« 体内時計 | トップページ | 満身創痍? »

2005/09/10

負の中から成長できる

夜、「あけはむ」をかつてヘッドハントしてくれたI元さん宅で、「ものつくりの会 ジュニア版」を開催。ものつくりの会はI元さんのつながりの人たちをI元さんの選択で呼んで集めて、ゲストに色々と語ってもらう会。基本的にビジネスの話。そのジュニア版。ひさびさにI元さんのお宅へ。彼女のキャラクターは個性的でみんなに愛されている。ヘッドハントをされた人は冗談で犠牲者とか言ったりしている(笑)。今回は若き某副社長や某会社の事業部長、新人1年生たち、金融系、ITコンサル系、などなど「あけはむ」も入れて10人。すっごくためになる話ができた。仕事に対してのビジョンなどを持って臨んでいることに新鮮さを感じた。「あけはむ」はある意味、起業とかにはすでに、そういったモチベーションはなくって、幸福論と成長論に比重を置いている。新人さんから相談をされて、おもわず「負の中から成長できる」という言葉を自分で言ってみて、自分で「あ、そうだよな」って納得してしまった(笑)。楽しかったり幸せの時は、負の中から成長したプラス気を使えている時で、またマイナス(負)がある時に実はまた成長して蓄えて、そしてまた「幸せ」を使うのだと思う。
まあつまり単純な話、陰陽。そして、負ほど刺激や気付きやすさのある素敵なものはなくって、その時はもちろん嫌な気持ちやかなり苦しかったりしても、それを乗り越えるには陽が必要で、陽の比重が多くなった時、楽しい状態の時。でも、楽しい状態の時は、成長とか気付きというより、消化している時で、癒されたり、ストレス解消なんでいう効用もある。と思うわけで・・・
北の国からってかんじで。

|

« 体内時計 | トップページ | 満身創痍? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/5882509

この記事へのトラックバック一覧です: 負の中から成長できる:

« 体内時計 | トップページ | 満身創痍? »