« 驚愕のシックスパック | トップページ | 恒例のいもほり »

2005/07/15

生きること自体がコンテンツ

05-07-15wevent105-07-15wevent205-07-15wevent305-07-15wevent405-07-15wevent505-07-15wevent605-07-15wevent7金曜日。午後、ビックサイトの「ワイヤレス展」へ招待状が送られてきたので見に行った。携帯の進化系が面白かった。ビックサイトはあけはむがイベントのナレコンをやってた時のある意味職場だったので、懐かしさと共にわくわくしたけど、その時のナレコン仲間がビック系メーカーのナレーターをしているのを見て嬉しくなった。がんばってるな~。

夜は、時々集まって飲む仲間と恵比寿SAKURAで。あけはむは10時に到着。ここのお店は恵比寿の中でもお気に入りの一つ。この仲間は、あけはむが六本木ヒルズクラブサイトを構築する際に、間に入っていた某雑誌Vの編集系担当者だったH田さん(女性)やライターT下さん(男性)、ヒルズでの担当だったKさん(女性)、キューバ音楽に携わってるSさん(女性)。時々このメンバーで飲む。H田さんとKさんはすでに別のお仕事をしているけれど、構築の際に苦労を共にし、なんだか気があって今に至る。H田さんはバイリンガルで、去年はスペイン語を勉強するためスペインと南米グワテマラに一人で行き、また一皮ムケテル。
恵比寿はあけはむも前の職場で慣れ親しんでいて、お気に入りの店も多く。2つめの店は、インタフォンを鳴らして、カメラ越しに人数を伝え、女性がいないと入れない、あけはむお気に入りの店へ。でもこの日は、この店の雰囲気を完全無視した5人組が居酒屋ばりに数時間にわたって騒ぎまくってて、若干疲れた。でもH田さんと色々とふか~い深海魚並みの話ができておもしろかった。私たちはコンテンツを考える仕事をしているけれど、つくづく生きること自体がコンテンツなんだと思った。3軒目はH田さんと二人で、彼女の友達が近くで飲んでいるということで合流。そのお友達(男性)は前に彼女がいた会社の人なんだけど、その会社にいた人たちが、カナダ人のSも含め、3人もがあけはむが今いる会社にいるというつながり。しかも、お連れの男性がコンテンポラリーダンスが好きということで、あけはむの友人で昔一緒に芝居で共演をしたダンサー佐成哲夫くんのダンスが好きなんだ、と話すと、よく知っているとのこと。ここもつながった。朝5時に恵比寿を出た。

|

« 驚愕のシックスパック | トップページ | 恒例のいもほり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70037/5000553

この記事へのトラックバック一覧です: 生きること自体がコンテンツ:

« 驚愕のシックスパック | トップページ | 恒例のいもほり »