« 秩父紀行 | トップページ | 古畑任三郎 VS SMAP »

2006/10/09

スキャナーと土鍋

スキャナーが壊れてた。あれこれ調査して、ドライブがおかしくなったのかとか色々尽くしたけど、結果的にはスキャナー本体が壊れていると判断。EPSONのGT-7400Uという種類のもの。1年ちょっとだったのに。ドアツードアサービスで持っていってもらって、見積もってもらったら、なんと14,000円くらいする。予想はしてたけど。送料の1,500円を足したら15,000を越す。それでビックカメラに行った。使い捨てコンタクトレンズ半年分を買い、新しい携帯のminiSDメモリーカードを買い、そのポイントを使ってツレがデジカメを購入。さらのそのデジカメのポイントが2000ポイントあり、差し引いたら以前のに相当する新品GT-S600が1万円で買えちゃうんだよ。
ふと炊飯器売り場を見て、炊飯器そろそろ新しいの欲しいなあ、と思ったのを察したのかわからないが、帰宅後ジョギングをしてから掃除をし、それから炊飯器のコンセントを入れてもまったく電源が入らない。そだよねえ、もうこの炊飯器たしか20年は使ってないかい?で、土鍋で炊く事にした。友人の最近のブログにもたしか土鍋で炊いたと書いてあったから。奥から土鍋を探してきて、4合の無洗米に1号の五穀米を入れる。30分以上は水につけたと思う。それから強火にかけて沸騰したら、弱火にした。シューシューとブンブクするので、大丈夫かとドキドキしたけど我慢して待つ。湯気が何気に大人しくなって、沸騰してから20分くらいたったころか、こっそり蓋を少し空けて覗いてみた。あ、炊けてるんじゃないかい?もう少し蓋を置いてから、またホークを突っ込んで食べてみた。ンマイ~~!いいじゃんこれで。
でも、今日は豪勢に
・金平ゴボウ
・冷奴と特性タレ
・秋鮭のタルタルソースがけ
・豚肉と八宝菜の甜面醤(テンメンジャン)炒め
その他、サラダと削り昆布のスープにマメ(出来合い)。
と作ろうと思ってたので、蓋をしたままゴハンにはテーブルで待っててもらう。1時間くらいしてからかき混ぜて食べたけど、土鍋のおかげでホクホクの温度で食べられた。残りは冷凍にすればいい。しばらくはこの土鍋炊きにはまりそう。食べる1時間前までに水につけておいて、30分前に火にかければ十分。考えてみればレンジを占領するから炊飯器があるのか?とも思った。そういう時は、まさに鍋用の独立ガスコンロを使ってもいいじゃない?
久々に料理ブログ書くので特性タレと秋鮭のタルタルソースについて書く。

■特性タレ
これは、ソーメンのツユに入れてもいいし、冷奴にかけても良い。
・味付け海苔の短冊に切ってあるもの:ひとつかみ
(もちろん、自分で切ってもいいし、味付けでなくてもよい)
・醤油:大さじ2~3 かきまぜたら少し醤油がしたたるくらい
・ねぎ小口切り(もしくは万能ねぎ)
・白ゴマ:大さじ2杯
海苔やゴマが醤油を吸うのでよくかき混ぜて、足りないと思ったら適当に追加。

■秋鮭のタルタルソース
これは、「郁恵・井森のデリ×デリキッチン!」で先日やっていたのをアレンジ。
・きくらげをぬるま湯で戻しておく。
・ゆで卵を1個作っておく。
・生鮭を2切れ。それをそれぞれ二つにぶつ切る。
・小麦粉を満遍なくまぶす。
・サラダ油を熱して、中火で皮側から焼く。いいカンジで焼けたら、裏も焼く。
 フライパンは蓋をしてね。
・ある程度焼けたら取り出す。
・マヨネーズを大さじ3~4杯。かき混ぜながら様子見て。
 きくらげとゆで卵、ねぎの小口切り(万能ねぎでも)をかき混ぜる。
・焼いた鮭を、小さいオーブンのトレーに乗せて、鮭の上にタルタルソースを乗せる。
・4分くらい上面を焼く。
出来上がり~♪

|

« 秩父紀行 | トップページ | 古畑任三郎 VS SMAP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/12226185

この記事へのトラックバック一覧です: スキャナーと土鍋:

« 秩父紀行 | トップページ | 古畑任三郎 VS SMAP »