。)
14:30 地中からPARKへバスで移動。
野外アートを見学しながら 徒歩でベネッセハウスへ
16:00 オーバル ROOM405チェックイン (その後、モノレールを5分間乗車し、ゆっくり移動)
16:30 ベネッセハウス ウェルカムドリンク
17:00 ホテルスタッフによるギャラリーツアー ~17 :45 予約不要
18:00 バスでPARKへ移動。テラスレストランで夕食

2日目 5月9日(金)

8:00 ベネッセハウス アートミュージアムレストランで朝食。和食コース
9:00 チェックアウト
9:25 ミュージアム発 バス
9:34 農協前着 家プロジェクト 1000円 (「ぎんざ」は要予約。満員で予約できませんでした。)
9:31 農協前 地中美術館経由 宮浦港行きの特別便(犬島直行のチャーター便のため)
9:52 宮浦港 着
12:00 直島発 犬島直行便 2000円 要予約
12:45

犬島着 (私たち3人しかいなかったので30分の高速でかっ飛ばしてくれました。)

13:25 ツアー 1,000円 要予約 (5分前に門の前に集合)
ツアーの前にチケットセンターのカフェで弁当を食べておくことをオススメします。
14:30 ツアー終了
15:35 乗船 チャーター船 要予約のはずですが、予約なしでも乗れるようになってました。
15:40 宝伝港着 (岡山本土です)
↓(約100分) タクシー(約15000円)または
バス:港から近くにあるバス停「西宝伝」→西大寺(500円) 電車→JR 岡山駅西大寺で電車に乗れなかったが40分くらい待つので、西大寺→岡山 タクシー (約4000円弱)
18:06 新幹線乗車

1日目はすごく晴れていた。暑い。地中美術館は2回目の観覧だったが、感動は違うけど、やはり素晴らしかった。野外アートや家プロジェクトをじっくり見るのは初めてだった。
島の空気を感じながらの野外アートが格別。現代アートのそれぞれの意味合いがまた良い。
また、家プロジェクトは感動した。アートは作品として移動可能なものという観点から、ここでは、この、直島でないと見ることが出来ない価値付けがされている。この島、家々、その中にある空間、そして、今までまったく体験したことのない、体感。
神社のアートは、そこにまさに神がいた。ような気がした。これは行かないと、絶対わからない。
また行きたい。

オーバルは円形の水場を囲んで、楕円の空の下、6室のみある。モノレールで5分くらいかけてゆーっくり上り下り。へたすると、下に降りるのに、モノレールを15分はかかるので、くだりは、横道から歩いていっても良い。

そして精錬所は、本当にさらに素晴らしかった。その機能性、異空間、歴史、三島由紀夫の言葉がまさにそこにあるようなアート。これも、犬島へ行かないと、体験できない空間。
ランチを食べ損ねて、平均年齢70歳70人くらいしかいない島ですけど個人経営の喫茶店などもあるけど、14時半になるともう何もないです。
お菓子などを食べながら、岡山を目指し、お土産などを購入して帰路につく。

1imgp0718 2dsc01890 3dsc01899
草間弥生の作品。かぼちゃにボツボツ。海岸にあるので目立ちます。 たそがれるワタシ 海辺で一人歩くワタシ。Iさん撮影
4imgp0717 5imgp0722 6imgp0720
一緒に読書 オーバル。楕円の空と水辺。その周りに水色のドアが6つの客室。 モノレールの待機所。のんびり待ちます。
7imgp0721 8imgp0719 9imgp0723
オーバルの上の客室に行くまでにある滝。天空の滝。 地中美術館から見える瀬戸内海。 ベネッセハウスミュージアムから見た水平線。
11dsc02005 10dsc01951 12imgp0726_2

直島の町並み

犬島へ直行のチャーター船。漁船とすれ違う時手をふると、みんなわざわざ出てきて大きく手を振ってくれた。

家プロジェクトの一つ。神社。ガラスの階段の下に石の祠があって、そこに懐中電灯で入る。神々しい演出たっぷりです。
13imgp0733 14imgp0731
犬島の精錬所の廃墟。これは明治時代の発電所。 犬島の精錬所の煙突とか。当時は5000人も島にいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/05

花壇作りました

我が家の家の前は、車2台分留められる白いコンクリと、その周りを幅1mの芝生で2辺囲まれている。玄関の対角のところは、角の部分が円の90度分くらいの弧を描いて芝生の終わりになっている。
そこに花壇を作ってみた。、形的にはある程度イメージはしていたので、レンガでの花壇作りについて、本で色々読んだりしたが、水平器を使ったり、モルタルを使うにはある程度技術が必要だと思われ。まあ、DIY的にはやれば出来るようにもちろん書いてあるけど、私はイメージをすぐに形にしたいし、そういう作業の難しさは経験上わかるからこそ、綺麗に出来るとは思えない。で、ネットで探し当てたのが、らくらくレンガ^^。
愛用、楽天にある「お庭の玉手箱」というショップです。あと同店のラグブリックという手のひらサイズのレンガの半分の大きさのレンガを組み合わせ。コンクリート用のボンドを使えばラクラク。

まずは、ラグクリップを見つけたので、25個セットを2色、50個注文。
最初に何枚か、芝生を1枚ずつ引っぺがして、家側のあまり良い状態じゃない芝生を剥がして詰めて張りなおしたりした。
その後コンクリートの弧の形にそって、とりあえず並べてみた。その中にその線にそって、シャベルの長さ分の幅で内側にまた交互に置いてみた。1段の途中で終わってしまって足りない。
で、外側の白い壁のままでは、しっくりこないな、と思って、らくらくレンガも購入しようと思って、自分で設計図を書いてみた。アンティーク調3色を使って3段でのデザインを考える。
この「らくらくレンガ」は穴が通しで3つあいている“穴あきレンガ”と、一番上に乗せる、1面だけ2つ穴が空いている“笠木用レンガ”がある。色の組み合わせに加え、この穴あきと笹木の組み合わせの数を計算する。全体的に濃い色のレンガを中心に、他2色を挿し色として組み合わせる。あとモルタルの役目をする目地版の数と合計数から計算して注文。この目地版がらくらくなのだ。モルタル作業というのは、結構大変です。
と思ったら、なぜか10個多く注文してた^^; 合計42個のつもりが、いろいろ組み合わせた結果、52個になってた。最後の足し算で間違ってたみたい。ところが怪我の功名?4段にした方が外側の白い壁が隠れてちょうどよかったのだ。
ここまでの作業を汗ダラダラ、重いレンガを黙々と積み上げていって、それでも2時間近くくらいで出来上がる。通常のレンガ作りなら一日仕事になるのだろうけど。
内側のラグブリックは3段に積んで、上下をレンガボンドで留める。さらに2日くらい経ってから、3段に積んだラグブリックの内側の列の間ごとにレンガボンドで留めたらぐらつかなくなった。
笹木と穴あきが結果的に1個ずつ足りなかったので、さらに注文したのが、昨日朝届き、積んで完成。
夕方、植える木と植物、土をドドーンと一気に購入して、50分位で一気にセット!
以前買っておいた、グラジオラス5色とダリア3色の球根も植えて終わり。
Image372ジャーン。達成感。ゴールドクレストはレモンバームのような香りを発してる。これは川口グリーンセンターで購入。その他は島忠。
そのうちアイビーがレンガに垂れるように高いレンガの内側へ植えて、その中を白。そのうち、中側にグラジオラス、下段にダリアが咲けばもっと華やかになるな~。
植えていると、近所の小4の女の子がやってきて、何やってるの?と言うので花壇作ったんだ、と言うと、作った?どうして作れたの?と聞くので、とってもがんばったからだよ、と言うと「どんだけ~」とちょっとだけ関心してくれた。ダンナも少しずつバージョンアップしている、と最初どうなるのか、わからなかったようだけど、花を植えたらやっとわかったらしく、今まで何度言っても車を前の方に停めてくれなかったのが、今朝は「もっとよく見えるように、もう少し前に車出したんだ」
手前に太陽電池の電灯が2台刺さっているけど夜は暗いので、花壇の端に、電灯も置こう。天使とかのランプがいいかな~♪
玄関前の花も、雨の後さらに咲きまくって、鉢植えの花も元気に。
Image373Image374 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/02

玄関の花瓶チェンジ

Sumiyaki20071111t19_03_591Imgp0707クリスマスバージョンから、4月に入って先月やっと春夏バージョンに。カラーはもともとデカ花瓶をもらった時についてて、ゴロンとしたグレーの擬似石にボン、と指してあるだけだったので、西武でハッパ部分を5枚買って(これが1枚700円・・・)、石を隠してみて底上げし、カラーを指してみた。何か物足りなかったので、島忠でたまたま見つけたアイビー(これは1m250円くらい)を3m買って中身を詰めてボリューム感を出して、端を垂らしてみた。涼しいカンジになった^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »