« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/29

阪神優勝

神田はスポーツ用品の町。同僚の、アスリート系O塚君(秋は彼にとってはフルマラソンの季節)にサプリや筋力維持の相談をしたところ、近くにフィットネス用品専門店があるとのことで、連れて行ってもらった。カリウムを探しに。やっぱりカリウムを探すのはやっかいだった。やっと総合剤系の中に入っているのを見つけて購入。お勧めされたバナナ味のプロテインも。(うちに帰って飲んだらこれ激ウマ!)
さて、阪神優勝。特にファンってんじゃないけど、もりあがっているのを見るとワクワクするさね。高円寺の道場に行く途中に「虎牙」という阪神ファンの飲み屋があってそこのテレビに、戦後のテレビがめずらしい頃か?ってなくらいに、すごい人だかりでみんなでテレビにかじりついていた。05-09-29_20-39105-09-29_20-392

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/28

生きていますか・・・?

サプリを買うため会社の近くの薬やへ行った。いつも通販で購入しているサプリは結構高い。一部ネイチャーメイドに鞍替えしようかとも思い、マルチビタミンなどを手に取る。そしてカリウムを探した。探せどもカリウムがない。メイン商品じゃなくてもいいからと思い、あらゆるサプリの栄養成分表示を見ても「カリウム」の表示はなし。お店の人に聞いても、同じように探し、結論はなし。
で、いつも通りがかる裏通りの小さな八百屋へ。本当に小さな八百屋さんで、おじいさんがお小遣い稼ぎに開いているような感じのこじんまりとしたお店。ここのバナナは社内でも2人くらい購入している。F施さんなんかは、バナナについているマジックで書かれた値段票を集めて、バナナの物価変動を確認している(笑)。私もバナナでカリウムを摂ろうと店先で「すみませ~ん」と声をかける。誰も出てこない。3回くらい声をかけたところで、古い引き戸の向こうに、おじいさんが座椅子で布団をかけて寝ているのに気づいた。さらに4、5回声をかけた。ピクリともしない。心もとなくなってキョロっと後ろを振り返ると、向かいの佐川急便の顔見知りの宅配のお兄さんが、「買い物ですか?」と声をかけてくれた。「なんか、そこにいるんだけど、寝てるのかなあ・・・(もしや・・・)」と不安げにすると「耳が遠いんじゃないですかねえ。」と言ってくれたので思い切って店の奥まで進んでさらに大きく「すみませーん」と声をかけた。起きない。いよいよ、私が第一発見者になってしまうのかあ!?それは避けたい、なんとか目を覚ましてくれ!さらに2度ほど声をかけたら、目をパチリと開けた。よかった・・・。ふう~・・・。4本150円のバナナを買って社に戻った。総務のI川さんが「バナナ買ったんですか~?」と聞いてきたので、事の始終を話すと「もしかしたら、声をかけたから、冥土から引き返せたかもしれませんよお」だってさ。長生きしてバナナ売って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/27

栄養&睡眠不足?

最近は、すぐ息があがったり、足がつったり・・・。階段を上がってもなんか疲れるし。あけはむが今摂る必要がある栄養素は鉄分とカリウム。んでもって、睡眠。筋肉の疲れは睡眠でないと取り戻せないとか。う~ん、それはムズイですなあ。。。
今日は、昼から辰巳に行って2時間の打合せ後、多摩センターで夕方からさらに2時間って、東西大横断だった。これだけ長いと電車の中で仮眠できた。でも結局移動で疲れてたかも^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/26

BG音

時々、企画書書きながらとかPC上で流しながら見ている、東映BBアニメ(会員になってて、毎月会費払えば5種類、自由に見れる)の、「パタリロ!」が先週で終了してた・・・先週はまったく見れなかったんだわ。アニメ版の最終回見たかったんだけど・・・。とりあえず、キューティーハニーの1997年から全39話が放送されたテレビシリーズ版を流す。流しているから、内容は適当にしか把握できないけど。この頃のキューティーハニーは、いわゆるナルシー系のテイストが入ってきて、初期のベタ感はないのが、残念なような。キャラデザ綺麗だし構成はおもしろいけど^^。セーラームーンっぽんだよねえ、キャラが。男性の設定とかも。そういえば実写版のは映画館に見に行った。
ところで、社内にはJ-WAVEが流れていて、スピーカーも「あけはむ」のちょうど後ろにある。人によっては音があると気が散ってしまうらしいけれど、「あけはむ」の場合は集中し過ぎて疲れることを避けるのに調度いい。逆に人の話が気にならないし。情報を取り入れながら仕事できるメリットもありで。家でも見なくてもTVの音をつけておいたり、CDをかけたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/24

日韓 文化交流の集い

在日女性と日本女性が投稿している唯一の同人誌「鳳仙花」が20号発売を記念して、今日「日韓をつなぐ文化交流会の集い」が開催された。この同人誌をずっと編集してきた方と家族で交流があった。ただ、うちの家族は、韓国でも日本でもない独自の道を進んできたので日韓といっても、ある意味どちらにも属さないカンジではある。母の教育方針というか、考え方で、日本でフルパワーで生きていくために、と帰化もしたし、学校も3人とも普通に中学受験したし、どこの団体にも属さなかったけれど、料理は韓国料理は作るし、法事も和韓折衷だったり、韓国人としてや自分たちのルーツは自覚はある。それでいいじゃん、っていうのがうちの家族の考え。色々と思い返しても独特な変わった家庭だとは想うけど、普通に商売人の家、って感じだ。
それはさておき、かつて、6号か7号あたりで2号にわたり、「あけはむ」が学生の頃、挿絵のイラストを頼まれて描いた事もあったので、母と同行した。歴史的にも非常に勉強になる講演が聴けた。
特に、桜美林大学・名誉教授の安宇植(アンウンシュク)先生の、「在日韓国人女性」が公に文章を発表できるようになるまでの経緯がとても興味深かった。
そもそも、プロレタリア文学が関東大地震後、盛んになったときは、在日男性の文学者が非常に重宝されたという。植民地時代を経てそこから起死回生していく根性っていうのかな、プロレタリアにはピッタリだったわけだ。そして「在日」という存在にクローズアップというか、世の中に確固たる認識を与えるのは、金大中の拉致事件からだという。しかし、その1970年代初頭まで、在日男性は何度も登場していたものの、在日女性が文壇上で日本語で表現できていなかった。が、このあたりからやっと出始めたという。今では当たり前だけどね。柳美里さんとか。どうして、その頃になってやっと出てこれたか、というと、一つは儒教思想の中では男子優位であったこと。もう一つは日本語で書くなんてという、なにやら民族的な問題があったわけだ。才能があった人も沢山いただろうけど、何はともあれ、在日女性が文を日本語で発表することが出来始めた頃は、亭主関白の儒教思想の元、女性としての愚痴を伝えて発散していく事も多くあったみたい。
母もいつも言っていた事と同じ、日常を淡々と語る方がよいというような事を教授はおっしゃっていた。戦争も歴史の認識の共有はなかなか難しいが、体験を共有することはできる、とも。だから、在日だからどうだとか、そういう問題より、日常の誰でも感じる事を共有出来る事の方が重要なのだ。それに「鳳仙花」は20号などは、在日女性18人、日本人女性16人という両方が投稿する唯一の貴重な同人誌。これからの活動にさらに期待したい。
さらに、金福実さんの韓国の伝統芸能パンソリを聴いた。パンソリを聴くのは初めて。太鼓を男性が隣で打ちながら、琴を弾きながら、朗々と歌い上げていた。パンソリは日本の演歌のルーツらしい。金さんの声は美空ひばりさんの声に似ていた。パンソリは非常に情熱的に大きな声で歌い上げる。この伝統芸能は楽譜とかなくって、口伝で小さい頃から訓練するらしい。韓国人の熱い大陸的な情熱を感じた。因みに最後の写真はポスターを撮影したが、このシーソー遊びはヤンバン(貴族)の女子が好んでした遊び。昔親から聞いた話だけど、ヤンバンの女子は外に出る事が出来なかったから、外を見るためにこういった高く飛んで塀の外をのぞく遊びが発展したとか。「あけはむ」は小学校あがったときから、学校から帰ったら基本的に外へ遊びに行ってはいけないというのが、色々な理由からうちの方針だったんだけど(まあ、勉強とか、安全のため)、他のうちの子と比べて親に理由を聞くと、ヤンバンは昔そうだったんだとか、笑いながらわけのわからない事を言われてなんか納得しなかった思い出がある。今日始めてそのシーソー遊びの写真を見たのだ。05-09-24_13-3605-09-24_15-0805-09-24_15-1905-09-24_15-55
母がヒルズに行ったことがないので、ヒルズを雨の中案内して食事をしてから途中で別れた。
「あけはむ」はティップへトレーニングと練習に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/23

結婚式

05-09-23_12-18午前中、7月にオーダーしていた、フリルのオーダーメイドジャケットが届いた。ニコルでお得意様のみ限定で、シャネルの生地を作っているリントン社の生地で作られたもの。やっぱりいい。長く着れるし出来栄えは最高。もう少し寒くなるのが待ち遠しい。THANKSカードが付いてて、小さなパワーストーンも付いていた。
さて、今日は会社の後輩Mちゃんの結婚式。「あけはむ」はシャンソンを歌うのを頼まれていたので、早めにキャピトル東急へ行きリハを済ませた。玄関前で写真を撮ったのでブログのプロフィール写真換えてみた^^。伴奏だけのために、ピアニストの森野亜古ちゃんに来てもらった。
うちとこの社長もご挨拶。なんだか久々にきちんとホテルでの披露宴に参加するよね、と隣に座っている社長と話した。逆に新鮮さを感じた。なによりも、Mちゃんが、ほんとーに綺麗だった~。彼女から幸せな話を聞いていたので、歌う前の挨拶でネタにしてから「ラ・ヴィ・アン・ローゼ」をフランス語で。調度料理もフレンチだったしぴったりきた。ここの料理はかなり美味しかった^^ キャピトル東急で人気の「カフェ・ロマンス」も見る事ができた。新婦からの手紙のシーンでは、ジーンときて涙した。いや、最初の人前結婚式の時点で、一人でお涙してしまっていました。ほんと素敵な結婚式でした!Mちゃん、いつまでもお幸せに\(^o^)/
05-09-23_16-1605-09-23_16-3105-09-23_16-3505-09-23_17-0905-09-23_17-5805-09-23_18-2705-09-23_18-29105-09-23_18-43
終わってから、そのまま道場へ行って自主練。前回腕が痛くて結局ベンチプレスはできなかったけど、今日はK藤さんにやり方を教えてもらえた。K藤さんは、髪型が変わって、キュートになってた^^ 髪まいてますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

しりあがり寿さん
「オレの王国 ベンチ置いたよ。」

しりあがり寿さんと、以前FLASHアニメ制作を一緒にやらせていただいたご縁で、毎回展覧会のDMをいただくが、ここ2年は行けなかったけど、今日とうとう行けた。ハガキのフライヤー自体が、手書き感満載で、しりあがりさんだ~!って印象。寿さんは本当に「いい人」を地でいっているような方で、彼の謙虚さに我を見て自己反省してしまいます。
「オレの王国」というだけあって、画廊に入ると、白い模造紙を天井から床まですべて張りつくした紙に、しりあがりワールドを広げている。たぶん12畳くらの部屋だと思う。すべて墨絵。夏休みのようなイメージだと思う。池みたいなところに、3箇所ほどもりあがった小山があってそこにも模造紙がかぶせてあって、ぎっしりと絵が描いてある。スノコのような橋を歩きながら見る。おなじみのマンガのキャラらしきものもあり、水面のような床には誰かが飛び込んだ足だけが出ていたり、泳いでいたり、角を見ると滝と思しき勢いの流れに人がまた騒いでいる。そして真ん中に真っ赤なベンチが置いてあって、そこに座ると、真正面に小さな赤いベンチが描いてある。そこだけぽっかりと空間があるように見える。パースがついているわけでないが、奥行きを感じる。画廊にセッティングしてから、これらを描くんだろうな、って思って天井にまで世界を広げているのを見ていると、システィナ礼拝堂の天井画を描くミケランジェロを想った。寿さんは、「芸術家」なんだなあ。
しばらくそこに座って、しりあがりさんの王国を堪能。
絵は好きな部分を申告すると、先着順できりとった部分を買えるみたい。
今回の作品は、切り取りがない世界で、空間を思いっきり使っているところがすばらしい。かつて絵は壁画から始まって、教会の壁にフレスコで絵を描いていたりしたけど、それが段々、絵を差し替えたり運んだりする目的が出てきて、フレスコでも持ち運びが出来るものに発展して、保存性から油絵が発明されたわけだ。(たしかそう)で、キャンバスというのは、画面に限界がある。マイナスな意味じゃなく、必然的にどうしても、10号だったら10号の大きさまでしかない。だけど、今回の作品はその限界をある意味超えて小さなつながった区切りがない世界を一つ作っているところが、画面の限界をクリアしていると思った。
ちなみに、号数だけど、ヨーロッパの号と日本の号では、若干横幅と縦幅の規格が違う。だから、ヨーロッパで買った絵を、日本の額をつけようとすると、既製品では大抵あわず、特注になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/21

体脂肪2%

神輿を1日担いだら、体脂肪が2%減ってた(笑) 有酸素運動だったんだね。
夜、家のエレベーターに乗ったら、黒いビロードのハイヒールが1つ転がってた。かかとの内側が心なしか赤い。恐る恐るのぞいてみた。このシチュエーションは結構怖い。
家に荷物を置いて、財布だけ持って階段で降りてコンビにへ行き牛乳を買ってから、再びエレベーターに乗ったら、ハイヒールがちゃんと立っていた。おそらく転がっている状態に、違和感を感じてか、誰かが立てたんだろう。そこへ、杖をついた80代くらいのおじいさんがふらふらと乗ってきた。止まる階を聞いてボタンをおしてあげたら「ありがとう~。いや~酔っ払っちゃって~」と後ろへヨタヨタとしてハイヒールをまた転がしてしまっていた。「お気をつけて~」と言って「あけはむ」が先に降りた。
これをはいていた女性は、今どうしているんだろう、と色々と想像をめぐらせた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/20

クレイジーケンバンド

夏休みが1日残ってたので、今日はお休みした。調度朝、美姫から電話があり、彼女もバイトが休みでタリーズでお茶してるというので、合流して外のテーブルでぼーっと話した。近所のカフェで昼間おしゃべりするなんて滅多にないので新鮮だった。
そして夜横浜へGO!友人のAちゃんがNTTフレッツ東日本神奈川主宰の「クレイジーケンバンド」のスペシャルライブチケットを当てた!というのだ。それに便乗。横浜ブリッツでオールスタンディングで90分ライブ。いや~かっくいかったね~!イ~ネ!「あ、やるときゃやらなきゃ~」「せぷてんばぁ」はやっぱりおさえ。「俺の話を聞け~♪」はかなりキタ!CD買お~
SOGOで5000円のお好み寿司食べた。最初中華にしようか、って言いつつ二人で寿司を見たらやっぱり寿司だよねえ~ということで寿司。茶碗蒸しもお椀も最後のメロンも超ウマ!05-09-20_21-33でも、お気に入りの本物の皮で出来たミニグローブのストラップを落としてしまった。おそらくあそこかな?と思ったけど、時間もなかったし、縁も切れたなと思って探さずにハマを後にした。道場に寄ってサイトの打合せをしてから帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

着物の日

昨日のお祭りの疲労が今日どんな風に出るか、ちょっと心配だったけど、朝、踊りの先生からの電話で飛び起きたら、肩も触るとちょっと痛かったり、足もパンパンだし、スネも筋肉痛で、少し内蔵がムカムカして調子悪そうで、喉も痛いけど、まあたいしたことないか、って思った(笑)。達成感の方が強い。
今日は小石川後楽園で着物の会があって先生とご一緒することに。11時目黒へ行き先生宅で着物を着る。この間できた合わせの扇柄の着物。ところが今日は兎に角暑い・・・。帯も二重太鼓の黒の亀甲だったので、さすがに暑苦しいね、ということになって、先生のえんじ色の名古屋帯をお借りした。飯田橋からタクシーを捕まえる間にも、暑くて仕方なかった。
始まって講師の方の色々と話を聞いていくんだけど、先生も大阪・京都から昨日夜中帰ってきたばかりで、あけはむも、もちろん疲れているので^^;、眠気との戦いだった。庭も歩いてみたかったけど、あまりの暑さに出られないし、休憩時間もあまりなく、しかも、公演が4時間近くにもなり。途中の公演も畳の部屋で、足がパンパンなので、正座してたら、しびれるよりもふくらはぎが痛くてすぐ楽座りした。もしかして今日はガマン大会だったのか・・・?
やっと終わって目黒に戻ったら6時を過ぎていて、空は暗くなっていた。
それから、浴衣に着替えて半帯をさくっと締めて、お稽古。先生も、今日は足が痛いだろうし、疲れてるから、と気を遣ってくださって、次のお稽古みっちりやりましょう、と今日はほどほどにしてくださった。来年は、お祭りの次の日は予定をいれないようにしよう・・・。
帰ってからスターウォーズⅡのDVDを見た。これでやっと映画見にいける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/18

阿佐ヶ谷 神明宮祭 初神輿

05-09-18_20-1218日、中秋の名月の日。朝9時20分に高円寺集合!というところで、「あけはむ」8分の遅刻でかなりブーイングを受けるところから始まる!
そう、漢字だらけのタイトルの通り、今日はお神輿担ぎデビュ~!高円寺の阿波踊りについでこのあたりでは結構大きなお祭り。ほんと今年は祭りづいてます。4月は輿の上にのる側だったけど、こんどはワッショイワッショイ担ぐ方。事前リサーチ殆どなく本番ぶっつけ。何かと、初めての事はその方が楽しめる。何でも知ってしまうと、出来なくなることも出てくるので、つまり、礼儀とか常識とか、その辺、初めてだから許されるってのがあるから。
K池さんの事務所で道場の女だけで着替えて、T岡さんの家へ行き、まずは日本酒で景気づけ。それからうちチームの神輿へGO!3時間くらい担ぐのかと思ったら、夜7時までだって^^; 10時半から始まって、頭のようなおじさまが、「神様担ぐんだからね!棺おけ担ぐんじゃないんだから、景気良くね!」なんて盛り上げてから出発。各神酒所に到着すると休憩して酒やら食べ物やらを恵んでもらいながら移動していく。って書くのは簡単だけど、いざ担いだら、もう重いのなんのって・・・。しかも、ふっとい棒が肩にがんがん当たる。よく見ると女の子では、ただ手をかけている人だけもいたけど、「あけはむ」背高いし、そんなことできず。とにかく模索しながら担ぐ。聞くところによるとそのうち前の方や、ヘタすると担げなくなるっていうから、兎に角前の方をとった。何度も一番前を担がせてもらった。かなりキツイので様子見て、辛そうだな?って思うと、声をかけて交代しながら担ぐ。1日長いから適当に休みながらって言われたけど、なんか、ノンビリ歩いてると悪いような気がして、なんだかんだいって、8時間、間に15分~30分休憩は入りつつも、ずっと担いでた。「あけはむ」的には、掛け声は「ソイヤー!」。声ずっと出してて、喉も痛くなってきた。あまりの重さと棒が当たる痛さもあって顔が歪んだ。
みんなは、江戸っ子らしい粋なシックな格好だったけど、「あけはむ」は赤いダボシャツに藍色の腹掛と長股引。しかも、ネットで購入した赤と紺の太いねじり鉢巻をしたけど、先が真っ赤な房になってて、針金で立ててるから、目立った^^; 
神酒所についたとき、神輿を乗せる木の台「馬」の上に、誘導する人が拍子木を持って上って待ち構えている。そこに、ちょうど足二本入る棒の間を、人めがけてわっしょいわっしょい少しずつ進みながら、入れていく。曲がってしまうと、「さがれ~~!」となって、どどどど!っと下がる。この時足がからまないよう注意!で、何度もトライしてやっと入れる。これは、わざとっていうか、何度もやることで、神酒所を盛り上げるのだ。食べ物はもちろん、ビールが必ず出る。最初はお茶にしてたけど、升酒があったところでは、3杯飲んでしまった。
神明宮で首から提げる木札も購入。つま先立ちで少しずつ少しずつ進むので、腹筋、足筋、肩筋、喉筋すべてふる活用!
そして、すごいことに、「あけはむ」神輿の上に乗ったのだ!ほんとは滅多に乗れないし、初心者は乗せてもらえないらしい。他のグループの女性が神輿の棒の上に乗って、扇子を下から上に振りながらやっているのを見て、「こわい~~!」って思ってたら、その女性が降りたら「あけはむ」のところに入ってきて、「あなた乗れば!」って言われ、何も考えず「はい!」って言って前から真ん中に入っていって、人の助けを借りながら棒の上に上った。足は手で押さえてもらいつつ、足を曲げたり伸ばしたりしながら、下から上に腕を何度も振り上げる。何度かやったらキョワイ!っと思って降りようと思ったら、扇子と次の神酒所になるT岡さんに提灯と持たされたので、再び挑戦。さらに何度かやったあと、もう出来ないと思って降りようとしたら、他の人から「まだやって!」とか言われたけどさすがに、もう怖くてできなかった。でも後で、「神様の上に上るっていうのもあるし、ホントに名誉だし、なかなか出来ないことなんだよ~。それに上に乗るには難しいから練習がいるし、勇気あるよ!」とか言われて、ラッキーというか、知らないってことはやっぱり良い事だと思った(笑)。いやほんと、貴重な体験をさせてもらいました。一生懸命担いでた、とT岡さんのお父さんにも言われて、良い担ぎ手になるから来年も!とおだてられてすっかりその調子。しょっちゅう前に行ってた、とも他の人に言われて、前に出た方がいいことなのかと思ってたら、前は技術もいるし、重いし大変だったらしい・・・。どうりできつかったわけだ。最後の神酒所では、早稲田通りの車を完全にストップさせて、何度も入りを繰り返した。最後だから、何度もやり直し。人もぎゅうぎゅうで、その中で汗をダアダア流しながらオリャ~~!とやりぬけた。興奮状態だから何がなんだかわからなかった。
終わってから寿司が振舞われ、T岡さんのお母さんのお店で打ち上げ。なんか山田洋二監督の映画を見ているような風景だった。11時過ぎ解散。K藤さんはふかしたイモを終わるまでず~~っと食べ続けていた。そこまでイモ好きだったのね・・・。肩は触るだけで痛いし、寝ようと思って足を見たら、パンパンにむくんでた。肩にシップをして寝た。
来年も参加する!さっそく予定をおさえた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/17

不幸中の幸い?

昨日は、練習が終わってから電車が遅れてたし、終電にも間に合ったというのに、ケータイの麻雀ゲームに夢中になって、1駅乗り越してしまった。なにやってんだろ。たまに、考え事してたら乗り越したってあるんだけど、ゲームはないよねえ。
今日は、本当はABCの料理教室へ行くはずだったけど、なんだか今日は行く気がしなくって珍しくキャンセル。その代わり、久々に買いものの時間に割いた。近所で日用品や果物。池袋西武へ行ってB1でイクラとウニの弁当が売ってて、「あ~あれを買っていって、運動前の食事に弁当がいいかな」と考えた。先に着物用のバック購入するため6Fへエスカレーターで向かうが、ここでもふと6Fの時点で考え事してて、7Fに行ってしまった。そしたら、なんと「北海道うまいもの会」をやってて、目の前にイクラ丼の専門店が設営されているではないか!他に札幌ラーメンとかもあり、どこも列をなしている。「あけはむ」はイクラが大大大好きなのだ~!昔、ゲームを制作していた時、北海道のプログラマーの方にイクラ好きを何気なく話していたら、イクラの醤油漬けを送ってきてくれたことがあった。イクラは塩漬けじゃなくって、酒しょうゆ漬けじゃないと!その時は1週間、イクラをほおばり続けた。イクラご飯じゃなくって、ご飯イクラよ。これはほんと忘れられません!
で、その店で、調度タイムセールもやってて、1,050円でウニ・イクラ丼を食べた。いや~満足満足。間違えて7Fまで乗り過ごした甲斐があった。05-09-17_17-03
バックを買ってから、バランスボールも購入。渋谷ティップネスにつく頃になんか疲れてたので、プロテインジュースを頼んで一気飲み。今日の練習で、体勢が少し分かってきた。
帰宅して近所のコンビニで、またヨーダのフィギュアがいて、以前は喫煙ヨーダだったけど、今度は肉まんヨーダだった。ティッシュで包んだ肉まん。バイトの人とかが作ってるんだろうな~。何気に楽しみ。05-09-17_23-13
そして、「女王の教室」が最終回。もう、ティッシュ何枚も使って大泣きしたよ。最後の先生の笑顔にも泣いたね。見ながら母親の事を思い出した。存命ですが(笑)。母も「あけはむ」にとって乗り越える壁であったことは確かで、一つ一つ乗り越えたから社会で辛いとか、不安でどうしょもない、とかあんまりなかったんだろうな。何でも乗り越えられると思えるから。
厳しさの例のうちの一部抜粋!
・まず何かしたかったら、親を説得せよ。それが出来なければ、世の中出ても、何も説得できないし、何も成し遂げられない。
・朝、ゆで卵をゆでて、食卓に出した。塩のビンは出していなかった。まあ、ここで普通なら「塩取って」で終わりなんだろうけど、「ゆで卵を出して、塩を出さないっていうのは、生き方がなっていない」と朝からこっぴどく叱られる。つまり、その程度の気遣いも出来なかったら、世の中渡っていけない、っていうわけだ。
「あけはむ」がどれだけ気を回せるかは別として^^;、あけはむの強さも弱さも母に養われた部分が非常に強いわけだと思う。掃除は家族全員でやることは義務付けされていて、テレビも「大河ドラマ」と「北の国から」だけが許可された。質の良いものしか見てはいけなかったわけだ。隠れてアニメとか見てたけどね。んでもって、ゴミとかその辺捨てても怒られなくって、よく「人に笑われる」とかいう人の目を気にした怒られ方はされなかった。(親はやっぱり、あの世代だから、自分たちは世間は気になっているようだが、まあ普通じゃないよね。)やっぱり理不尽だったり納得しないことは沢山あったけど、克服するには、自分が乗り越えていかないと何にもならなかったんだよね。
あと献血したら怒られた。ディスポーザー針かどうか保障もないのに(そう言ってても信用できないというわけ)、安易に受ける、つまり危険回避を自分で考えないことがまずNGで、あと家族以外の他人に恵むことはどうやら納得しなかったみたい(笑)。そこは親としての正直な嫉妬心だったのだろうけどね。あけはむのアイデンティティは親とはまったく違うと思うけど、危険回避っていえば、工事中のビルがあったら、あけはむは少し遠回りするんだけど、ある日母親もそうするって言ってた。もちろん、一つでも危険リスクを少なくするってこと。
あと兄弟3人とも中学受験だったけど、母が勉強を教えて、塾には行かずに、四谷大塚の日曜試験だけを受けてた。兄はまあ上段に大体入る成績だったけど、姉はしょっちゅう1番とってた。あけはむは1度だけ女子で1番になったことがあったけど、これはみな母の厳しさのお蔭なワケ。みんな御三家のトップに受かったんだから他人事みたいにすごいなあと思う。あとの人生は自分たちの責任ですが・・・。
因みに、勉強教える時、母はコタツの左側に座っている。少しでも間違えると拳骨が飛んでくるから、左腕はいつも痣だらけだった。いつしか、避け方を覚えて、ちょっと手が動くだけで、左手でさっとカバーするようになれた。今思うと、空手の型と同じだよなあ。今は怪我をしない事の大事さゆえに、ウチミとかに敏感になっているけど、空手始めた頃は打たれ強いっていうか、痛いけど平気って思えた。
ここには書けない、いいつくせない事が沢山あるけど、なにはともあれ母は偉大ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15

舌やられた

この数日間、ゆっくり食べる時間なくって、殆どちゃんと食べていなかったら、ビタミン剤とか亜鉛とか飲んでたけど、舌がかなり大きい範囲で荒れてしまって、塩気のものは特に痛い。上顎も荒れてる。昨日も練習行ったけど、今日は忙しかったのもあるし、早めに帰って(っていっても11時だけど)作って食べよう~。モロヘイヤがらでぃっしゅぼーやから送られてきていたし。
でも、今日昼は、同僚のO塚くんが、ここのところ世話になったからとかいって、TVにも出てた神田の寿司屋で1000円の海鮮丼をゴッチしてくれた!これが、すんごく美味しくってびっくり。会社のあたりは美味しいところ沢山あるはずだけど、ゆっくり店散策したことないから、2年以上いても、限られた数店しか行ってないから知らなかった。
やっぱり美味しいものを食べるのが一番し・あ・わ・せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

舞浜の夕日

maihama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/13

全勝!&「海猿」最終回

やった~!7社コンペ勝った~\(^o^)/ ネチこいプレゼン2時間もやった甲斐があった。クライアントさまもよく我慢して聞いてくれた。夏休みあけてからの勝負は今のところ全勝。この勢いに乗って今週2本のコンペもノリノリでいくじょ~。
昨日夜丑三つ時、ランニングと縄跳びをやって汗をかいた。練習行けなかったしと思って。縄跳びあなどれない。200回で足パンパン。ていうかリズムが難しい。練習が必要なものかも。できれば試合まで3キロ絞りたいんだけど。1週間でやっと1キロ減らせたから、これもこの勢いで達成したいなあ。あまり減ると蹴りに重さが出ないかもしれないけど。それであまり食べていなかったら、今日の練習、かなりハードだったのもあったけど、ヘロヘロのフラフラになってしまった。エネルギー完全にナッシング。頭がくらくらして、K藤さんが2重に見えた。
帰ったら今日は「らでぃっしゅぼーや」が届いていたので早速カンタンに料理して食べた。
さらに今日は「海猿」の最終回!「女王の教室」と「海猿」は毎度泣く。来年海猿2が映画上映されるらしい。見に行こ~!1は見てないけど。池澤(仲村トオル)がやられた時には、ほんと泣いたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

ソフト整体

昼出社。相変わらず月曜日はだるくてしょうがない。ってこれが通るから感謝(笑)。1日中、企画書制作デー。昼(っていっても、夕方の4時)からエクセシオールカフェのソファーに座って、カフェオレとカルツォーネ系、サーモンベーグル、モンブランにぱくつく。これだけ頼むと1000円以上いってしまう。クライアントから送られてきた企業冊子を読んだ。インデックスの落合さんへのインタビュー記事が非常に興味深かった。WEBの窓口担当のK濱さんの写真も載ってる。知っている顔が載ってるとなぜか嬉しい。新聞は選挙一色。戦国時代やね。
6時半くらいに、会社の近くに新しく発掘したトータルリラクゼーション整体セラピアへ行ってみた。この間お試しで普通のマッサージをやってもらって、左足付け根のバランスが悪くて足が上がりにくいと相談したところ、整体やってみそ、ということで昼食を食べながら予約してみた。
本当にソフト。なんか、どっぷり体が沈んで疲れが取れたって感じ。ソフトなのに、体のバランス的に調子良い。
定期的に通うことにした。さらに近くで怪我の治療のための針もやってるし・・・。廣戸道場へ行きたいけど、予約がなかなかとれないのと、場所的に通えないので、今は諦めてる。吉祥寺に住めれば、いろんな意味で問題ないかも~。ま、無理だけど。今年は体に金かけるぞ~!
会社に戻ってから今週2本あるプレゼンのうちの1本をほぼ仕上げ。明日道場へ行けたら行きたいなあ。まあ、今日はチコツってるしネ(笑)。デザインに大きな修正が必要なければいいんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/11

満身創痍?

昼過ぎに起きる。8時間久々に寝たけど、寝すぎると毎度疲れる。選挙に行く。卒業した小学校は歩いてすぐのところ。こないだは都議会選だったなあ。自民圧勝!!
この衆院選の裁判官については、毎度よくわからない、って思う。まあ特に問題起こしてなければいいんだろうけど。選挙当日、昼過ぎのさんまのTVに小泉の息子ちゃんが出ているのには、さすが・・・って感じですわ(笑)政治力ってまあこういうことも大切なんだろうなあ・・・。
この間壊れた28インチのブラウン管TVを処理業者に5000円で引き取ってもらった。TVを買えばリサイクル法でもう少し安く引き取ってもらえるよ、とガタイのいいおにーさんがアドバイスしてくれたけど、次買うときは薄っぺらいシロモノを買うだろうし、もう一台で用が足りているから邪魔だしとりあえず引き取って、っということで持っていってもらった。デジタルはまだ、もう少し先だろうし、どうしても必要になったらで。その頃にはもっと安くなったり、もっといいものが出ていそうだし、運よければ、いらなくなった、なんて身近な人がくれるかもしれないし^^。
25日に去年に引き続き、品川インターシティフリマに、イベコン時代の友人、M紀ちゃんとまた出品することになったので、フリマかヤフオク用にためていたモノをまとめてみた。これ、当日手で持っていけるのか?というくらいの量だ。旅行用カート1台と、ショッピングでもらう一番大きな紙バック3つ。根性で持っていくしかない。前回は洋服が殆どでしかも売り切れた。今回は小物やアクセサリー系が殆ど。だからかさばるし重い。
夜道場へ。今日はチコツっちゃった(*^_^*) 大きくなったら男の子になっちゃうかも~。H向氏に「満身創痍?」と聞かれて、言葉で言われると何を言われているかわからず、「慢心創意」かな?なんて思っちゃった。まあ満身創痍までのひどさはないと思うけど。男の子にならないように、帰宅後アイスノンのお世話に。
キンビラゴボウを作ってハンバーグとチューハイで食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

負の中から成長できる

夜、「あけはむ」をかつてヘッドハントしてくれたI元さん宅で、「ものつくりの会 ジュニア版」を開催。ものつくりの会はI元さんのつながりの人たちをI元さんの選択で呼んで集めて、ゲストに色々と語ってもらう会。基本的にビジネスの話。そのジュニア版。ひさびさにI元さんのお宅へ。彼女のキャラクターは個性的でみんなに愛されている。ヘッドハントをされた人は冗談で犠牲者とか言ったりしている(笑)。今回は若き某副社長や某会社の事業部長、新人1年生たち、金融系、ITコンサル系、などなど「あけはむ」も入れて10人。すっごくためになる話ができた。仕事に対してのビジョンなどを持って臨んでいることに新鮮さを感じた。「あけはむ」はある意味、起業とかにはすでに、そういったモチベーションはなくって、幸福論と成長論に比重を置いている。新人さんから相談をされて、おもわず「負の中から成長できる」という言葉を自分で言ってみて、自分で「あ、そうだよな」って納得してしまった(笑)。楽しかったり幸せの時は、負の中から成長したプラス気を使えている時で、またマイナス(負)がある時に実はまた成長して蓄えて、そしてまた「幸せ」を使うのだと思う。
まあつまり単純な話、陰陽。そして、負ほど刺激や気付きやすさのある素敵なものはなくって、その時はもちろん嫌な気持ちやかなり苦しかったりしても、それを乗り越えるには陽が必要で、陽の比重が多くなった時、楽しい状態の時。でも、楽しい状態の時は、成長とか気付きというより、消化している時で、癒されたり、ストレス解消なんでいう効用もある。と思うわけで・・・
北の国からってかんじで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

体内時計

体内時計:夜遅く食べると太る、仕組み解明 日大グループ
食事量減らしているのに、どうりで体重が増えるわけだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

RYOJUN

仕事やっと終わって午前5時。でも、とっても癒された気分でここまで来た。
なぜならノートPCにCDを入れて流しながら作業。そしてCDは日芸の先輩、俳優でもある深野良純さんがRYOJUNとして発売したCD、「RYOJUN PIANO WORKS」。オリジナルの作曲。全部いい。特にタンゴナンバーは思わず素敵な男性のエスコートが欲しくなる。おさえた感じに踊りたい。
何度もCDリピート。メランコリックになれる。これ好きな感情。外には完全にプラス気を発しているから。陰陽が大事。
このCD、何度でも、いつまででも聴いていたい。
「あけはむ」も眠れない時とか、癒されたい時とか、死んだ友を思って、曲の中に愛の起伏を感じなら、などなど・・・時々ピアノを弾く。今あるピアノは電子ピアノなのでヘッドホンをつけて。タッチは本物のようによく出来ているYAMAHAのP-120。昔、家族と住んでいた時は白いコンサート用のグランドピアノだった。でもヘッドホンの方が自分の世界の中にいれて安心して弾ける。
このズミさんの曲の楽譜が欲しい。弾ける様になりたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/07

ネリマーズコンサート

05-09-07_18-4405-09-07_19-562照姫祭りで殿役だった俳優の阿部六郎さん演出・出演の第二回ネリマーズコンサートが、大泉ゆめりあホールで行われた。照姫のかおちゃんも一緒。あけはむは、なんとかギリギリに間に合った。前から4列目に席が用意されていて、途中、観客に私たちが紹介され、席をたって会釈をした。練馬ならでは!
このネリマーズの第一回はビデオを貸していただいて拝見したけれど、おもわぬ面白さに結構見入ってしまった。また偶然去年、照姫物語をやっており、それとは関係なく今年の殿役に阿部さんは選ばれたわけなので、深い縁を感じる。今回生で見て、あけはむは結構沢山、舞台を見ているけれど、非常にレベルも高く、安定感のあるそして面白い演技とアカデミックな裏づけと、演出、そしてすべてが手作りで、練馬に因んだことをやったりなど、本当に楽しめた。来年もまた見たい、と思える舞台。阿部さん以外の出演者3人の木月京子さん、平田孝二さん、北條聖子さんはプロのオベラ歌手であるし、ピアニストの早川修司さんももちろんプロ。ビアニストも演技に参加するという一体感もおもしろい!学園物語として練馬の勉強をしたり運動会をしたりする中で、歌のメドレーやオリジナルの作詞作曲でもりあげる。練馬にちなんだ宇宙戦艦ヤマトには、個人的に盛り上がった。ラジオドラマでは「耳なし芳一」。第二部ではミュージカルやオペレッタからのメドレーのオンパレードだが、これらも、本当に質の高いレベルで安心して楽しめる。あけはむはオペレッタが結構好きだし、シャンソンの「大根役者」も歌われていたり、アンネンポルカも木月さんによる歌はさすがだった。すばらしい。早川さんの作詞作曲のネリマーズテーマソングで幕。
灯篭流しの時に平田さんが撮影してくれていた写真を、あけはむと姫にくれた。よく映ってた!
それから道場へ練習に行った。10時。組手の練習。結構疲れてたけど、兎に角練習。
そして夜中、仕事の続き・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

痣(あざ)の消し方

こないだ会社の同僚のO和田さんのお母さんが作ってくれた、中華ミソを紹介したけれど、名前がわかった。甜面醤(テンメンジャン)というらしい。野菜につけて食べてもよさそう。何でもOKだね!
さて、空手をやっていて日常的な悩み?としては、「あざ」。これはヘタするとうっすら茶色く跡に残ってしまう場合がある。先日、かかりつけの鍼灸医へ行くと、「お!あざがある」と発見されお灸をしてくれた。するとあら不思議、みるみる薄くなっていって、次の日には殆ど消えてしまった。
なので、市販の跡に残りにくいお灸など自分で買って痣にお灸をすえてもいいかも。痛みもやわらいで一石二鳥だね!とほほ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/05

メジャーデビュー

あけはむのお友だちのメジャーデビューのご紹介。

トワイライトシステム
ノリのいいかんじからバラードまでオリジナル曲と、おもろいトークで盛り上げる。のれます。
元国際線のスッチー、池田麻里ちゃんがボーカル。リズム感もいいし、伸びのある声をしてます。ライブはかなり楽しめる!以前、あけはむのホームパーティにも来てくれました^^

トラベリング アップル(携帯サイト)
ジャズボーカリスト。チアキセラさんの色っぽくってハスキーな艶のある声には、独特な世界観があります。
明日、9月 6日(火)渋谷「JZブラット」メジャーデビューライブ!03-5728-0168

ぜひ応援よろしく~^^ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

ライブと演劇

昼まで寝た。寝不足解消。頼んでいた着物2着、やっと届いた。今度の着物の会に着てこう。
15時から原宿のBlue Jay Wayで、森野亜古ちゃんのライブ。ここでは初ライブ。このライブハウスはオーディションに受からないと出られない。さらに一歩踏み出したかな!今回は「青い太陽」というタイトル。フライヤーのデザインはいつも「あけはむ」が担当。今回あれやこれや悩んだけど、結構イメージ通りに出来た。05-09-04_16-5405-09-04_16-311新曲の「青い太陽」は難しい曲だけど、さらに精度が増すと残る楽曲だと思った。
終わったらその足で新宿のシアターモリエールへ。「BEN-CROFT」という劇団(日芸の同学年で活躍していた人が主宰)に、日芸の先輩、深野良純さんが出演するというので見に行った。彼の出演しているのは殆ど見ている。お笑の要素も入ってて面白かった。ずみさんの発声がすばらしかった。彼のピアノのCDも購入。11月のピアノコンサートが楽しみ!
その後、以前ヒルズクラブ立ち上げの時に一緒に仕事をした元雑誌VOG**のH田さんに占を頼まれてたので、場所を「あけはむ」のこれまた新宿でお気に入りのうちの一つ、DEN AQUAROOM SHINJUKUで彼女を待つ。色々とみてみたけど、本当にこれからが楽しみな人!彼女の才能もさることながら人間性も本当にすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

趣味日

11時半から目黒へ座敷舞のレッスン。最初はイメージ的に、全体ゆっくりしているものかと思ったけど、動きも思ったより機敏?な動きが入ってきた。なによりも、膝を曲げて重心を落としながらの動きや、手や扇の方向、足の位置など、美しく見せるためには非常に細かく気を配る必要がある。「あけはむ」としても完璧にやりたいので、緊張感を持続させて「次は手の位置は少し斜め前のここら辺」とか「足の親指は気持ち一センチ左だったよね」とか常に考えながら踊る。そのうち体が自然と覚えてくるわよ、という先生の励ましと、だいぶ綺麗になってきた、というお褒めの言葉に踊らされた。毎度、すごく汗かく。
2時半からABCクッキングで料理。今日は鰻いなりとサラダ巻き/茄子の胡麻酢和え/ぼたん海老のお吸い物/ぶどうの葛~カシス風味~ 。おいなりの作り方とお吸い物のダシの取り方が楽しみだった。結構美味しくできましたよ~。でも今回はちょっと手間が大変だったかも。05-09-03_15-58
終わってから、渋谷のティップネスへ。ティップでの筋トレ久々。最初30分くらいリクライニングで体を休めてからトレーニング。うーん、でもやっぱり5月の時より持続力ない。まだ怪我がちと痛いけど、だからこそ鍛えないとね!アレーとか使ってのフリートレーニングもやってみる。「コア・リセット」のコースも30分出る。ティップでの空手も久々かも。ここでのレッスン、結構みっちりできるから、フルコンじゃないけど好きなんだよね~。広いし、鏡が大きいので自分のフォームの確認ができる。試合まで1ヶ月。あっというまだわ・・・。
帰ってから、「積み木崩し」前編後編と「女王の教室」をぶっ通しで見て、一通り泣きたおした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/01

中華ミソ

先日、同僚のO和田さんのお母さんが、「あけはむ」に渡して、と中華ミソ(正式名忘れた)をくれた。カワイイ牛乳ビンみたいのに入っていた。甘辛い感じのすっごく深い味のミソ。今日やっと料理する時間ができたので、らでぃっしゅぼーやからの届け物の野菜盛り沢山で創作した。
ネギ、ピーマン、ナス、トマト、ニンジンを油とごま油でいためて、ぐつぐつちょっと煮てからこのミソで絡めた。これだけで味付けOK!すっごく美味しい~。
あとは水菜が入っていたので、サトウ、塩少々、酢、醤油、ごま油であえた。
O和田さんのお母さんとは、去年の暮れ、あけはむが休祭日に横浜のイベントで占をしていた時に、O和田さんと遊びに来てくれた時初めて会った。なんと、中華料理の先生だということを先日知った。絶品のミソ!
今度はO和田さんのプロ級らしい、ケーキかお菓子が食べたい\(^o^)/ 食事セーヴはやっぱり無理かも。
それにしても、ふくらはぎがヒドイ筋肉痛で階段降りるのが辛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »