« ル・クルーゼで初料理 | トップページ | 見てしまった・・・ »

2007/11/05

サンスベリアとデカ花瓶

Image235 「サンスベリア(サンセベリア)」。この名前を覚えるのに時間はかかったが、ずっと気になっていた観葉植物。以前住んでいたマンションで買った、ある観葉植物はすぐに葉っぱがところどころ茶色くなったり、観て楽しむような見た目にならなくなって、街で見かけるたびに、サンスベリアの凛とした堂々たる姿に惹かれていた。
調べてみると、空気を浄化する作用が他の植物より数倍あってNASAでも実証済みとか。しかも冬、10月から3月は水を与えてはならないとか。これは育てやすそうだし、役にもたつ。
そして、日曜日、暗くなってからホームセンター島忠へダンナと行って、リビング用の大きいのと寝室用の小さいのを購入。とっても安かった。店によっては数千円の値段がついている。
気に入った鉢や、観葉植物用の土も買って植え替え。植え替えはもう少し暖かい時の方がいいみたいだけど。もう夜だったけど、新しく買ったホースなどの力量も見てみたく、せっせと植え替え。土をいじるのも何年ぶりだろう?軽くてさらさらして綺麗な土。
これからガーデニングが楽しみです。
リビングに置くと、雰囲気がガラッと変わった。

Image236 それから玄関に大きな花瓶を置きたかった。そこに造花の素敵なバラなんか挿したら素敵だろうな~と、夢は膨らむ。
そんな矢先、酒の席で、同僚のAさんがマンションを中目黒の方に買ったが、モデルルームに使われていたから、要らないといっているのに、大きな花瓶や絵を置いていったというのだ。
写真をメールで送ってもらったら、花瓶はイメージ通り。草が刺さってると言っていたけど、カラーの花の造花じゃん(笑)

先日、車で取りに行った。中には草が下に落ち込まないように、色気のない丸い偽石がゴンロゴンロ入っている。まあ、これもとりあえず持って帰ろう。
中のこの詰め物を別のものにしたいなあ、と思っていたら、Aさんからクリスマス風にこんなのはどうか、とまた写真をいただいた。
Vase02 イイネ!素敵~!ツリーは邪魔だしやだなと思っていたので、季節ごとにこういったバリエーションが楽しめそう。

|

« ル・クルーゼで初料理 | トップページ | 見てしまった・・・ »

コメント

>美姫へ
いいね~アイデアは膨らむね~
今度遊びに来た時、このでかすぎる花瓶へのアイデアちょうだい^^

投稿: あけはむ | 2007/11/07 21:02

公式ブックはマジお勧め!リースの作り方とかクリスマスレシピも載ってるしね(>∀<)

ガラス器、一つでもあると4シーズン活躍しそう(^O^)
春は野の花やポプリ、夏はビー玉や貝殻、秋は木の実やお菓子(ハロウィンに)、冬はクリスマスカラーのグッズを詰めて。
なぁんて良くない??

投稿: 美姫 | 2007/11/07 01:27

>美姫へ
神代植物園のブログ見たよ~ 調布は今となってはだいぶ遠くなったけど、薔薇が気になったわ。秋は木の実を詰めるのもいいね。あのガラスの花瓶は色々と使えるかも!
最近、美姫はクリスマスデコに興味津々みたいね!私も公式ガイドブック手に入れようかな~と計画中。

投稿: あけはむ | 2007/11/06 23:53

いいじゃ〜ん!素敵!あけはむらしいお部屋(笑)
最後のもいいね。こないだ行った神代植物園の生け花展で、背の高いガラス器の中に木の実をいけてるのがあって、素敵だなぁって思ったんだo(^-^)o
大人っぽいクリスマスデコになりそうvv

投稿: 美姫 | 2007/11/06 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/16994540

この記事へのトラックバック一覧です: サンスベリアとデカ花瓶:

» モッコウバラの育て方について [ベターライフ]
モッコウバラの育て方は比較的簡単。病害虫に強いので、アブラムシやハダニに少々気をつければOKです。花が終わったあと以外は基本的に剪定も必要ないので、ガーデニングファンの“はじめてのバラ”としてもおすすめ。そこで、ただ咲かせるだけでは芸がありません。バラの....... [続きを読む]

受信: 2007/11/06 18:13

» モッコウバラの育て方について [モッコウバラの育て方]
モッコウバラは蔓性のため、育て方では剪定よりも誘引が大事になってきます。最初の2〜3年は剪定はしない方がいいとも言われているほど。誘引する場合は直立させてしまうと花付きが悪くなるため、横や少し斜め上に持っていくのがポイントです。 [続きを読む]

受信: 2007/11/06 18:27

« ル・クルーゼで初料理 | トップページ | 見てしまった・・・ »