« 石神井川の端 | トップページ | オンラインゲーム »

2007/05/05

初下あわせ

おさらい会が今度ある。そのための下あわせ、つまり音あわせレベルのリハーサル。ゲネプロではなく。
その下あわせを先日、先生の家で行った。今までテープで練習していたので、地唄舞を始めて1年半、初めて生の演奏であわせたのだ。今まで音はなんとなくしか認識していなかったけれど、言葉とか三味線のリズムというのか、音をとにかく覚えて、間を考えなければならないので、ひたすら覚えた。実際やってみると、間などがわからないところなどがあった。緊張したけど、でも生演奏で踊るのはなんともいえない気持ちのよさ。
演奏者のお二人も若手で、舞とあわせるのは初めてということで、お師匠さんが後ろで教えながらだった。この業界は年齢層がとかく上になりがち。まあ、日本全体が高齢化だけど・・・。
そんな中、舞手も若手が多いし、次を担う、といった気概もなんとなく感じて、さらにしっかり踊れるようにならなければと、襟を正す気持ちになった。
今日の稽古は、もう汗だく。浴衣がぐっしょり。足袋がボロボロになってアナが空いてきてたので、もう繕える状態でもなく、帰りにデパートに寄って2足購入。ついでに洗える一重の着物と呂の名古屋帯から長じゅばんの新しいものまで買ってしまい、思わぬ出費。でも紫の一重の着物は、いかにも地唄舞らしく粋でカッコイイ。1年半たって、今まであるもので済まそうと思っていたけど、ここで気合を入れて、さらにまた長くこの2足の足袋がボロボロになるまでガンバル。

|

« 石神井川の端 | トップページ | オンラインゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/14963048

この記事へのトラックバック一覧です: 初下あわせ:

« 石神井川の端 | トップページ | オンラインゲーム »