« 減量経過 | トップページ | 腰痛 »

2006/01/28

幻の54キロ台

土曜日の地唄舞の稽古はハードだった。この日は稽古予定が「あけはむ」一人だったのもあって、集中的に長い時間やっていただけたので、かなり最後はへとへとになった。自然とした体の動きができるまで、あと2、3の題目をやれば出来るようになるんでは?と師匠に言われた。早く自然と踊れるようになりたい。いかに、体に癖があったか、が思い知らされる。人間の自然の動きを舞という芸術にしてるはず。だけど腰が曲がるし、肩が必要以上にあがるし、目線を上に上げるだけでも、表情の伝え方が、ビミョウな傾きで十分伝えられるのに、これも上げ過ぎたり。一番良い、自然の姿勢を常に取ることが難しい。膝を殆ど曲げている状態だけど、お腹の辺りがすっと内側に入れば足は全然辛くないけど、膝をただ曲げるだけだと、太ももに余分な力がかかって疲れてしまう。基本が出来るようになれば、どんな振りももっと沢山覚えられるだろうな。とにかく少しずつ積み重ねるしかない。
ティップへ行って、筋トレ。帳面つけてたら、プロのトレーナーに結構本気でやってますね、と声をかけられて色々と話した結果、とりあえず来週、1時間のトレーニングをつけてらう事にした。その人たちは、ティップの人ではなくて、他の会社でプロのスポーツ選手とか芸能人とかを指導しつつ、一般の人たちに教えるために営業に来ているよう。
最後帰りに体重計に乗ったら、54.8キロで、とうとう54キロ台突入だあ!と心躍った。
しかーし!その後、六本木でホームパーティへ参加。最初は義理立てで1時間くらい顔を出して終電までに帰ろうと、おもいきや、話がもりあがるわ、美味しいものが沢山あるし、で終電あきらめ。しかも、カレー作った、トン汁作った、だから食べてよ、という事で、ここで節制を言ってもヤボなので夜中中食べて、朝6時にトン汁食べてた。これがまた本当に美味しかったのよね・・・。ワインもしこたま飲んだし。あきらかに腹が重い。
六本木の朝の冷たい空気を吸いながら、幻の数字を思い浮かべてため息をつきつつ家路へ。

|

« 減量経過 | トップページ | 腰痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/8411122

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の54キロ台:

« 減量経過 | トップページ | 腰痛 »