« クッキーとヨーダ | トップページ | 3分で着る着物 »

2006/10/20

「語り女たち」終了。

北村薫・作 「語り女たち」(新潮社刊)シリーズ公演の最終回スペシャルバージョンが金曜日、3日間の公演を終了した。ルーテル市ヶ谷は、今までの鳩山会館の風情とまた違って、この作品にまたぴったりのところだった。
色々あったけど、最終的には「語らない男たち」はRYOJUNの作・演出になった。そして、その結果最高のものになったと思う。いろいろと課題はあるにせよ、天才RYOJUNを証明した作品になったと思った。そして、そのほかの男たちの才能にも有無を言わせない素晴らしいものになっていた。北村薫さんのトークが最後に聞けて、それも良かった。
「語り女たち」のアルバムも発売され、通しでこのCDを聞いてみると、今までのRYOJUNのアルバムとまた違った世界観があって、洗練されていた。中には昔の「ロミオとジュリエット」を思わせるようなタンゴ調にまた何かの憧憬を思い出した感覚に。
次の音楽活動は1月に築地本願寺!

|

« クッキーとヨーダ | トップページ | 3分で着る着物 »

コメント

>Kさん
コメントありがとうございます!
私もキョロキョロ、Kさんいないかな?と始まる前などしてたのですが、探せず、残念でした(>_<)
舞台ってほんと「生きている」んですよねえ・・・。みなさんも、一番最後の夜は、はじけられたようです。
私も12月のマイム、見に行きたいと思っています^^ RYOJUNもピアノライブをもっと精力的にやりたいみたいですね。私もピアノの作品をもっと聞きたいです!

投稿: あけはむ | 2006/10/23 13:07

こんばんわ、Kです。
「語り女たち」終了、おめでとうございましたv
今回、ご挨拶できませんで、とっても残念でした(><)!
ホントに素晴らしい舞台でしたね!「語らない男たち」鳥肌立ちました…。夜の部の方が、昼のときよりさらに分かりやすくなっているように感じました。舞台は回数毎に進化し続けてて、そういうのを見るのも楽しいです。
次回の音楽活動……見に行けません(涙)次のRYOJUNさんは12月のマイムを拝見する予定です。でもピアノライブが見たいんです実は…。

投稿: K | 2006/10/22 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/12382840

この記事へのトラックバック一覧です: 「語り女たち」終了。:

« クッキーとヨーダ | トップページ | 3分で着る着物 »