« 痣(あざ)の消し方 | トップページ | RYOJUN »

2005/09/07

ネリマーズコンサート

05-09-07_18-4405-09-07_19-562照姫祭りで殿役だった俳優の阿部六郎さん演出・出演の第二回ネリマーズコンサートが、大泉ゆめりあホールで行われた。照姫のかおちゃんも一緒。あけはむは、なんとかギリギリに間に合った。前から4列目に席が用意されていて、途中、観客に私たちが紹介され、席をたって会釈をした。練馬ならでは!
このネリマーズの第一回はビデオを貸していただいて拝見したけれど、おもわぬ面白さに結構見入ってしまった。また偶然去年、照姫物語をやっており、それとは関係なく今年の殿役に阿部さんは選ばれたわけなので、深い縁を感じる。今回生で見て、あけはむは結構沢山、舞台を見ているけれど、非常にレベルも高く、安定感のあるそして面白い演技とアカデミックな裏づけと、演出、そしてすべてが手作りで、練馬に因んだことをやったりなど、本当に楽しめた。来年もまた見たい、と思える舞台。阿部さん以外の出演者3人の木月京子さん、平田孝二さん、北條聖子さんはプロのオベラ歌手であるし、ピアニストの早川修司さんももちろんプロ。ビアニストも演技に参加するという一体感もおもしろい!学園物語として練馬の勉強をしたり運動会をしたりする中で、歌のメドレーやオリジナルの作詞作曲でもりあげる。練馬にちなんだ宇宙戦艦ヤマトには、個人的に盛り上がった。ラジオドラマでは「耳なし芳一」。第二部ではミュージカルやオペレッタからのメドレーのオンパレードだが、これらも、本当に質の高いレベルで安心して楽しめる。あけはむはオペレッタが結構好きだし、シャンソンの「大根役者」も歌われていたり、アンネンポルカも木月さんによる歌はさすがだった。すばらしい。早川さんの作詞作曲のネリマーズテーマソングで幕。
灯篭流しの時に平田さんが撮影してくれていた写真を、あけはむと姫にくれた。よく映ってた!
それから道場へ練習に行った。10時。組手の練習。結構疲れてたけど、兎に角練習。
そして夜中、仕事の続き・・・。

|

« 痣(あざ)の消し方 | トップページ | RYOJUN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/5839230

この記事へのトラックバック一覧です: ネリマーズコンサート:

« 痣(あざ)の消し方 | トップページ | RYOJUN »