« 不幸中の幸い? | トップページ | 着物の日 »

2005/09/18

阿佐ヶ谷 神明宮祭 初神輿

05-09-18_20-1218日、中秋の名月の日。朝9時20分に高円寺集合!というところで、「あけはむ」8分の遅刻でかなりブーイングを受けるところから始まる!
そう、漢字だらけのタイトルの通り、今日はお神輿担ぎデビュ~!高円寺の阿波踊りについでこのあたりでは結構大きなお祭り。ほんと今年は祭りづいてます。4月は輿の上にのる側だったけど、こんどはワッショイワッショイ担ぐ方。事前リサーチ殆どなく本番ぶっつけ。何かと、初めての事はその方が楽しめる。何でも知ってしまうと、出来なくなることも出てくるので、つまり、礼儀とか常識とか、その辺、初めてだから許されるってのがあるから。
K池さんの事務所で道場の女だけで着替えて、T岡さんの家へ行き、まずは日本酒で景気づけ。それからうちチームの神輿へGO!3時間くらい担ぐのかと思ったら、夜7時までだって^^; 10時半から始まって、頭のようなおじさまが、「神様担ぐんだからね!棺おけ担ぐんじゃないんだから、景気良くね!」なんて盛り上げてから出発。各神酒所に到着すると休憩して酒やら食べ物やらを恵んでもらいながら移動していく。って書くのは簡単だけど、いざ担いだら、もう重いのなんのって・・・。しかも、ふっとい棒が肩にがんがん当たる。よく見ると女の子では、ただ手をかけている人だけもいたけど、「あけはむ」背高いし、そんなことできず。とにかく模索しながら担ぐ。聞くところによるとそのうち前の方や、ヘタすると担げなくなるっていうから、兎に角前の方をとった。何度も一番前を担がせてもらった。かなりキツイので様子見て、辛そうだな?って思うと、声をかけて交代しながら担ぐ。1日長いから適当に休みながらって言われたけど、なんか、ノンビリ歩いてると悪いような気がして、なんだかんだいって、8時間、間に15分~30分休憩は入りつつも、ずっと担いでた。「あけはむ」的には、掛け声は「ソイヤー!」。声ずっと出してて、喉も痛くなってきた。あまりの重さと棒が当たる痛さもあって顔が歪んだ。
みんなは、江戸っ子らしい粋なシックな格好だったけど、「あけはむ」は赤いダボシャツに藍色の腹掛と長股引。しかも、ネットで購入した赤と紺の太いねじり鉢巻をしたけど、先が真っ赤な房になってて、針金で立ててるから、目立った^^; 
神酒所についたとき、神輿を乗せる木の台「馬」の上に、誘導する人が拍子木を持って上って待ち構えている。そこに、ちょうど足二本入る棒の間を、人めがけてわっしょいわっしょい少しずつ進みながら、入れていく。曲がってしまうと、「さがれ~~!」となって、どどどど!っと下がる。この時足がからまないよう注意!で、何度もトライしてやっと入れる。これは、わざとっていうか、何度もやることで、神酒所を盛り上げるのだ。食べ物はもちろん、ビールが必ず出る。最初はお茶にしてたけど、升酒があったところでは、3杯飲んでしまった。
神明宮で首から提げる木札も購入。つま先立ちで少しずつ少しずつ進むので、腹筋、足筋、肩筋、喉筋すべてふる活用!
そして、すごいことに、「あけはむ」神輿の上に乗ったのだ!ほんとは滅多に乗れないし、初心者は乗せてもらえないらしい。他のグループの女性が神輿の棒の上に乗って、扇子を下から上に振りながらやっているのを見て、「こわい~~!」って思ってたら、その女性が降りたら「あけはむ」のところに入ってきて、「あなた乗れば!」って言われ、何も考えず「はい!」って言って前から真ん中に入っていって、人の助けを借りながら棒の上に上った。足は手で押さえてもらいつつ、足を曲げたり伸ばしたりしながら、下から上に腕を何度も振り上げる。何度かやったらキョワイ!っと思って降りようと思ったら、扇子と次の神酒所になるT岡さんに提灯と持たされたので、再び挑戦。さらに何度かやったあと、もう出来ないと思って降りようとしたら、他の人から「まだやって!」とか言われたけどさすがに、もう怖くてできなかった。でも後で、「神様の上に上るっていうのもあるし、ホントに名誉だし、なかなか出来ないことなんだよ~。それに上に乗るには難しいから練習がいるし、勇気あるよ!」とか言われて、ラッキーというか、知らないってことはやっぱり良い事だと思った(笑)。いやほんと、貴重な体験をさせてもらいました。一生懸命担いでた、とT岡さんのお父さんにも言われて、良い担ぎ手になるから来年も!とおだてられてすっかりその調子。しょっちゅう前に行ってた、とも他の人に言われて、前に出た方がいいことなのかと思ってたら、前は技術もいるし、重いし大変だったらしい・・・。どうりできつかったわけだ。最後の神酒所では、早稲田通りの車を完全にストップさせて、何度も入りを繰り返した。最後だから、何度もやり直し。人もぎゅうぎゅうで、その中で汗をダアダア流しながらオリャ~~!とやりぬけた。興奮状態だから何がなんだかわからなかった。
終わってから寿司が振舞われ、T岡さんのお母さんのお店で打ち上げ。なんか山田洋二監督の映画を見ているような風景だった。11時過ぎ解散。K藤さんはふかしたイモを終わるまでず~~っと食べ続けていた。そこまでイモ好きだったのね・・・。肩は触るだけで痛いし、寝ようと思って足を見たら、パンパンにむくんでた。肩にシップをして寝た。
来年も参加する!さっそく予定をおさえた。

|

« 不幸中の幸い? | トップページ | 着物の日 »

コメント

FJKさん、いつもどうもです!やっぱりやった方が楽しさ100倍ですよね!この日はどこもかしこもお祭りでしたが、来年も阿佐ヶ谷ですね~!

投稿: あけはむ | 2005/09/20 15:28

mixiにいるFJKです。
神輿でびゅーでしたか、おめでとうございます。
しかも、乗っちゃったんですか、すごーい。
怖かったと思いますが、めったにできるもんじゃないし
そこは、お祭りの勢いというもんです。
万一おっこちても、いっぱいひとがいますので
あけはむさんなら我先に受け止めてもらえるでしょう(笑)
そういうひとでないと乗せてもらえません。。
18日は高円寺の道場に行きましたが
電車の上から御神輿がみえましたので
お祭りしてるのがわかりました。
秋はお祭りおおいですね、浜松町の仕事場の近くも
同じ日に鎮座千年祭とかでしたが、いろんな行事が
重なってしまい、見物もままならなくて残念でした。
やっぱり、
見てるよりやったほうが楽しいというものですね・・・。


投稿: FJK | 2005/09/20 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/6026485

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷 神明宮祭 初神輿:

« 不幸中の幸い? | トップページ | 着物の日 »