« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/30

再びラ・テール メゾン

060730_1644_1
最近大阪から状況して入社したMさんと、クライアントの女子2名を誘って、ABCクッキングのパン作りイベントへ。「夏野菜のフォカッチャ」を作る。久々にパン作った。今度こそ自宅で作れるように準備しよう。
そしてMさんとはわかれて3人で、また三宿のラ・テール メゾンへ。ワインも爽やかで夏にぴったりだったし、オーガニック料理は最高。この日入荷されたカキが「海のミルク」といわれる事に納得できるくらい、とろける美味さ。帰ってから企画書書かなければならなかったけど、酔ってて大丈夫かな?と思ったら、頭が冴え渡ってがっつり作業できた。栄養が頭にいったね。
060730_1900060730_1902060730_1906060730_1939060730_20011060730_2045

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/29

語り女Vol3

午後一から師匠宅で地唄舞の稽古。今日は他の茅ヶ崎のお弟子も来て、全員4人集まったのでにぎやかなお稽古会になった。おさらいもさせてもらった。結局4時間くらいやってた。充実。
その後、鳩山会館でのRYOJUN演出の「語り女」Vol3になんとか間に合う。この屋敷に行き着くまでの坂を上りつつ、いつも試されているような気持ちになる。ここでやるのはこれで最後。この場所は「語り女」のためにあったくらい、この上ないぴったりな箱だった。
10月の「語り女」と「語らない男たち」が楽しみ。ここで出るRYOJUNの語り女のサウンドアルバムがさらに待ち遠しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/28

売れるECサイトセミナー

060728_1342_1060728_1502060728_1518某雑誌主宰のセミナーで講師。この週は2つもセミナーがあって講師三昧?かなり優しく噛み砕いた内容で、ECサイトをいくつか例にあげて、売れるための構成のポイントに絞って紹介。終わった後の懇親会でも色々な質問を受けて、皆さんの課題などを聞いて逆に新鮮だった。現場の言葉は一番面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

ヒルズでセミナー

20060726
今日は、六本木のアカデミーヒルズで自社のセミナー。最初は某A社で今月退社され、各メディアでもその報道が著しく報道されたSさんがゲスト出演。その次はうち会社のカナダ人のCさんがプレゼン。ガイジンっぽいかっこいいプレゼンに、なんだか内心ウケた。どちらもビジュアルエンターテインメント的ですごく面白かった。
「あけはむ」はWEB2.0の説明と、あとは具体的にWEB2.0を業務に落とし込む方法などパワポを使ってベタに優しく説明。要するにうちの会社としての営業に少しつなげる内容。
懐かしいクライアント(で今は友人で他の会社に移った人)とも久々に再会。今度飲もう、と盛り上がる。去年の「あけはむ」の占いがすこぶる当たって、今はとてもいい状態と聞いて嬉しかった。セミナーとは関係ないけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

空手の試合

極真坂本道場の栃木支部主催の空手の試合があって、栃木まで行ってきた。朝5時起き。ずるずるダラダラして、結局7時前になった。だけど車で行って着いたら8時。受付までの1時間車で仮眠。
怪我から復帰して初の試合。事前に見たトーナメント表で、1回戦目で勝つと、同門の大好きなKさんと対戦なのだ。まーこれは奇跡がおきない限り勝てないなあと思いつつ、楽しもうと思った。でも1回戦目では勝たなきゃ!で、朝アップしてたら、U師範代に「道場であまり見かけなかったけど、調子かなりよさそうじゃないですか?」と言われて「忙しくて殆ど練習できなかったけど、イメトレしてました」と返す。
でも、実際いざ始まる前になったらどうも体が重いなあ、と思ったが、案の定始まったら自分のイメージ通りに動けない。やっぱり練習不足かな。顔面殴打されたので申告した。相手は納得していなかったけど、試合中夢中になると当てたのもわからない時はある。で、足をつるっと滑らせた時に、運悪いことに、口のあたりにまた殴打。これは痛かった。血が出てないか主審に確認。さらに3発目耳の辺りに当たったからまた申告。ということで反則勝ち(笑)。2試合目、Kさんとは試合では初めてだったので、彼女のすごさを試合で体験できるかと思ったら、これまた本当にすごかった。組手がとてもやりやすい。で、上段当たったので1つ取られたので、腕を上げてそのままにしてたら、組手の流れで、たまたま次にレバーに入った。気持ちのいいくらい。すごく正しい姿勢でのフックがスローモーションで見れた。あー来たー!おえ~~となって、うずくまった。主審がお腹を後ろから抱えてすってー、はいてーとかやってくれて、3回くらい深呼吸したら、すっと痛くなくなった。で、また試合再開と思ったら、今のレバーが一本勝ちになるかどうか、審判同士で話し合いになった。二人でもう大丈夫ですよ~とか、どうなるんだろうね~とか話したりしてたら、結局、技ありをとった後で、仕切りなおしの前なので、取られなかった。で始まったけど、電光石火の速さでまた上段蹴りが来て技あり2本で、負け。なんか楽しい組手だったねえとKさんと後で笑いあった。
この日は8人参加して4人入賞の快挙。優勝1人、準優勝2人、4位1人。みんな頑張りました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/22

誕生日~♪

060722誕生日でした!ここまで生きてこれてまずは感謝m(_ _)mこれから1年は、さらに面白くなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/19

師匠の会

「あけはむ」の上方舞(座敷舞/地唄舞ともいう)の師匠の年に1回の舞台が紀尾井小ホールであった。「あけはむ」は着物を着て受付などお客様対応。
先代は人間国宝。「あけはむ」の師匠はその重要無形文化財を舞う。
地唄舞は「淀川」「出口の柳」を舞った。「淀川」は去年無くなった地方だった駒香さんの歌を入れたテープで踊り、地方の場所にはユリの花が置いてあった。
北新地の玄人の地方さん(つまり、プロの芸妓)さん方が、お座敷歌を三味線を弾きながら唄ったが、これがすごかった。特に「北新地音頭」は心躍る内容だった。
さらに、NHKの番組の様な雰囲気で、児玉信さんと西川梅十三(元芸妓)さんの、駒香さんの思い出話はかなり面白かった。昔かたぎの大阪の芸者さんの粋は素晴らしかったんだなあ。
そしてなにより、師匠の踊りの物凄さに圧倒された。こんな風に舞える時が来るんだろうか・・・。いやいつか舞えるようになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

会津

三連休、会津へ2泊してきた。しとしと雨だったけど、さらっとした天気でよかった。東山温泉の「くつろぎ宿 新滝」に宿泊。ここは湯船が4つもあって、かなり楽しめる!
1日目は、近くで湯めぐり。
2日目はレンタカーを借りて、まずは喜多方。「新宮熊野神社」というところに行ってみた。ずいぶん寂れていたが、歴史のあるところ。老木が鳥居を守っている。
「町の駅」で下駄やら会津塗りなどを見てショッピング。そしてやはり喜多方ラーメン。「一平」。喜多方だけど背油じとじと系だ。すごい混んでいて、店は普通の店だけど駐車場はそれに比べると巨大。
それから裏磐梯、五色沼を散策。「柳沼」から「青沼」と進んで、雨で遊歩道が川のようになってしまっているところからは先に進めなかったので、「るり沼」までで断念。特に「るり沼」は青々とした虹彩を放っていた。美しい散策道だ。
さらに車に乗って「諸橋近代美術館」へ。ダリの作品を所蔵している。外観はまるでお城のようで、建物も日本には思えない贅沢な敷地だ。彫刻作品が非常に充実していたし、天井の高さも気持ち良い。是非一度は訪れると良いでしょう。
3日目は、市内観光。「会津武家屋敷」は外から屋敷を覗いて行くが、これがかなり見ごたえあり。途中途中で売店があって商売気たっぷりなので、お土産狙いの人はなお良いでしょう。
そして「近藤勇」の墓を見に行った。ここに骨などは埋まっていないらしいが、天寧寺の駐車場に車を停め、そこから山を登って8分。かなり急な道を登りきると墓はある。山の上の見晴らしの良いところだ。
「あかべこ」作りが体験できる工芸店であかべこ制作!自分のオリジナルのが作れる。乾かしている間に、「そば処 和田」へ行ったのだが、これが、信じられないくらい美味しい!説明書きを読んでみたら、なんと、畑から作っているというから驚きだ。ここも是非会津に行ったら食すべし。
鶴ヶ城」の手前にある「会津葵シルクロード文明館」というレトロなれんが作りの喫茶店でコーヒーを飲んでから、急いで城見学。中は博物館。修学旅行生の間を切り抜けながらざっと見て、天守閣から会津の町を見下ろして旅の見納め。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/09

いもほり

恒例のいもほり。日芸の今は無き手相研究会クラブの仲間。大体メンバーは決まっている。渋谷で車でひろってもらって、一路厚木へ。仲間の一人がそこで農業をしているのだ。雨が降りそうだったので、いつもならスーパーでバーベキューの食材を買うのが常だけど先に掘った。汗ダラダラ。ばらちゃんの3歳の女の子と乳児の男の子も一緒。女の子は虫を怖がって、「だいっきらいだあああ!」と泣いてた(笑)。たしかに、巨大ミミズやら、やたらデカイ百足とか、わけのわからない虫とか、とにかくワンサカだからね。まあ慣れだね。もちろん蚊にさされないように虫除けスプレーは必須。シューズの上からお買いもの袋をかぶせたり、ビニール手袋をしてから軍手をしたり、汚れ対策も慣れたもの。でも、筋トレで足が筋肉痛で結構辛かった。
終わった頃、調度雨がぱらついてきた。芋を回収してから、食い放題の焼肉やへ。
家に戻ってから、欲しい分だけ買う。きゅうりやズッキーニ、かぼちゃも仕入れた。
それから、いつも行くスーパー銭湯&風水温泉「ほの香」へ。あかすりした。ここのあかすりは、今まで都内でいろんなことでやったけど、ここが一番良い。マッサージ付きでお手ごろ価格だと思う。あと、この時入るのを忘れたけど、麦飯石サウナがある。デトックスには最高なのだ。今度行ったら絶対入ろう。
自宅まで送ってもらって、みんなでファレスで軽く食事をして解散。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/08

ABC7月のメニュー

会社のシステム部に新しく入社した大阪から来たMさんもABCに行っていたという事がわかり、東京でも行ってみたいということで、「あけはむ」もABCに久々に行ってみた。コースがあと2回残っていたけど、あまり習う必要のあるようなメニューがずっとなかった、というのもあり数ヶ月ぶり。そうしたら、教室がリニューアルされていて、1階のエリアも広くなっていてびっくりした。
060708_1616<メニュー>
・豚肉のハニーロースト
・バルサミコソース ライスサラダ
・ガスパチョ
・クレープ・ルレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

GRACE

六本木ベルファーレ前のビルにできた、新しい会員制スポット。オープニングパーティの招待券が送られてきたので行ってみた。フレッグインターナショナルによる。個人的には、こういうバブリーなのはまあいいとして、センスはあわないかな~(笑) 雰囲気も客も品の意味で。でも、ベランダみたいな場所で、寝椅子があって、観葉植物がたくさんおいてあるところは良かった。そこから見える六本木ヒルズも綺麗だった。
060706_1916060706_1921060706_1922060706_1925060706_1926060706_19161060706_19211060706_19242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

「脂肪燃焼」細胞

火曜日AMにティップへ行って、トレーナーのIさんに筋トレ指導してもらった。太ももの裏を重点的に鍛えてるんだけど、これが、ツライ!足プルプルしちゃうし、筋肉痛はすごい。
で、Iさんに良い情報を聞いたんだけど、脂肪細胞の約1%には「脂肪を燃焼しろ」という指令を出す細胞があるそうな。その細胞は、首の後ろの付け根、肩甲骨、わきの下あたりにあるから、このあたりを刺激するとよいそうだ。フロント ラット プルダウンをする時も、肩甲骨を良く寄せるようにゆっくり下ろすと効果的。歩く時も前に拳を振り上げるよりは、後ろに腕を引き上げる事を意識して肩甲骨と脇を刺激すると、脂肪燃焼が少しでも助長されるらしい。
だから、姿勢を良くして肩甲骨を寄せるとか、時々肩をまわして刺激するとか、仕事中でも意識すると良いという。
1ヶ月ぶりに、フィットネスカルテを計ってみたら、1Kg筋肉量が増えていた。その分体重もそのまま増えてた。つまり、体脂肪はそれほど落ちてなかった。最近、有酸素系やってないしね。まあ、次は無差別級だからまあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

ダヴィンチ・コード

本は読んでないが、やっぱりこの映画の面白さは事件性より、この宗教における裏事情というか、トリビア情報満載の点なんだろう。演出的には、結構驚かされるシーンやちょっとした恐怖感もあり、裏切りから裏切りなど原作自体のストーリー展開も巧みなので、それなりに楽しめた。
でも本でそのトリビアネタを仕入れた方が、面白いのかもしれない。映画のテンポだと、知識のないところでの展開だから理解できない部分などもあるし。難しそうなので、吹き替え版で見ておいてよかったというカンジ。フランス語は吹き替えなし。英語のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

加藤登紀子コンサート

ご招待いただいて、オーチャードホールでの加藤登紀子コンサートへ行ってきた。10年前ほどに練馬で行ったことがあったが、あの頃は一時期、少し調子が悪いかな?という印象を受けたけど、今回はシャンソンも結構歌ってて、2部は声もすごく良く出てて、よかった。特に「愛の賛歌」は最初の歌の説明から入ったのがより盛り上げた。エディット・ピアフが不倫相手のボクサーのスター、セルダンにささげた曲で、ニューヨークでこの歌を発表するため、セルダンにニューヨークに来て欲しい、とピアフが頼んだのだ。その発表によって、二人を認めてもらおうとしたのかもしれない。そしてセルダンがピアフの無理を聞いて飛行機に乗って、ニューヨークに向かったが、その曲を聴かないまま飛行機事故で死亡してしまう。ピアフがその時、なんとしてでも歌ったのか、ショックで歌わなかったか定かではないが、おときさんは歌っただろう、と思っていると語っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »