« ミャンマー・ラウェイ | トップページ | RYOJUN PIANO MINI LIVE »

2006/03/18

渋谷のニュースポット

上方舞お稽古。「浮舟」は細かい詰めに入った。まだ腰が高いみたい。もっと腰を低くして安定させないと、膝に負担がかかるし、お腹は前に出るから。空手と似ているなあ、とまた思った。師匠を紹介してくれた翠さん(今年70歳)が「あけはむ」の次のお稽古で、最初二人で久々に「高砂」を舞った。何箇所か怪しいところがあった。でも久々に舞ってみて、最初のいっぱいいっぱいな気持ちよりも、もう少し余裕な気持ちというか、舞っていて楽しさを感じた。最初の頃は、ついて行くのが精一杯だったけど。
そしてティップへ。またパーソナルトレーナのIさんに有料1時間のトレーニングをお願いしていたので、十分にストレッチをしてから筋トレ。とにかく今日は辛かった。インターバルも少なくどんどんやる上に、重量も重いし、相当「あけはむ」のうなり声が、マシーンフロアに響いた気がする。そんなのおかまいしないけど。でも大分、安定してその辛さを克服できて来たと思う。苦手な事が少しずつできると嬉しい。
空手レッスンが終わってから、帰りが一緒になったK氏とマックへ行ってシェイクをご馳走になった。それで渋谷のマックは初めて入ったかと思うけど、ここが本当に面白いところだと初めて知った。動物園というか、渋谷のあるカルチャーが見れて、異次元に来たみたい。髪型もアニメのように色々だし、永遠に化粧をしている宇宙人もいらっしゃる。中には素材も化粧も、髪型も上手くて、カワイイ子もいて、その髪型やってみたいなあと思った。たまにはこういうところも、楽しめるなあと再発見だった。「あけはむ」にとってはニュースポットだった。
K氏がぬかづけについてレクチャーしてくれて、モチベーションがあがったので、近々ぬか床を手に入れようと思う。

|

« ミャンマー・ラウェイ | トップページ | RYOJUN PIANO MINI LIVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/9154283

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷のニュースポット:

« ミャンマー・ラウェイ | トップページ | RYOJUN PIANO MINI LIVE »