« ロシア料理で今後 | トップページ | ダンスパーティ »

2005/08/20

レッスン・ラッシュ

朝11時半に目黒へ。今日が地唄舞(座敷舞)の「踊りはじめ」の日。先生の自宅で個人レッスンだ。伺うとすでに浴衣姿でお太鼓の名古屋帯で出迎えてくれた。まずは浴衣を自分で着て、細かいアドバイスを先生から受ける。裾の扱いとか帯の結び方のコツとか。「あけはむ」の着付けは、自己流っていうとかっこいいけど、つまり適当だ。色々な話をしつつ、初めてのMY扇を渡される。山村流は「観世水」の手書き扇子。いよいよレッスン。ドキドキ・・・。最初の課題は「高砂」。途中までのフレーズまでを細かい動きや手のちょっとした角度から、目線の位置などを指導され、何度も繰り返した。おお、結構いけるぞ~!と思いつつ、その繊細な動きや美しさに感動。体の仕組みと動きが自然と一体なのだ。「自然」との融合感と、ゆっくりとした綺麗な時間に、心がすんなりと落ち着く。首をかしげて目線を斜め左に送る時なんか、ちょっと違うだけで、だいぶ違ってくる上、観客から見た形や顔の向きも重要になってくる。そういった細かい部分も指摘していただけて、それが決まった時はかなり快感。先生に褒められてさらに嬉しかった。あけはむ、単純だから褒められるとガンバロウと思うたち。教えている生徒の中でも一番「あけはむ」は若いらしい。シャンソンの世界でもそうだったなあ、そういえば。動作が、ビミョウなところでかなり細かい事と、知らない用語が沢山あるし、リズムではないので、どこで動くかまだ理解できていないし、で、帰りに目黒のデパートで和風の白無地のB5版程度のノートと0.5mmのボールペンを購入した。ここに忘れない内に細かく記入いく。音が普段は聞きなれていない世界なので、感覚でわかるまで時間がかかりそう。分かる時が楽しみだけど。私の宿命星の龍高・玉堂が刺激される。算命学でいう宿命にこの二つの星をもつ上に調舒星を持っている「あけはむ」は、何か常に学んでさらに芸術とか表現的なことをやっていると、宿命が生かされる。まあ、自然とそうなってしまうわけだけど。
終わってから代官山へ3ヶ月前、3時に予約してあった膝下レーザー脱毛。やっぱりパチパチ膝が痛い。かなり歯を食いしばった。あっというまに終わるからいいけど。違う痛みを与えると痛さがなくなると思って、手の合点をしきりに押したけど、今日に限って全然痛くないっていうか、レーザーの痛みの方が強かった(+_+)。次は6回目で最後のレーザー。11月を予約する。これが終わるとニードルで無くなるまで気長に抜いてくのだ~。
さて5時半からABCで料理教室だったので、とりあえず渋谷に移動して、先にロフトに寄って縄跳びとトレーニング用のチューブを購入。主にインナーマッスルを鍛えるため。ABCに行ってから次の教室の予約などを入れつつ、1時間ほど時間があったので近くのルノアールに入り、ケーキセットを注文。先ほど購入したノートに踊りの内容を書きはじめる。絵を入れたりして思い出しながら書いていく。踊りのことだけでなくて、他の色々な細かいアドバイスなども。先生のおよそ70年の歴史を書き始めたって気がした。7P書いた。
05-08-20_18-52
今日のABCはBメニューでイタリアン。5人のテーブルが今日2人キャンセルで3人で作る。「手作りのリコッタチーズとイタリア野菜のトマトパスタ」「ズッキーニのフリッタータ」「じゃが芋の冷静ポタージュ」「ダークチェリーのグラタン」。ジャガイモのポタージュ、つまりビシソワーズは、昔よく作ってた事を思い出した。そういえば家にジャガイモと玉ねぎが余ってる。早速作ろう。牛乳だけだったので、サラサラした感じ。やっぱり生クリームを入れて、トロッとした方がおいしい。結構お腹いっぱいになった。
金曜日くらいに、拳真館のK藤さんから、土曜も自主練しないか?というメールが来ていて、一応8時くらいになるけど、って返事したら館長から許可をとったということだったので高円寺へ。ま、一人でやるのは寂しいんだろうな、と思って、肩も痛いし、適当にできればいいや、って思って行ったら、K藤さんは、3時半から来てて、Tシャツ3枚目・・・。S藤先生も後からランニングから帰ってきた。「あけはむ」はノロノロと着替えをしてから、ストレッチをゆ~っくり始める。K藤さんは、ランニングしてくると言って出て行った。全身黒で「くノ一」のようだった。ストレッチしてたら、S藤さんが今年の夏合宿の写真が貼られた大きな模造紙の写真にコメントを書いたり、タイトルを書いて欲しいということで、作り始めた。今年は行ってないけど去年行ったところと同じところだし、懐かしいなあと思いつつ、適当にコメントを書いた。タイトルを筆ペンで書いて、下書きを消しゴムで消したりして、文化祭ノリ。壁に貼ってできあがり。30分くらいたっていたかな。またストレッチの続きをやり始めたらK藤さん帰還。7キロ走ったらしい。道行く人に「すげーな」とか言われて避けられながらガシガシ走っていたとか。ほんとスゲーナ(笑)。あけはむはまたダリダリとチューブで筋トレしてたら、K藤さんに「せっかく来たんだからサンドバックでもやりなよ~!」と言われ、最初はえ~やだ~とかグチグチいいながらやり始めたら、結構はまった^^; 腹筋を始めたら、今度は「ベンチブレス使ってやりなよ~頭にオモリ持ってさ。」とさすがのやる気なK藤さん。「肩が痛いからあ~」とか「ベンチ動かすのめんどくさい~」とかブウブウ言っていると、さらにさすがな諦めないK藤さん。「じゃあ、スクワットやりなよ。」 お、ジャンピングか?と思いきや「そこのバーベル使って。」 ってどれ?って思ったら、奥から巨大な20キロの棒を運んできてガシャンと有無を言わさず用意した。その時ふと、メールにベンチのやり方とか教えてくださ~いとか社交辞令をしてしまったことを少し後悔した^^; この人本気だ。やり方を丁寧に教えてくれて、肩に担いでもなんとか肩は痛くなかった。「じゃ、もう少し重くしてみようか」って言うんで、後ろのオモリを見て、この小さいのかな?って思ったら、直径30センチくらいあるのを、サクサク付けてるから、「え・・・これっすか?」「あ~こんなの軽い軽い」とおっしゃるではないか。あの~あたしゃK藤さんじゃないし・・・・。って思わず気分はちびまるこ。なんとか持ち上げつつ、上げる時、もっと早く!とかリクエストを受けつつ「こ、これは何キロですか?」と聞くと、「あ~40キロくらい?」と明るく答えてくれた。さらに「自分の体重の2倍くらいのを上げるといいよ」だってさ~。さらに「あと4セットくらいできるでしょ。」断れないし。でも、結構できた。やってみたら、ダイジョウブだったけど、階段下りる時膝が笑ってたので、やりがいを思わず感じてしまって、K藤さんに感謝した。やっとやる気が出てきた(笑)。色々なビデオも見たりした。92年時の昇段試験のビデオがK藤さんのお気に入りで、大爆笑しながら3人で見た。笑っちゃいけないでしょう、と言いつつ、いや~面白いビデオ。ていうか、K藤さんこれしゅっちゅう見すぎ。
「あけはむ」は3時間くらいいたけど、K藤さんは8時間近くいたわけで。すごいっす・・・。

|

« ロシア料理で今後 | トップページ | ダンスパーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/5576764

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン・ラッシュ:

« ロシア料理で今後 | トップページ | ダンスパーティ »