« 針の穴にフィギュア | トップページ | 昇段試験 »

2006/08/31

つながる過去

パワフルなキャリアウーマン、A山さんが時々開く、大手町ランチ。計12人集まった。この会は基本、大手町付近で働く、キャリアマン&ウーマンをA山さんが集めてランチして、情報交換などをする。新たな出会いもあるが、女性は毎回パワフルな人が集まる傾向に。今回は、同僚のOさんも連れて行った。その中に、ニューマンフェローを受賞された女性記者のDさんが参加予定で、Oさんが偶然知っているということで、「あけはむ」も会えるのを楽しみにしていた。Dさんとは仕事の話でかなり盛り上った。これからの新聞についての考えを語らせてもらった。WEBと新聞というツールはまったく別に考えて良い、といった事。
さらに、Wall-Street Journalが選ぶ世界50人の女性に選ばれたKさんも来るというので、ワクワクだった。私の席の前に後から来て座った。Tシャツは汗をかいてて、ロードバイクの車輪が壊れて、グローブを外した手には油。もうそれだけで、パワー全開なカンジ。本人はいたって冷静で落ち着いた感じだけど。娘が3人もいるらしく、その点も尊敬。今日まで休みだったが、仕事でも、都内は殆ど自転車で移動するらしい。で、同僚のOさんと同じ大学だね、と話しつつ、「あけはむ」の姉も同じだわ、と話しているうちに、Dさんが中学入学時からずっと姉と同じ学年であった事が発覚。しかもDさんは良く覚えていて、姉が高校の時の文化祭の劇で中国の意地悪なお后の役をやっただとか、授業でこんな話をした、だとか、何組みだったかまで覚えている。その記憶力がすごい。ビジュアルメモリー、というんですかね。その能力があるんだって。さすが大学生で公認会計士の資格を取っただけある。で、姉との連絡をつけられるようにできた。
さらに、その日の夜クライアント先で打ち合わせをしていて、終わる頃、「あけはむ」のボールペンを見て、「どうして、このボールペン持っているんですか?」と聞かれ「オ**ルのこのグループの立ち上げの頃に運営をして」など説明したら、「ああ、じゃあOさんとか、Kさんとか?」「え~どうして知っているんですか?」「だって、僕、その後の年からオ**ルだったもん」だって。思わず、昔の私について聞かないでくださいよ~とお願いしておいた。
ただ、その場にいた人が驚いたのは、「あけはむ」が7年も前のボールペンをいまだに使っている事だった。でも、その打合せ中に、ちょうど書けなくなったんだよね。

|

« 針の穴にフィギュア | トップページ | 昇段試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/11715062

この記事へのトラックバック一覧です: つながる過去:

« 針の穴にフィギュア | トップページ | 昇段試験 »