« 東京の空 | トップページ | 大運 »

2006/04/22

上方舞の稽古

上方舞のお稽古へ。「蘆刈(あしかり)」はまた少し先に進んだ。まだ腰が安定していないから時々ふらつくし、ちょっとした向きが正しく出来ない。正しさって体の普通さなんだけど。あと目線が相変わらずわからない。「見る」ことを観客に「見せる」事が難しいのだ。ある部分でぐるりと回る時、体の動きと目線のタイミングなどが全然わからなくて、師匠から「違う!」と何度も言われたけど結局わからずじまいなので、師匠はまずは体がちゃんと回れるように順をおって練習する事に切り替えてくれた。でもこの「蘆刈」は歌詞がいいし、動きも面白くて好き。
占と着物と舞のお友達Mさん(何度も登場するが、占仲間つながりで着物の紹介から舞の紹介までしてくれている元気な70歳)が次に銀座の美顔器サロンに行くけど来る?と言うので暇だから行くと付いていった。来るものは拒まず、去るものは追わずと二人で、そうそうとうなずきあう。
で、かなり有名な芸能人が何人も使っている美顔器でエステを無料体験して、つるっつるで白くなって何度も鏡を見て満足。帰りにMさんと鰻重を食べてから帰った。

|

« 東京の空 | トップページ | 大運 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/9716265

この記事へのトラックバック一覧です: 上方舞の稽古:

« 東京の空 | トップページ | 大運 »